美容・健康 医療・医薬・福祉

【掛かる費用や期間はどれくらい?】歯列矯正経験者1,057名に調査!8割以上が満足している歯列矯正!アナタはどう選ぶ?

アトラスタワーデンタルクリニック
ワイヤー矯正とマウスピース矯正を選択した4割以上は“抜歯なし”で歯列矯正を行ったと回答

医療法人社団山手会 アトラスタワーデンタルクリニック (本社所在地:東京都目黒区、理事長:藤田 博紀)は、20代~30代の歯列矯正経験者を対象に、「歯列矯正の選び方と満足度」に関する調査を実施しました。


コロナ禍において始める方も増えたといわれている歯列矯正。
歯は一生ものであることを考えると、確かに現在のマスク生活は治療を受けるのに絶好のタイミングです。

しかしやはり、
「矯正ってものすごく時間がかかるんでしょ?」
「とにかく高そうなイメージ…」
という根本的な不安も多く、なかなか踏み出せない方も多いですよね。

また、せっかく始めることを決意できたとしても、矯正方法を選択したり通いやすい矯正歯科医院を探したりなど、開始前の悩みは尽きないことでしょう。

歯列矯正経験者の方々は、一体どうされていたのでしょうか。施術後の満足度についても気になるところです。

そこで今回、医療法人社団山手会 アトラスタワーデンタルクリニックhttps://8wa.jp)は、20代~30代の歯列矯正経験者を対象に、「歯列矯正の選び方と満足度」に関する調査を実施しました。


歯列矯正を始めようと思ったきっかけ…不安はなかった?

はじめに、歯列矯正を始めようと思ったきっかけに関して伺っていきたいと思います。

歯列矯正しようと思ったきっかけとは?
・小学生の頃に、両親が決めてしてくれました。きっかけは歯並びが悪かったからだと思います(20代/女性/会社員)
・噛み合わせが悪く磨き残しも多く虫歯になりやすかったため(30代/女性/会社員)
・噛み合わせが悪いと、身体にも影響すると医者に言われたから(30代/男性/会社員)
・友達に歯の並びがおかしいと言われた(30代/男性/公務員)

などの回答が寄せられました。

生まれつき歯並びに問題があったり、医師にすすめられたりと、歯列矯正を始めたきっかけは人それぞれのようです。

では、歯列矯正を始めるにあたって、どのような不安があったのでしょうか。


「歯列矯正を始めるにあたって、特に不安だったことを教えてください(上位3つまで)」と質問したところ、金銭的なこと(62.2%)と回答した方が最も多く、次いで長期的に継続しなくてはならないこと(43.7%)』『施術による痛み(43.2%)』『矯正中の見た目への影響(32.7%)』『矯正歯科医院探し(21.7%)と続きました。

歯列矯正は病的な判断がない限り保険適用外となり治療費は全額負担になってしまうことから、金銭的な不安や、矯正が完了するまで長期間かかること、また、歯に圧力をかけて位置を動かすので、痛みに対しての不安を持っていた方が多くいらっしゃるようです。


1割の人は認定医で決めた!歯科医院選びで重視したこと

ここまでの調査で、歯列矯正を始めたきっかけは様々な理由があり、始めるにあたっては金銭的なものから、治療そのものに対してまで不安なことがあるということが分かりました。

では、歯列矯正を行う矯正歯科医院はどのように決めているのでしょうか。


「矯正歯科医院を探す際、どのようなことを重視しましたか?(上位3つまで)」と質問したところ、治療費(49.7%)と回答した方が最も多く、次いで技術(41.6%)』『立地(36.1%)』『医師の人柄(20.9%)』『口コミなどの評判(19.6%)と続きました。

歯列矯正は歯の状態や治療方法などによってその人に合った方法というのがあるため、治療費や治療期間が違ってきます。そのため、矯正にかかる費用や、治療のために通いやすい立地なのか、また、治療に対する技術も重要視されている方が多いようです。


実はいろいろあります!歯列矯正治療の種類

先程の調査で、矯正歯科医院を選ぶ時に重要視することは、治療費、歯科医の技術、立地条件という方が多いことが分かりました。

歯列矯正には色々な方法がありますが、どの方法で治療したのでしょうか。


そこで、「どの方法で治療を行いましたか?」と質問したところ、『ワイヤー矯正(抜歯あり)(36.2%)』と回答した方が最も多く、次いでワイヤー矯正(抜歯なし)(30.9%)』『マウスピース矯正(抜歯なし)(16.8%)』『マウスピース矯正(抜歯あり)(6.5%)』『舌側(裏側)矯正(4.3%)』『部分矯正(2.8%)』『スピード矯正(コルチコトミー、コルチシジョン、オーソパルスなど)(0.8%)と続きました。

