医療・医薬・福祉

「コロナ禍における人事・賃金戦略」と題して、株式会社To Doビズ 代表取締役 篠塚 功氏のセミナーを2021年11月24日(水)SSKセミナールームにて開催!!

株式会社 新社会システム総合研究所
新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2021年11月24日(水)にSSKセミナールーム(港区)にて下記セミナーを開催します。

─────────────────────────────── ■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴可) ─────────────────────────────── コロナ禍における人事・賃金戦略 ~病院・介護施設の経営に貢献する人事・賃金制度の構築と運用~


【セミナー詳細】
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21486

【開催日時】
2021年11月24日(水) 午後1時~午後5時

【会場】
SSKセミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

【講師】
株式会社To Doビズ 代表取締役 篠塚 功 氏

【重点講義内容】
コロナ禍で、経営が悪化している病院・介護施設において、収入の50%以上を占める人件費の問題と労働生産性の向上は、経営を左右する最重要課題と言えます。これらへの対応として、年功的な賃金制度の見直し、人材マネジメントのツールである人事評価制度の見直しが考えられます。
本セミナーでは、今後の病院や介護施設の人件費のあり方を考えるとともに、職員の意欲の向上と定着、生産性向上等を目指した人事・賃金制度の構築と運用について説明します。なお、具体的なイメージができるように、実際の事例に基づく解説に努めます。さらに、それらの事例は、病院や介護施設で、自ら制度構築が進められるよう、できるだけデータで差し上げます。病院・介護施設等の幹部および人事ご担当者様の参加を心よりお待ちしております。

1.病院等の経営と人事・賃金制度
 (1)コロナ禍における病院経営の実態とその対応(昇給・賞与)
  ※2021年8月産労総研調査結果(コロナ禍における経営対応に関する調査)より考える。

2.等級制度と賃金制度
 (1)人事理念と人材ビジョン
 (2)病院・介護施設に適した等級制度
 (3)降格・降職制度の導入と賃金への反映
 (4)年功賃金の見直しと不利益変更に配慮した賃金移行の方法
 (5)ポイント制退職金制度の設計

3.コロナ禍における新たな賃金制度
 (1)定期昇給額を経営状況に応じて変動させる「ポイント制範囲給表」の導入
 (2)マイナス昇給(減給)を取り入れた、これからの賃金表のあり方
 (3)部門業績を反映させる、これからの賞与(報酬=組織貢献)のあり方
  ※新型コロナウイルス感染症に対応する部門に報いる賞与

4.人事評価制度の概要
  ~課題解決に向けた目標管理と行動評価のあり方~
 (1)課題解決、組織貢献に向けた目標管理と行動評価のあり方
 (2)育成面をサポートするキャリア開発ラダーの必要性

5.人事評価制度の運用
  ~目標設定一評価一原因分析のポイント~
 (1)部署の目標設定の方法
 (2)個人の目標設定のポイントと設定事例
 (3)目標達成結果から原因分析を行い育成につなげる方法
 (4)人事評価制度の運用状況の確認の必要性
 (5)評価者の意識を変える評価力調整訓練

6.医師の人事制度の構築
 (1)医師の等級制度と賃金制度
 (2)医師の人事評価制度

7.質疑応答




【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@SSK21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)