美容・健康 アパレル・ファッション

~髪を“洗う”から”まとう”時代へ~ 世界初Drape(ドレープ)シャンプー「KUJIME」誕生

株式会社共立ドクターズラボ
共立美容外科がヘアケア本格展開、高級アミノ酸PPT、コラーゲン高配合のドレープシャンプー『KUJIME zen シャンプー&トリートメント』を2020年1月11日より販売開始

 医療法人美人会 共立美容外科・歯科傘下の株式会社共立ドクターズラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:久次米秋人、以下 共立ドクターズラボ)は、2019年12月3日より、洗練された30代以上の大人女性向けにラグジュアリーヘアケアブランド「KUJIME(クジメ)」を立ち上げ、2020年1月11日よりDrape(ドレープ)シャンプー『KUJIME zen シャンプー&トリートメント』を販売開始いたします。  共立ドクターズラボは、2014年まで「共立ラボ」という名で化粧品ブランドを展開してきましたが、「KUJIME」立ち上げを機に、ヘアケア商材市場へ本格的に参入いたします。


■KUJIME公式サイト:https://kujime.org





誰も体験したことのない未知なる髪感触を実現 -zen- シルクをまとった髪を手に入れたいあなたへ

「KUJIME」ブランドからの第1弾は、保湿シリーズ「善(zen)」を展開。”汚れを洗い流す”という従来のシャンプーとは異なる、全く新しいプラスαの付加価値を提供する”Drape(ドレープ)シャンプー”(™️商標登録出願中)です。DrapeはDressから派生した言葉で、ドレープ=纏う(まとう)・優美に覆うという意味を表現します。「KUJIME zen シャンプー」は、リッチな成分でやさしく洗浄するだけでなく濃密なシルク活性剤、コラーゲン、ヒアルロン酸により毛髪強度を高め、よりしなやかな髪へと導きます。KUJIME考案の独自技術により、髪を補修する成分も配合しているため、洗いながら傷んだ髪の補修も実現!乾燥などの外的刺激から守り、本来の輝きのあるシルクのような髪へと生まれ変わります。豊富な美容成分をふんだんに使ったドレープシャンプー「KUJIME zen シャンプー」は、高級シルクアミノ酸PPTにより、シャンプー時の泡でクレジングや洗顔後のお顔をしっとりと保湿してあげることもできます。美容医療の視点から生み出された、全く新しい”Drape(ドレープ)シャンプー”。ラグジュアリーなHair LIfeへエスコート致します。




<商品概要>


商品名称 :KUJIME zen シャンプー&トリートメント
販売価格 :各300ml 11,000円(税別)
販売ルート:共立美容外科 新宿本院、渋谷院 ※500本限定
発売日  :2020年1月11日(土)

※公式サイトにて先行販売予約受付中
 https://kujime.org/



”洗う”から”まとう”へ。世界初ドレープシャンプー「KUJIME zen シャンプー」

(1)KUJIME 考案!独自技術 非結晶化技術 KUJIME CMCコンクで、潤い・ハリ・弾力にアプローチ


 肌や髪の潤いやハリ、弾力を与えるためにはセラミドやコレステロールが必要ですが、どちらも溶解しにくく結晶化しやすい原料で、使用するためには多量の油や乳化剤が必要でした。これが要因となり、今まで化粧品に豊富に配合することが難しく、各層への浸透性も十分ではありませんでした。
 「KUJIME zen シャンプー」は、肌や髪に欠かすことのできないセラミド、コレステロールの豊富な配合を実現するために、独自の技術によりセラミド・コレステロールの非結晶化に成功。セラミド・コレステロール本来の良さを引き出し、抜群の保湿効果と浸透力を叶えています。


(2)Polypeptide (ポリペプチド)
 ペプチドの中でも最高結合数を誇るポリペプチド。一般的にアミノ酸が50個以上結合したものをタンパク質といい、50個未満のものはペプチドと呼ばれます。ペプチドはアミノ酸の数が2~10個のオリゴペプチドとそれ以上のポリペプチドに分類されます。髪や皮膚はタンパク質で構成されていますが、ダメージを受けるとタンパク質が失われ、髪が傷んでしまいます。しかし、髪の細胞は生きていないため、皮膚のように自然に修復・再生されることはありません。つまり、一度ダメージを受けてしまうと失われたタンパク質は元には戻らないのです。傷んだ髪の修復には、失われたタンパク質を補うことが最も効果的ですが、 タンパク質のままでは、大きい分子(高分子)のため水に溶けにくく、化粧品に配合することは困難です。だからこそ、ポリペプチドの配合が重要となっております。タンパク質を細かく分解したポリペプチドなら、シャンプーに配合が可能で、髪にしっかり吸着し、失われたタンパク質を補うことができます。"クオリティーファースト"をコンセプトにzenは水に対し約50%の成分をアミノ酸、保湿、補修成分で構成し、圧倒的に高配合なものに仕上げました。贅沢な艶感やハリが生まれることをぜひ体感してください。

