ネットサービス・アプリ 美容・健康

メンタルウェルネス・アプリ「Awarefy」は、新たに「人生で大切にしたいこと」にフォーカスできる機能をリリース

株式会社Hakali
毎日のふり返りで、Doing から Being へ ~ あるべき自分からありたい自分への変化をサポート

株式会社Hakali(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長 小川 晋一郎、以下 Hakali)の提供するメンタルウェルネス・アプリ「Awarefy」は新たに、「自分の人生で大切にしたいこと」の発見と実践をサポートする機能、「ToBe(トゥービー)リスト」と「マイクレド」を搭載しました。





■「今日一日どうありたいか」のふり返りから人生で大切にしたいことが見つかる

「ToBeリスト」と「マイクレド」の関係図。日々、「ToBe」を設定しふり返ることで、「マイクレド」が見つかる。


<ToBeリスト>

「ToBeリスト」は、日々の「ありたい姿」を設定できる機能です。

ToBeリストには、その日意識することを具体的に設定しますが、「やるべきこと」ではなく、あくまで自分が「ありたいこと」を設定します。
日々、設定とふり返りを行うことで、「自分にとって好ましいToBeは何か」や「ToBeに向かうことを妨げているものは何か」などを考えることができます。

ToBeリストの具体例

物事の良い面を見つける
意見を伝えるスタンスを大事にする
マインドフルであることを大切にする



<マイクレド>
*近日搭載予定

「マイクレド(※1)」は、「自分の人生で大切にしたいこと」を設定できる機能です。

マイクレドは、達成したら無くなってしまうゴールや目標とは異なり、いつまでも掲げることができる行動指針のようなものです。
マイクレド機能は、これを見つけていくことをサポートします。
マイクレドはいつでも更新できるので、ToBeリストでのふり返りをもとに、日々磨いていくことができます。

マイクレドの具体例

チャレンジャーであること
ユーモアを大切にする
恩をつなぐ


※1:「クレド」はラテン語で「信条」を表す言葉。企業においては、その企業が大切にする価値観を実現するための、「社員の行動規範」の意味合いで使われることが多い。


■ アンケート調査結果:「人生で大切にしたいこと」が明確な人ほど幸福度が高い

図:人生で大切にしたいことの明確度と、主観的幸福度の関係


Hakaliが9月に行ったアンケート調査(※2)によれば、「人生で大切にしたいこと」の明確度ごとでの、「主観的幸福度」の平均は上図のようになり、「人生で大切にしたいことが明確な人ほど、幸福度が高い」傾向となりました。

この調査結果は、「人生で大切にしたいこと」を明確にすることが、その人の幸福度に寄与する可能性を示しており、Awarefyはその助けになると考えています。

※2:ライフスタイル・価値観に関するアンケート
調査対象者:クラウドワークス会員200名
性別:男性40.0%、女性60.0%
年代:20代17.5%、30代37.5%、40代31.0%、50代11.0%、60代2.5%、70代以上0.5%


■ 開発の背景

Awarefyは、第三世代の認知行動療法と呼ばれるACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)をベースに機能開発を行っています。

ACTの重要な要素に「価値の明確化」および「コミットメント」があります。「価値の明確化」は、自分の人生の進みたい方向や人生の軸のようなものを明確にすること、「コミットメント」は、明確化した価値にそって行動することを指します。ACTでは、こうした要素を通じて「心理的柔軟性」の獲得を目指します。

今回 Awarefy が搭載する新機能「ToBeリスト」と「マイクレド」は、ACTのこれらの要素を参考にしながら、Awarefy を通じて日常生活の中で活用いただけるよう、独自に開発をしたものです。


■ Awarefy とは

Awarefy は、「感情と行動の記録で、マインドフルな日々を増やす」をコンセプトにした、スマートフォンアプリです。App Store および Google Play ストア で公開中です。

<Awarefyの具体的な機能の例>
・日々の感情やコンディションを記録し、自分の感情や状態を見える化
・自分にあったストレス対処法やセルフケアを見つけられる
・毎週届く週間レポートを元に、自分でも知らなかった思考や感情の傾向に気づく
・マインドフルネスインストラクターや公認心理師が執筆・監修したオーディオガイド
・「人生で大切にしたいこと」の発見と、それに沿った日々の行動をサポート
・「自分自身と良好な関係を築けているか」を測る、セルフ・リレーションシップ測定機能


AppStore:https://apps.apple.com/jp/app/apple-store/id1513802951
GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=app.awarefy.awarefyapp



■新機能搭載に合わせ公式ウェブサイトとメインビジュアルをリニューアル


Awarefyは2020年5月のリリース以来、感情やコンディションの記録など、自分自身への「気づき」を増やすための機能を拡充して参りました。

今後はさらに、ありたい自分に向かう「行動」を増やすためのアップデートを進めて参ります。

今後、よりAwarefyが、ユーザー様の生活全体におけるサポーターとなる意志を込めて、今回公式ウェブサイトとメインビジュアルをリニューアル致しました。


公式ウェブサイト:https://www.awarefy.app/


「感情と行動の記録で、マインドフルな日々を増やすメンタルウェルネス・アプリ」として、今後もアップデートを行って参ります。


■株式会社Hakaliについて

Hakali は、「心の健康を支えるデジタル・メンタル・プラットフォームを実現する」をミッションに、Awarefyの企画・開発・運営を行っています。今後、Awarefy を通じてユーザーに価値を提供するべく、アプリの機能拡充にとどまらず、さまざまな事業展開を行ってまいります。





■本件に対するお問い合わせ先
株式会社Hakali 田中
Email:support@awarefy.app
URL:https://www.awarefy.app
企業URL :https://hakali.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)