ワイヤー矯正は様々な歯並びに対応でき、矯正できる範囲も広いことや、マウスピース矯正は目立たず取り外しができ、金具で怪我をする心配もないことから多くの方が選ばれているように思います。

では、上記の治療法を選ばれたのは、どのような理由があるのでしょうか。
上記の質問で回答数の多かったワイヤー矯正、マウスピース矯正について伺ってみたいと思います。

■ワイヤー矯正、マウスピース矯正を選んだ理由とは
【ワイヤー矯正】
・ワイヤーが比較的金銭面でも治療機関においても良心的だと思ったから(20代/女性/会社員)
・歯並びが悪すぎて口腔外科にも通っていたため(20代/女性/パート・アルバイト)
・子どもの頃だったので、ワイヤー矯正以外の方法がメジャーじゃなかった(30代/女性/専業主婦)
・矯正歯科の勧め。しっかり検査した後に進めていただいたので納得して選択(30代/女性/会社員)

【マウスピース矯正】
・抜歯やワイヤーまではしなくていいと言われた(20代/女性/会社員)
・ワイヤーだと食べ物が挟まるがマウスピースは影響がないから(20代/女性/会社員)
・普通の歯列矯正よりも安価だったため(20代/男性/会社員)
・取り外しができるし、透明なので着けていても目立たないから(20代/女性/会社員)

などの回答が寄せられました。

歯の状態を一番理解している医師に意見を聞いて決めたり、その方法しか選択肢がなかったりする中、歯並びの状態によってはワイヤー矯正しかできなかった、という回答もあり、希望の矯正方法が行えない場合もあるようです。


矯正って高そう…実際いくらかかる?

先程の調査で、歯列矯正の種類と選択した理由について分かりました。

それでは、歯列矯正の治療費はどれくらいかかったのでしょうか。


「歯列矯正にかかった金額を教えてください」と質問したところ、70万円以上(38.0%)と回答した方が最も多く、次いで20万円以上30万円未満(12.6%)』『10万円以上20万円未満(12.2%)と続きました。

歯の状態によって治療が違ってくることや、実費負担での治療になるので70万円以上という高額な治療費になっている方が4割ほどいらっしゃる一方で、10万円~30万円で済んだという方も少なくないようです。

先程の調査で、歯列矯正にかかった金額について分かりました。

では、歯列矯正が完了するまでにかかった期間はどれくらいなのでしょうか。

そこで、「歯列矯正にかかった期間を教えてください」と質問したところ、3年以上(29.8%)と回答した方が最も多く、次いで1年以上2年未満(25.2%)』『2年以上3年未満(20.5%)と続きました。

治療費と同じように、治療期間も歯の状態と治療方法によってかかる期間は異なるため、一概にどれくらいとは言えないようですが、短くても1年以上、長い方は3年以上の方が多いようです。


やって良かった?〇割の人が歯列矯正に満足したと回答!

ここまでの調査で、歯列矯正にかかった期間について分かりました。

それでは、歯列矯正を終えて、満足度はどれくらいなのでしょうか。


「歯列矯正を終えてみて、満足度はどのくらいでしたか?」と質問したところ、8割以上の方が『とても満足している(34.5%)』『ある程度満足している(51.5%)』と回答しました。

歯列矯正によって見た目のコンプレックスが解消したり、噛み合わせが良くなったりすることが満足度の高さに繋がっているのかもしれません。

具体的に、どのようなところを満足されているのでしょうか。

■歯列矯正をして満足していること
・歯並びが劇的に良くなり、大きな口を開けて笑えるようになったから(20代/女性/会社員)
・口内炎が出来る頻度が圧倒的に減った。見た目の印象が段違いになった(20代/男性/学生)
・鼻炎がおおむね治った、見た目も良くなったので笑顔を手で隠さなくて良くなった(30代/女性/会社員)
・以前は噛み合わせの悪さから歯の間に食べ物が詰まりやすかったが、劇的に改善された(30代/男性/会社員)

