医療・医薬・福祉 美容・健康

『オンラインサロン・ここちめいど、東京有明医療大学、理化学研究所、株式会社ケアクルが「開業鍼灸院でのメンタルヘルスの可能性を検証する共同研究」を開始しました』

ケアクル
鍼灸院をより身近に、データ集積と利活用の実現に向けて。

メンタル×鍼灸オンラインサロン「ここちめいど」、東京有明医療大学、理化学研究所、株式会社ケアクルは以下の目的をもって共同研究を開始したことをお知らせいたします。


【目的】
電子カルテシステムを活用し、開業鍼灸院に来所するうつや不安を有する患者の実態を明らかにするとともに、こうした患者への鍼灸治療の施術効果を検証する。




従来、鍼灸院では紙カルテの使用が多く、データを効率的に収集する仕組みが不十分でした。しかし、近年では鍼灸院でも電子カルテをはじめとするITの導入が活発となり、データの収集システムを整えることによって鍼灸院でのデータを効率的に収集可能となった為、今回の研究が実施可能となりました。

データ収集には電子カルテサービス「リピクル」(ケアクル社)を用います。リピクルは、集客/WEB予約から電子カルテ・電子問診表機能、決済システム、顧客分析や口コミ管理までを、一気通貫で管理できる、店舗・治療院向けAll in ONEクラウドサービスです。治療院内の、業務自動化とカルテ分析、店舗経営支援ツールを通じて施術者側と患者側の利便性を高めます。

患者さんの心と体の症状の評価には「アン-サポ」(日本ブレーン社)を用います。アン-サポは、タブレットを用いて患者さんの自己問診を行うことができるクラウドサービスです。自己問診の結果は自動的に施術者の電子カルテに表示される仕組みを構築しており、簡便かつ効率的な患者評価が可能となります。

この研究により、 鍼灸院に来院されている患者像をより明らかにすることで、 どのような症状の際に鍼灸院を利用すれば良いか?またそれによりどんなメリットがあるのか?等を改めて明示出来る可能性があります。
施術者はより効率的に、 そしてより効果的な施術の実現を目指すことが可能になります。 一方、 患者側はデジタル問診票によって伝えたい内容を細かく事前に記入できるメリットとともに、 それによる症状にフィットした的確な治療を受けられる可能性が高まります。 こうした取り組みの中で、 施術者側と患者側がより高い信頼関係を持てる環境を創造することに繋がると考えています。

※当研究は、 東京有明医療大学倫理審査委員会の許可を得て実施します。

注)情報共有は患者側からの同意を得て実施されます。 また、個人を特定できる情報は切り離した状態で研究が行われます。


【共同研究タイトル】
「電子システムを用いた開業鍼灸院における患者実態調査および効果測定~うつ症状と不安症状を対象として~」



【研究報告】
2022年6月3~5日東京医療有明大学で行われる、全日本鍼灸学会学術大会にて発表を予定しています。

【参加者】
東京有明医療大学 坂井友実、木村友昭、松浦悠人
理化学研究所 柴田健一
株式会社ケアクル 岩井隆浩

ここちめいどメンバー(1~13データ集積、14~21サポートメンバー)

1、米倉まな:はりきゅう処ここちめいど
2、小泉直照:はり処 愈鍼(ゆしん)
3、加藤久仁明:鍼灸マッサージきらら
4、小坂知世:田中はり灸療院
5、岩澤拓也:らしんどう
6、杉山英照:フルミチ鍼灸院
7、大杉美奈:みんなのはりきゅう
8、近藤美貴:Harriet
9、赤石領伍:あかいし鍼灸堂
10、内田ちひろ:はり炎マッサージひだまり
11、外松恵三子:女性専門治療院 はり灸さくら堂
12、石川勝章:けいあい鍼灸治療院
13、井上悦子:いずみ鍼灸院
14、飯田あずさ:東京医療福祉専門学校鍼灸マッサージ教員養成科
15、横山大輔:アスター治療院
16、高橋正則:おきの鍼灸整骨院
17、須田麻友美:出張鍼灸マッサージ 檀治療院
18、鈴木栞菜:鍼灸Yosga
19、兼松明日佳:はり灸とマッサージMOEGI
20、金子聡一郎:東北大学大学院医学系研究科 地域総合診療医育成寄附講座
21、遠藤彰宏:田中はり灸療院


【ここちめいど】
2020年4月創立。元うつ病経験者の米倉まながサロンオーナーとして”鍼灸×️傾聴”を軸に患者に寄り添う鍼灸師を増やしたい、とコロナ禍に誕生したオンラインサロン。
現在40名ほどのメンバーが在籍している。
https://femaleacupuncturist.jimdofree.com/

【東京有明医療大学】
西洋医学と東洋医学の融合を図り、高度な専門知識を備えた鍼灸師を要請する鍼灸学系大学。精神科領域での鍼灸治療に関する臨床研究を行っている。
https://www.tau.ac.jp/

【理化学研究所 革新知能統合研究センター 分散型ビッグデータチーム】
パーソナルデータを個人管理可能なプラットフォームを構築・利活用し、人とAIと社会をつなぐ研究開発を行う。
(研究チーム)https://aip.riken.jp/labs/ai_soc/decentralize_bigdata/?lang=ja
(個人)http://brightwaltz.com

【株式会社ケアクル】
2016年設立。“生きるを豊かに”を理念に、カラダやココロの健康をより身近にするサービスを提供。ヘルスケア領域でテクノロジーを駆使し、今回の電子カルテ「リピクル」をはじめ、レセコン事業やメディア事業、コンサルティングシステム開発、また治療院経営などを行い、まだこの世にない新たな常識・価値を創造します。
所在地  : 港区芝公園1-2-9 HANAIビル6階
代表取締役: 橋本 将崇
設立年月日: 2016年6月1日
URL   : https://ripicle.carecle.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)