美容・健康

私たちの健康と、地球の環境を守るアルシア シナル アバディ・薬剤師ドットコム

PT. Arsia Sinar Abadi
環境にやさしい使い捨てマスク「JITO」の販売開始のお知らせと、取扱い商品およびサービスをご紹介


・背景



近年は新型コロナウイルスが流行したことにより、マスクの廃棄量が大きく増加しています。それに伴い、海に流れ出る使い捨てマスクの割合もコロナウイルス流行前に比べ大きく上昇しました。

コロナの流行が始まった2020年には、世界中で合計520億枚のマスクが生産されたと言われています。そしてそのうちの3%、およそ15億6千万枚のマスクが海洋に流出しました。

使い捨てマスクには、マイクロファイバー製のプラスチックが使われています。
こちらは自然界で分解されにくい素材となっているため、海に蓄積していくことで深刻な環境破壊に繋がってしまうのです。


海洋に蓄積したプラスチックは、海に住む生物たちに重大な健康被害をもたらします。
プラスチックを食べて消化器を圧迫したり、プラスチックが体に引っかかって動けなくなったりすることで、多くの海洋生物が命を落としてきました。

海洋汚染によって困るのは、海の生き物だけではありません。
海に住む魚たちは、私たちの食卓にやってきます。
プラスチックなどの有害物質を摂取した魚。それを食べることで、人間の健康被害にも繋がるのです。

人間が起こした海洋汚染は、回り回って人間の命にも関わります。
ここからも、海洋汚染の恐ろしさがお分かりいただけるはずです。
綺麗な海を保ち、海洋生物と人間の身を守るためには、「環境に優しいマスク」の普及が望まれます。


・環境に良いマスクについて




環境に良いマスクは、今までにもいくつか開発されてきました。
しかし、現状は布製のものがそのほとんどを占めています。
何度も繰り返し洗える布製マスクは、非常に便利な製品。
しかし、医療現場ではほとんど使われていないというのが実情です。

その理由として、布製マスクは比較的飛沫防止効果が低いとされていることが挙げられます。
加えて「使い捨てできる不織布マスクに比べると、衛生上清潔感を保ちにくい」といった弱点も考えられます。
そのためどんなに環境に良くても、常に感染のリスクがある医療現場では導入が難しいのです。
しかし、医療現場においてマスクは必需品です。

今日も、全世界の医療現場ではマスクのゴミが大量発生しています。
医療現場でも用いることができるような、環境に良い使い捨てマスクはないのでしょうか?

・アルシア シナル アバディは環境に優しいJITOのマスクを販売開始しました。




アルシア シナル アバディはこの度、環境に良い「JITO」使い捨てマスク
(https://arsia.base.shop/items/50072340) を販売開始いたしました。

JITOブランドを生産するインドネシアは、周りを海に囲まれた島国。
それゆえに、海洋汚染が深刻な課題となっています。

この問題を解決するため、JITOは新たな試みとして環境に優しい使い捨てマスクの開発に踏み切りました。
分解しやすい不織布を素材とすることにより、使用済みのマスクが海に流れ出てしまったも、海洋汚染のリスクを大きく下げることができるのです。


SDGsへの取り組みにも


画像:外務省基礎資料 「持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて日本が果たす役割」より抜粋

近年では、企業のSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みが必要不可欠とされています。
持続可能性の高い経営を行っていくためには、目先の利益に囚われないSDGsを意識した取り組みが重要です。

現在世界が抱えている社会課題を理解し、SDGsの達成を目指す。
これによって従業員や消費者からの強い信頼が得られ、企業そのものの価値を向上させることができます。

では、医療の現場で達成することのできるSDGsにはどんなものがあるでしょうか。
その一つがまさに、「使い捨てマスクの大量廃棄による海洋汚染を削減すること」です。

SDGsを構成する17の目標の中の第14番目「海の豊かさを守ろう」でも海洋の保全が掲げられている通り、海洋汚染の改善は世界で最も注目が高まっている課題のひとつです。


自然に還りやすい素材を使用したJITOマスクは、SDGsのひとつである環境保全に大きく貢献します。
医療現場で環境にやさしい不織布マスクを使用することは、SDGs達成への大きな一歩になるのではないでしょうか。
環境面でも安全面でも、安心してマスクが着用できるように。
地球に優しいマスクを、ぜひご利用ください。


「環境にやさしいマスク」プレゼントキャンペーン

JITOマスクの販売を記念しより多くの方にお試しいただけるよう、プレゼント企画をご紹介いたします!




