美容・健康

食品の“もったいない”を無くす、食糧不足支援で明日をつなげる社会貢献プロジェクト「HAIR KITCHEN SOCIAL BEAUTY ACTIONS with セカンドハーベスト・ジャパン」を開始

資生堂プロフェッショナル株式会社
野菜や果物のちからを髪に活かすヘアケアブランドHAIR KITCHEN × 日本初のフードバンク「セカンドハーベスト・ジャパン」

サロン向けヘアケアブランド「HAIR KITCHEN」は2021年10月22日(金)より、売り上げの一部を日本初のフードバンクセカンドハーベスト・ジャパンに寄付するアクションを始めます。野菜や果物のちからを髪に活かすHAIR KITCHENは、自然の恵みを生きる力としても余すところなく使いたい。そう考え、もったいないを減らし、本当に必要としている人々に食を届ける活動に参加します。自然の恵みに感謝しながら、誰かとともに分かち合う。内面からの美しさを育み、髪と社会の健やかさにつながる明日を願っています。




■ プロジェクト背景
日本での食料廃棄物量は年間で1,788万トンにも上り、先進国にも関わらず約2,000万人の人が貧困線以下で暮らしている状況です。またフードセキュリティ(社会生活の中で安全かつ十分に栄養のある食べ物が得られていること)に欠けている方は、6人に1人いう高い数字です。通常破棄されてしまう規格外の野菜や果物の有効活用や環境負荷のないバイオマスプラスチック容器の採用など環境や社会への優しさを掲げている「HAIR KITCHEN」が、社会貢献活動として余剰食品を活用した食糧不足支援の「HAIR KITCHEN SOCIAL BEAUTY ACTIONS with セカンドハーベスト・ジャパン」プロジェクトを開始します。「自然の恵みを、誰かの実りに。」をテーマに、髪だけでなく社会の健やかさにつながる明日を叶える願いのもと行っていきます。

■ セカンドハーベスト・ジャパンとは
2002年3月に設立された日本初のフードバンクです。フードバンクとは“食料銀行”を意味し、まだ十分に食べられるにも関わらず、様々な理由によって処分される食品を食品メーカーや農家・個人から引き受け、食べ物に困っている児童養護施設の子供たちや生活貧困者などの元に届ける社会貢献活動を行っています。

フードバンクを活用すると、食品を提供する企業には廃棄コスト・環境負荷の削減、食品の受け取り手には食費の節約・食に関する喜びと体験機会が増えること、さらに行政には食品ロスの削減・財政負担の軽減などたくさんのメリットがあります。セカンドハーベスト・ジャパンでは1年間にボランティアの方々から、ボランティア活動を通じて36,199時間の時間の寄付をいただき、企業や個人から寄贈された2,586,401食を食事に困っている人々に提供しています(2020年 年間合計)。食品を寄付くださる企業数も累計で1,900を超えており、多くの方々からご協力をいただいています。


■ セカンドハーベスト・ジャパンからのコメント
セカンドハーベスト・ジャパンは、「すべての人に食べ物を」をミッションとして掲げ、食品寄付活動を実施しています。「HAIR KITCHEN」の自然の恵みを生きる力として余すところなく使いたいとの想いは当団体が大切にしている『もったいないをありがとうへ』の心に通じるものがあります。コロナ禍で食の支援を必要とする人々が増え続ける中で、今回のプロジェクトはその支援の一翼を担うものと考えています。一人でも多くの方にご参加いただけることを心より願っています。

■ プロジェクト概要


「HAIR KITCHEN SOCIAL BEAUTY ACTIONS with セカンドハーベスト・ジャパン」プロジェクトでは、イヤーエンドキャンペーンタグ付きの「HAIR KITCHEN」商品のご購入で自動的にセカンドハーベスト・ジャパンへの寄付が可能になります。タグに記載のQRコードからアクセスすると、寄付状況が確認できるようになっています。



【イヤーエンドキャンペーンについて】
参加方法:キャンペーンタグ付きの「HAIR KITCHEN」の商品をご購入いただくと自動寄付となります。
開催期間:2021年10月22日(金)~ 12月31日(金)
キャンペーンURL:https://campaign.hair-kitchen.com/donation/

■ ヘアキッチンのサステナブルな4つの取り組み
1.天然由来成分 ・ 素材へのこだわり
通常では破棄される果皮や種子、色や形が不揃いであるために市場に出されず破棄されてしまう規格外野菜や果物を有効活用しています。また、自然の恵みを大切に、多くの種類の天然香料を使用しています 。
2.クリーン処方
私たちの考える透明性・倫理的観点から、商品それぞれの使用感は大切にしながらも、髪や頭皮、地球環境に負荷の少ない処方を目指しました。厳選された天然由来の野菜や果物のエキスやエシカル・サステナブルな香料を使用した髪・頭皮に優しくなめらかな使い心地を実現したオリジナル設計です 。
3.エコ容器
サトウキビ由来のバイオマスプラスチックの容器の採用や詰め替え・付け替え商品の配置などにより、プラスチックごみの量やCO2排出量の削減を目指しています。製品のライフサイクル全体を通じた環境負荷の軽減に努めます。
4.社会との関わり
野菜・果物に関連した環境活動やスタイリスト様向けのサステナビリティに関する教育の充実など、環境や社会に配慮した活動を積極的に行います 。

■ ヘアキッチン ブランド特長
1.自然のちから
HAIR KITCHENは野菜・果物の持つ豊かな色彩、フレッシュでジューシーな香り、自然環境を生き抜くパワフルな力に着目しました。野菜・果物とテクノロジーの力で、今の髪・頭皮悩みにアプローチする対処ケアと将来の髪を健やかに育む予防ケアを実現。クリーンであることと、高い効果感の両立を追求しました 。
2.美のレシピ
サロンケアではスタイリスト様が一人ひとりの髪や頭皮の状態に合わせてカスタマイズすることで、あらゆる髪質の方へのソリューションを提供します。ホームケアでは、現在の髪・頭皮の状態に合わせたシャンプーとトリートメントの組合せで、より自分に合った日々のヘアケアを実現します。
3.サステナブル
より良い明日のため、HAIR KITCHENは環境・社会への配慮を大切にします。成分、処方、パッケージなど、商品の構成要素からスタイリスト様への教育、環境・社会への貢献活動に至るまで、美しさと優しさを追求した選択と行動を推進します。

■ ヘアキッチン商品概要


※表示価格は参考小売価格(税込)です。価格は店舗によって異なる場合があります。

■ヘアキッチンブランド概要




HAIR KITCHENは「自然のちから」「美のレシピ」「サステナブル」の3つの価値を持つサロン専売ヘアケアブランドです。野菜や果物とテクノロジーのちからで、今と未来、両方のダメージにアプローチをする“対処ケア×予防ケア”を実現。今のあなたに必要なケアをカスタマイズして届けることで、エネルギーあふれるような健やかな髪へと導きます。


▼HAIR KITCHENブランドサイト
https://www.hair-kitchen.com/jp/
▼HAIR KITCHEN取扱サロン一覧
https://www.hair-kitchen.com/jp/find-a-salon/
▼HAIR KITCHEN公式Instagramアカウント
https://www.instagram.com/hairkitchen_official/
▼レシピチェッカー
https://www.hair-kitchen.com/jp/recipe-checker/

■商品/技術に関するお問い合わせ先
資生堂プロフェッショナル 株式会社
お客さま窓口 0120-81-4710
メールお問い合わせフォーム https://corp.shiseido.com/jp/inquiry/mail/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)