ビジネス・コンサルティング 美容・健康

ヘルステック企業リンクアンドコミュニケーション、フードサービス事業を展開するLEOCと協業開始

株式会社リンクアンドコミュニケーション
健康経営支援アプリ 「カラダかわるNavi」 社員食堂と連携

 株式会社リンクアンドコミュニケーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 敏成、以下『リンクアンドコミュニケーション』)は、この度、フードサービス事業を行う株式会社LEOC(本社:千代田区大手町1丁目1番3号、代表取締役会長兼社長:小野寺 裕司、以下『LEOC』)とパートナーシップを締結し、企業の健康経営促進に関する協業及び企業向け健康経営支援アプリ 「カラダかわるNavi」の代理店契約を開始したことをお知らせいたします。





 リンクアンドコミュニケーションは、「社会の健康課題を解決し、自然に健康になれる世界を創る」をミッションとし、食・健康・ヘルスケア分野にて、IT×専門家ネットワークで新たな価値・新たな事業を創造し続けているヘルステック企業です。主力事業として、毎日の食事や運動をAIがアドバイスするAI健康アプリ「カラダかわるNavi」を、3,500社に及ぶ企業・健保・団体・自治体に、健康経営支援アプリとして提供しています。
※「健康経営(R)」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

 昨今、従業員の健康が会社の経営に効果をもたらす「健康経営」の考え方が注目されています。企業が従業員の健康に配慮し貢献することで、医療費削減による健康保険料の企業負担の軽減だけではなく、労働生産性の向上や企業のイメージアップにも結びつき、採用活動に有利になります。こうした「健康経営」の考え方に基づいて、様々な取り組みを行う企業が増加していますが、一方で中小企業をはじめ、多数の企業から「何から始めればよいか分からない」「健康施策を行ったが実施率が上がらない」といった声も良く聞かれます。

 リンクアンドコミュニケーションが提供する健康経営支援アプリ「カラダかわるNavi」は、こうした企業のニーズに応え、従業員が日々手軽に利用する中で健康をサポートする健康管理ソリューションです。アプリを通じて従業員の生活習慣を見える化し、健康づくりのPDCAを回すことが可能になります。

 今回、全国約600か所の社員食堂を受託運営し、食事提供を通して従業員の健康増進とフードロス削減に取り組んでいるLEOCと協業することで、「カラダかわるNavi」と社員食堂のメニュー情報を連携させることが可能となりました。また、LEOCならではの食と健康にフォーカスしたオリジナル記事や食堂情報をアプリ内で配信し、普段は社員食堂を利用していない従業員の健康意識も高めるようなサービスも開始いたします。
リンクアンドコミュニケーションは、これからも「カラダかわるNavi」を通して、企業の健康経営を支援してまいります。

【健康経営支援アプリ「カラダかわるNavi」とは】
「カラダかわるNavi」は、写真撮影による簡単な食事内容の記録によって、従業員の食事習慣を見える化。運動や睡眠の記録も可能で、AI管理栄養士が約2億通りのパターンから最適なアドバイスを行います。アプリを活用して、産業医や管理栄養士とのコミュニケーションも可能です。
「カラダかわるNavi」の活用により、『健康経営銘柄2020』選定基準・『健康経営優良法人2020』(大規模法人部門)認定基準を16項目中12項目までカバー。従業員一人ひとりの健康に対する意識づけと、従業員の健康状態の把握により、効果的な健康経営をサポートしていきます。

■アプリ・サービス詳細
1. 業界最多のアドバイスパターン、最新の食事画像自動認識AI
AI管理栄養士が約2億通りのパターンから最適なアドバイスを行います。また最新の食事画像自動認識AIにより、写真撮影だけで食事内容の入力が可能です。

2. 社食メニューとアプリの連動
社食メニュー情報がアプリと連携しており、食事内容を簡単に登録できます。オートレジを装備した社員食堂では、決済時に自動でアプリへ食事内容が入力されます。

3. LEOCオリジナル記事の配信
LEOCならではの、食と健康にフォーカスしたオリジナル記事や食堂情報を配信。普段は社員食堂を利用していない従業員の健康意識も高めます。

4. データ抽出による社員食堂利用者の喫食傾向把握
アプリに入力されたデータを管理者側で抽出。企業の健康課題を見える化し、健康経営を推進できます。さらには喫食傾向をいち早く把握し、食材発注におけるロス削減を目指します。

5. 健康診断のチェック&アドバイス
健康診断結果を自動で取り込み、チャートや分布図等で見える化。現状を踏まえた食事・運動のアドバイスが可能です。

6. オンラインカウンセリング
アプリを活用し、管理栄養士がオンラインで栄養指導。動画チャットやダイレクトメッセージでの指導が可能です。

【株式会社LEOCの概要】
全国2,300か所以上に広がるフードサービス事業を軸に、食と健康の分野のグローバル企業として、あらゆる世代のすべての人々の健康とサステナビリティ(持続可能性)への貢献を推進しています。地球環境に配慮した食材調達、フードロス削減を意識した調理、国際的な食文化への理解と対応により、時代と共に変化するお客様のニーズや社会問題に対応。『食を通じてお客様に喜びと感動をお届けしたい』という誓いのもと、持続可能な社会の実現に向けて挑戦を続けます。

所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目1番3号 大手センタービル17階
設立:1983年4月1日
資本金:5000万円
代表者:代表取締役会長兼社長 小野寺 裕司
URL:http://www.leoc-j.com/

【株式会社リンクアンドコミュニケーションの概要】
リンクアンドコミュニケーションは、「社会の健康課題を解決し、自然に健康になる世界を創る」をミッションとしIT×専門家ネットワークで、「専門家がもっと身近にいて健康をサポートするシステムの構築」を目指しているヘルステック企業です。全国で約1万人の管理栄養士・栄養士のネットワークをもとに、食と健康、栄養分野のリーディングカンパニーとして、食を中心とした健康アドバイス事業、健康情報の発信事業に取り組んでいます。
具体的には、AI管理栄養士がアプリを通じて、人々のライフログにアドバイスを提供する健康アドバイスアプリ「カラダかわるNavi」、「カラダかわるNavi for スポーツクラブ」、「カロリーママ」を主力サービスとして提供しています。

所在地:〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 新紀尾井町ビル5階
設立: 2002年7月25日
資本金:7億8700万円
代表者:代表取締役社長 渡辺 敏成
URL:https://www.linkncom.co.jp/

<提供サービス>
・企業向け健康アドバイスアプリ「カラダかわるNavi」
・スポーツクラブ向け健康アドバイスアプリ「カラダかわるNavi forスポーツクラブ」
・一般向け健康アドバイスアプリ「カロリーママ」
・健康医療ニュースを専門家が解説するレビューサイト「HEALTH NUDGE」 http://healthnudge.jp/
・糖質に関する総合情報サイト「糖質.jp」 http://toushitsu.jp/
・糖質を簡単に測れるアプリ「糖質カウンター」
・管理栄養士・栄養士向けのポータルサイト「かわるPro」 http://kawaru.biz/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会