《プレゼント内容》
・JITOマスク(白)10名
・JITOマスク(黒)10名

《応募方法》
1. インスタグラムで、アルシアシナルアバディ(薬剤師ドットコム)@arsia_sinar_abadi
をフォロー
2. プレゼント企画の投稿にいいね!
3. 白か黒欲しい色をコメント
《応募期間》
2021年10月4日(月)~10月29日(金)

《当選発表》
当選者の方には11月中旬までにDMをお送りさせていただきます。

《注意事項》
※フォローが外れている方は対象外となります。
※当選者以外の方への通知は行っておりません。

環境に優しいJITOマスク
たくさんのご応募お待ちしております!


・アルシア シナル アバディについて
JITOマスクを販売するアルシア シナル アバディは、医療従事者の目線でみなさんの健康のサポートを行っています。
また、医療現場で利用可能な医療材料・衛生材料も販売中です。

3M社製医療用N95マスクもぜひご覧ください
アルシア シナル アバディではJITOマスクのほか、医療従事用マスク「3M社製医療用N95マスクも販売中です。



ノーズフォームは自由に調整ができ、あなたの顔に合わせてしっかりとフィット。
独自のフォルムによって呼吸がしやすい設計となっているため、着用時の負担も軽減されています。

球体を半分に分けたカップ型の形状により、顔への密着性と高い気密性を確保。
使い捨てのため、清潔感を保ちやすいのも特徴です。

さまざまな感染医療の現場・災害救助の場で使用可能な本商品は、医療現場でも大いに活躍します。
1箱20枚入りの当マスクは、12,650円で販売中です。
また、10,000箱を超える大量発注も受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。


・薬に関するお悩みを解決する「薬剤師ドットコム」

アルシアシナルアバディは、オンライン相談サービス「薬剤師ドットコム
(https://www.ptarsia.com/beginners-guide)も運営中です。



お薬を服用する際、不安や疑問を持ったことはありませんか。
「どんな副作用があるのか?」「正しい飲み合わせの仕方は?」など、心配事を感じてしまうこともあるでしょう。
しかし薬剤師やお医者さんに相談しに行こうとすると、なんとなくハードルの高さを感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

近年では外出も難しくなり、今まで以上に医療機関や薬局へ行ける機会が少なくなったかもしれません。
そのため、ネットで検索することで薬に関する知識を得ることも少なくないでしょう。
しかし、体の健康に関わるお薬の情報をインターネットの不確実な内容に頼るのは危険です。

薬の悩みや疑問は、ぜひ薬剤師ドットコムでご相談ください。
薬剤師ドットコムでは、プロの薬剤師の視点からお薬に対する不安をネット上で徹底的に解消します。


新型コロナウイルスの予防法、検査方法、ワクチンについてなど、コロナ関連のお悩みにも対応。
そのほか薬のアレルギー反応や副作用についてなど、幅広くサポートを行っています。
ユーザーからの相談受け付け以外にも、健康維持に役立つコラムや最新情報を不定期で更新しています。
短い時間で読めるため、ぜひスキマ時間に健康への知識を深めてみてくださいね。
ユーザーは月300円で、1ヶ月につき3回質問が可能。
薬剤師の方はユーザーの質問に回答することで、ベストアンサーの数に応じて報酬を受け取ることができます。
お薬についてのお悩みがある方、自身の知識を活かしたい薬剤師の方はぜひ一度ご訪問ください。


●環境にやさしいマスクJITO・商品詳細


● 発売日・発送予定日


● 購入はこちら
BASE アルシア シナル アバディ
https://arsia.base.shop/

● お問い合わせ先:
日本:アルシア シナル アバディ
所在地:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町73-407
電話:080 8401 0303
eメール:ju7kan@gmail.com

インドネシア:
担当者:Veri Susanto
所在地:Sudajaya, RT 005 / RW 002, Jel. Jayaraksa, Kec. Baros,
Kota Sukabumi, Prov. Jawa Barat, 43152 Indonesia
電話:+62 ( 0 ) 812 9866 5559
eメール:mailto:pt.arsiasinarabadi@gmail.com

アルシア シナル アバディ
https://arsia.base.shop/

薬剤師ドットコム
オンライン薬剤師・オンラインお薬・健康相談サービス
https://www.ptarsia.com/beginners-guide
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)