医療・医薬・福祉

救命救急医療用ベッドおよびストレッチャー市場ー機器の種類別[ベッド(電気、半電気、低床、手動など)およびストレッチャーなど];およびアプリケーション別-世界の需要分析と機会の見通し2021-2029年

Kenneth Research
Research Nester Private Limitedは調査レポート「救命救急医療用ベッドおよびストレッチャー市場:世界的な需要の分析及び機会展望2029年」2021年10月 16日に発刊しました。これは、2021-2029年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。


レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-2952

併存疾患のある人口の増加、最近のCovid-19ペンダントによる人々への影響、と世界規模での高齢者人口の増加は、この市場の進歩を後押しすると予想されます。市場の成長はまた、世界中の交通事故の数の増加などの要因に起因する可能性があります。世界保健機関から収集されたデータによると、2021年4月8日までに、組織に報告された2,880,726人の死亡を含む132,730,691人のCovid-19の確定症例がありました。

ヨーロッパの市場はまた、高齢者人口の増加と、この地域での高齢者人口の増加とCovid-19の発生率の増加により、救命救急医療用ベッドおよびストレッチャー市場で大きなシェアを占めると予想されています。欧州連合の機関であるユーロスタットの分析によると、2019年には、ヨーロッパの人口の5分の1以上が65歳以上でした。

成長ドライバー

併存疾患があり、最近のCovid-19の発生の影響を受けた人口の増加 世界規模での高齢者人口の増加

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2952



【調査レポートの日本語に詳細内容について】

https://www.researchnester.jp/reports/critical-care-medical-beds-and-stretcher-market/2952

救命救急医療用ベッドおよびストレッチャー市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。




· レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。


レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-2952

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について

https://www.researchnester.com/reports/critical-care-medical-beds-and-stretcher-market/2952

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール : info@researchnester.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)