などの回答が寄せられました。

歯並びが良くなったことにより、笑えるようになったという外見的なことや、口内炎や鼻炎が改善されたといった内面的なメリットがあり、満足されているようです。

さらに、歯列矯正をして良かった点を伺いました。

「歯列矯正をして、特に良かったと思うのはどういう点ですか?(上位3つまで)」と質問したところ、歯並びがきれいになった(84.6%)と回答した方が最も多く、次いで噛み合わせが良くなった(53.4%)』『日常的な口内ケアが楽になった(15.6%)』『口内環境が改善された(12.5%)と続きました。

歯列矯正の一番の目的は、歯並びを良くすることなので、8割以上と非常に多くの方が『歯並びがきれいになった』と回答されており、歯並びが良くなることによって噛み合わせも良くなることから、歯列矯正をして良かったと思われているようです。


【まとめ】治療を乗り越えれば快適な生活が待っている!?自分に合った歯科医院選びを!

今回の調査で、歯列矯正は幼少期に保護者の方の判断で始めた方や、医師に勧められたり、他者からの意見で始めたりと、きっかけは人それぞれだということが分かりました。

歯列矯正は保険適用外のことが多いため、治療費がいくらかかるのか、また、矯正による痛み、治療期間はどのくらいかといったことを不安に感じている方が多く、歯科医選びも治療費や歯科医の技術、立地条件などを重視して選んでいる方が多いようです。

治療方法としては、ワイヤー矯正、マウスピース矯正を選択している方が多く、歯並びが綺麗になったことで笑顔が恥ずかしくなくなったといった見た目の改善以外に、口内炎や鼻炎といった不調を改善することができたというメリットもあるようです。

歯列矯正にかかる治療費や治療期間は歯の状態によって違ってくるので、一概に金額や期間は言えませんが、治療後のメリットを考えると、歯列矯正はできるときにしておいた方が良さそうですね。


信頼できる医院選びなら、医療法人社団山手会 アトラスタワーデンタルクリニック!



今回「歯列矯正の選び方と満足度」に関する調査を実施したのは、それぞれの分野のスペシャリストが在籍している『医療法人社団山手会 アトラスタワーデンタルクリニック』https://8wa.jp/)です!

当院では、
矯正治療/マウスピース矯正/ホワイトニング/一般的な虫歯治療/セラミック治療/インプラント/入れ歯
自由診療はもちろん保険診療での治療が可能です。

■当院のコンセプト
現在、日本の歯科治療では、それぞれの医院が得意分野の所だけ引き受け、苦手な分野は紹介状を書いて、他の医院で治療をして頂くというのが一般的です。
当院ではそれぞれの分野の専門医が勤務することで、患者さんの御希望をできるだけ聞き入れ、最も適している治療法を御提案させて頂くことで、ほとんど全ての治療を当院で完了できる体制を確保しております。

アトラスタワー歯科院長 藤田博紀は、日本で数少ない世界舌側矯正学会(WSLO)の認定医を取得しており、“人に気づかれないよう装置が目立たない矯正をしたい”といった成人患者の方々のご要望に応えるべく、舌側矯正に日夜取り組んでおります。

■部分矯正・前歯矯正の特徴
「前歯のちょっとした凹凸をキレイにしたい」
「ちょっとしたすきっ歯を治したい」
といったご要望に
・短期間
・数本のみに装置をつける
・気になる部分のみの治療
によって整えることができるお手軽な矯正法です。

また、「結果に満足できない」「もっと全体的にキレイな歯並びにしたくなった」といった場合に関しても お口の中を拝見させて頂いた上、診断させていただきます。

美しい歯並びはあなたの自信に繋がります。
歯列矯正に年齢は関係ありません、気になった時に始めましょう!
まずは、無料相談お待ちしております。


【医療法人社団山手会 アトラスタワーデンタルクリニック】

・アトラスタワーデンタルクリニック:https://8wa.jp/
・電話:03-5721-4188(診療時間:10:30~13:00 / 15:00~19:30、休診日:月曜・日曜・祝祭日)
・お問い合わせ:https://8wa.jp/contact/
・Web予約:https://www.itsuaki.com/yoyaku/webreserve/menusel?str_id=48&stf_id=0

調査概要:「歯列矯正の選び方と満足度」に関する調査
【調査期間】2021年9月29日(水)~2021年9月30日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,057人
【調査対象】20代~30代の歯列矯正経験者
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)