医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

新規開業「イオンモールNagoya Noritake Garden」の「ナゴヤガーデンクリニック」で<リモート医事サービス>を提供!

(株)ソラスト
~合計20診療科の医事業務をリモートで行います~

 医療事務や介護、保育サービスを提供する株式会社ソラスト(本社:東京都港区/代表取締役社長 CEO:藤河 芳一)は、10月27日に名古屋市に開業する「イオンモールNagoya Noritake Garden」内の大型クリニック「ナゴヤガーデンクリニック」において、医事業務をオンラインで代行する<リモート医事サービス>(https://iisy.co.jp)を提供します。  合計20診療科を備える大型クリニックでのリモート医事は、医療事務のパイオニアとして長年培った豊富な経験と高い専門性を持ち合わせた当社だからこそできる業務で、医療従事者、そして患者様すべての方に高品質なサービスをお届けいたします。


 「ナゴヤガーデンクリニック」で提供する<リモート医事サービス>は、医療事務の専門スキルをもった当社のスタッフが、受付や会計、診療報酬請求などクリニックにおいての医療事務を、“リモート医事センター”でリアルタイムに対応するサービスです。医事従事者の方にとっては、「医業への集中」や「労務管理の軽減」などのメリットがあり、患者様にとっては「待ち時間の短縮」や「3密回避」が期待できます。また、クリニックの設計当初からリモート医事を想定していたため、コンパクトな受付スペースや必要最小限のバックオフィスが実現していることも特長のひとつです。

 なお、当クリニックには、当社の医療事務スタッフも常勤しております。患者様との<ダイレクトコミュニケーション>と、<リモート医事サービスによる業務サポート>の両輪で、高い接遇品質を実現し、顧客体験の向上に貢献します。


 少子高齢化の進展に伴い医療や介護のニーズが大幅に高まる一方、医療を支える若年層人口の減少によって、人材の確保は今後ますます困難になると予想されています。その解決の切り札として期待されるのが、医療情報のデジタル化やクラウド化による医療DXです。

 当社では、医療事務の視点から医療機関のDX推進を目指すスマートホスピタル事業を立ち上げ、2021年5月に、ひととICTによる医療DXパッケージ「iisy」を発表しました。医療事務業務の世界を根本から見直し、経営者・医療スタッフ・患者様のために、すべてにプラスを生み出す新しい医療のカタチを目指しています。

 このたび「ナゴヤガーデンクリニック」で提供する<リモート医事サービス>は、「iisy」の第1弾です。今後も「iisy」の開発を、スピード感をもって進め、当社が55年間培ってきた医療事務の豊富な経験と高い専門性を通して、高品質なサービスを提供してまいります。どうぞご期待ください。

※本事業は、ソフトバンク株式会社と業務提携してインフラ構築などの開発を進めております。また、名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンターとも協働して取り組んでおります。

「ナゴヤガーデンクリニック」概要
名称:
医療法人 五一六五「ナゴヤガーデンクリニック」(https://garden-cl.jp
所在地:イオンモール Nagoya Noritake Garden 3階<ヘルス&ウエルネスゾーン>
    愛知県名古屋市西区則武新町三丁目1番17号
開業日:2021年10月27日(水)
診療科目:一般内科、循環器内科、腎臓内科、消化器内科、脳神経内科、呼吸器内科、老年内科、心療内科、脳神経外科、整形外科、消化器外科、乳腺・内分泌外科、形成外科、眼科、小児科、耳鼻咽喉科、婦人科、糖尿病・内分泌科、皮膚科、泌尿器科  合計20科目
診療時間:
平日   10:00-13:00、16:00-19:00
     土日祝日 10:00-13:00、14:00-17:00
     ※診療時間は科目により異なります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)