(3)Fregrancy


 「KUJIME zen シャンプー」の香りは、ゼラニウム、ラベンダー、スイートオレンジそしてローズマリーの希少なカルテットと重なり合い、美しい花束のような華やかな香りになりました。髪全体が上品な香りに包まれ、閃きや創造性を引き立て、心を落ち着かせてくれます。エレガントな香りを纏って、上質なバスタイムをお楽しみください。


(4)HOW TO USE


1."お湯でしっかりと汚れを流した後に髪をDrapeする"。

髪の毛の汚れは湯洗だけでもほとんど流すことができます。しっかりと髪をすすいだ後、シャンプーを手に取り髪の毛の表面、中間から毛先になじませます。毛先を手のひらで持ちながら、頭頂部の根元から空気を入れるように泡立てます。優しく頭皮をマッサージしながらドレープし、中間から毛先は泡を揉みこむように髪の毛をマッサージしてください。


(ポイント:泡でゴシゴシと地肌を洗浄する従来のシャンプーの洗い方ではなく、地肌に泡を揉み込むようにマッサージしてください。「KUJIME zen シャンプー」は、泡を多く立たせる成分を極力つかっておりません。泡は細かいながらも数は多く立っています。)


2.ドレープシャンプーをしっかり流した後、トリートメントを髪の中間から毛先になじませながらつけたしていきます。やさしく揉みこんだ後、お湯を少し足して軽くタッピング(指の腹を使って軽くマッサージ)して下さい。その後しっかりとすすいでください。

注 *「KUJIME zen シャンプー」は、毛髪の吸着・栄養を考慮し、一般的な市販のアミノ酸系シャンプーと比べても圧倒的な高濃度のアミノ酸系製品のため、極度の敏感肌の方にはかゆみが出てしまうことが稀にありますので、その場合はすすぎを入念に行っていただくようにしてください。もし、それでもかゆみが残るようであればご使用を控えて頂く場合もございます。


開発秘話

~ブランドが乱立する業界に新たな一石を投じた「KUJIME zen シャンプー」~
 美容医療業界を牽引してきた共立美容外科の創業者、久次米が創り出した「KUJIME」は、最高品質を追求した新たなモノづくり市場を形成するべく始動いたしました。
 世界初のドレープシャンプーである「KUJIME 善 シャンプー」には、美容医療においても使われる最先端技術と高品質な素材を惜しみなく取り入れ、妥協や見せかけの技巧ではない、至高のヘアケア商品として誕生。プレ発表と同時に高級美容ケア商材に旋風を巻き起こしました。既にコアユーザーの間で瞬く間に広がり、”手に入らない””超越している”等の言葉の象徴になりました。今後も業界を魅了するブランドのアイデンティティーとKUJIMEだからこそ生まれるモノづくりにご期待ください。


「クオリティーファースト」というコンセプト



 「KUJIME」のモノづくりの哲学とは、各ジャンルのモノづくりに携わる優れたスペシャリストの力で、クオリティーファーストとしての”最高品質”をカタチにすることです。「KUJIME zen シャンプー」の主成分であるシルクPPTひとつとっても、グレードAのハイクオリティー素材をふんだんに配合するため、数ヶ月に及ぶ開発を重ね、ゴールデン比率の配合濃度を実現。妥協を許さないクオリティーファーストの信念のもと、幾度となく試作を重ね、数ヶ月掛けて商品が完成しました。こうした理由から「KUJIME」の製品にはいわゆる標準タイプと言われる素材は一切使われておりません。このような製造工程から年間の生産量も制限されており、「KUJIME」の希少性が生まれております。


KUJIME開発者コメント

オリジナリティーを開拓し、良質なモノを欲し、超越したアイディアメーカーが集まるLabolatoryで生まれました。本社CEOの久次米が開拓した、美容医療の分野をはじめとする、ジャンルに捉われない最新技術や最高品質の素材を厳選し、完璧さを追求した唯一無二の至高のモノ創りを目指しています。


会社概要

会社名 : 株式会社共立ドクターズラボ
所在地 : 東京都渋谷区上原2-20-18
事業内容: 1. 化粧品の製造及び輪出入販売、 2. 美容コンサルタント業務
3. 医療用機械器具の製造及び輪出入販売並びにリース業、4. 不動産の売買及び管理
  5. 旅行代理店業、6. 車輔・日用品雑貨の売買及び輪出入
7. テレビコマーシャル等の企画製作販売、8. 前各号に付帯する一切の事業
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)