広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

医療用の光生体刺激システムの市場規模、2028年に3億1488万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「医療用光生体刺激システム市場(2028年までの予測)-COVID-19の影響と世界分析:製品別(赤外線、赤色光、その他)、用途別(疼痛管理、創傷治療、化粧品用途、その他)、地域別」(The Insight Partners)の販売を10月19日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1022461-medical-photobiostimulation-system-market-forecast.html




医療用の光生体刺激システムの市場規模は、2021年の2億466万米ドルからCAGR6.3%で成長し、2028年には3億1488万米ドルに達すると予測されています。慢性疾患や慢性疼痛に悩む患者数の増加、高齢者人口の増加による疼痛管理や創傷治療のための光生体刺激システムの需要の高まりなどが、市場成長の主な要因です。一方、厳しい規制の枠組みが市場の成長を抑制しています。医療用の光生体刺激療法は、低レベル光療法(LLLT)としても知られており、痛みや炎症を抑え、傷の治癒を促進するために使用されます。最新の光生体刺激システムは、特定の波長を使用し、光が細胞のミトコンドリアにあるタンパク質に働きかけることで、ATP(アデノシン三リン酸)が増加し、酸化ストレスが減少するという原理を利用しています。このような細胞内プロセスにより、組織が改善され、炎症が抑えられます。

COVID-19が医療用の光生体刺激システム市場に与える影響

COVID-19の症例が増加しているAPAC(アジア太平洋)諸国では、入院患者と外来患者の数を抑制することで、病院への受診を控え、医療システムの負担を軽減しています。医療用光刺激システムを含む医療産業分野では、このパンデミックの際に、製造施設やサプライチェーン施設が制限されたことで損失が発生しました。

慢性疾患や慢性疼痛を抱える患者数の増加が市場の成長を促進

慢性的な痛みには、怪我や手術に起因するものがあり、同時に、がん、筋骨格系疾患、腎疾患、糖尿病、肥満、関節リウマチ(RA)、子宮内膜症、片頭痛、アルツハイマー病などの慢性疾患も慢性痛の主な原因となります。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、2020年には米国の10人中6人が少なくとも1つの慢性疾患を抱え、10人中4人が2つ以上の慢性疾患を抱えているといいます。

また、筋骨格系の疾患を抱える患者数も増加しています。例えば、世界保健機関(WHO)が2021年2月に発表した内容によると、全世界で約17億1,000万人が筋骨格系の障害を抱えており、中でも腰痛はその数で医療システムに最も大きな負担をかけており、有病者数は世界で5億6,800万人に上るとのことです。筋骨格系疾患は身体障害の主要な原因であり、腰痛は160カ国で身体障害の主要な原因となっています。

この結果、慢性的な痛みに苦しむ患者数は増加しています。2019年のNational Health Interview Survey(NHIS)によると、米国の成人における慢性疼痛の有病率は20.4%で、影響の大きい慢性疼痛は7.4%を占めていました。慢性疼痛は、65歳以上の、非ヒスパニック系白人の女性で最も多い結果が出ています。

医療用の光生体刺激システムは、痛みや炎症、浮腫を抑え、傷や深部組織、神経の治癒を促進し、組織の損傷を防ぐ目的で使用されます。そのため、慢性疼痛やその他の慢性疾患に苦しむ患者数の急増が、同市場の成長を牽引しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1022461-medical-photobiostimulation-system-market-forecast.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)