企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

高齢者認知症/MCI早期発見システム 「施設360°」(認知症予測機能名:コグニヴィーダ) が2021年度グッドデザイン賞を受賞

G&S
”GOOD DESIGN SHOW 2021“ 10月20日(水)~11月21日(日)の期間開催

この度、高齢者認知症や、その早期段階である軽度認知障害(以下:MCI)の早期検知など、 AIを用いたヘルスケア・サービスを提供しているジョージ・アンド・ショーン株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:井上憲)が、高齢者・認知症の課題を解決するために開発したサービス「施設360°」(認知症予測機能名:コグニヴィーダ)が2021年グッドデザイン賞を受賞いたしました。 本受賞は2018年のなくし物防止&見守り防止タグ「biblle」での受賞以来、2回目の受賞となります。 また、 2021年度グッドデザイン賞の全受賞作品を展示し、紹介するイベント「GOOD DESIGN SHOW 2021」が10月20日(水)~11月21日(日)の期間、特設ウェブサイトと実会場にて開催され、「施設360°」も展示を行います。 10月31日(日)まではグッドデザイン大賞を決める投票にも参加できます。



施設360° (認知症予測機能名:コグニヴィーダ) は、高齢者認知症に関するAIを用いたサービスですが、実際にご利用いただく高齢者施設や高齢者の方が使いたくなることを重要視し、本サービスのさまざまなコンテンツに最適なデザインを取り入れ、開発しています。

デザイン1 高齢者の方が持ちたくなるように、保持するタグは、オリジナル制作も可能な既グッドデザイン受賞の自社タグを利用

デザイン2 特別なテストを受けなくても、普段の生活習慣から約8割の精度で認知症や軽度認知障害を予測し、スコア表示

デザイン3 多忙な施設スタッフの方が情報参照を行いやすいようにシステムだけでなくSNSも介してアラートを共有


審査員評価コメント


2018年にグッドデザイン賞を受賞したサービスは、見守りタグの位置情報に基づき、非常時のアラートを発出するものであった。一方、今回受賞対象となった新しいサービスでは、同じ位置情報で日常生活を分析することで、高齢者の軽度認知症を予測し、早期の発見・治療につなげるという新たな価値の創出を実現した。
既存の仕組みを新たな視点で捉えることで新しい価値を生み出している好例として高く評価したい。



施設360°について


Webアプリケーションを介して、利用者の方々の施設内外の位置情報をリアルタイムに把握できる見守りサービスです。
各場所に設置する受信機が、高齢者施設の入居者及び施設スタッフが常時携帯するG&S提供のビーコンタグ”biblle”より、位置情報を収集しリアルタイムに更新します。
公式サイト:shisetsu360.com



主な4つの機能


1 施設内の位置情報の参照
Webアプリケーションより、施設内の入居者及びスタッフの方のリアルタイムの位置情報を確認できます。※1ダッシュボードに施設内入居者の方の一覧が表示され、※2フロアマップではフロア毎に誰がどこにいるかを参照できます。また、スマートフォンなどのモバイル端末でも利用でき、パソコンとモバイルで同時利用が可能です。
ダッシュボード
フロアマップ

2 外出検知機能
特定の入居者が外出する際に、施設の担当スタッフにアラートが発行できます。
アラートを発行したい人は管理画面から追加・削除が可能です。
※現在、アラート発行時にSNS(LINE等想定)、ショートメールなどで担当者にアラートを発行する機能も開発中です。


3 施設外の位置情報の参照
外出アラートが発行された入居者などの屋外の位置情報を確認できます。
屋外での位置はビーコンタグbiblleのサービスを利用して、外部のビーコンタグの利用者や屋外にある固定受信局とのすれ違いの履歴から定期的に位置確認ができます。

4 生活習慣データの把握
日常の生活習慣データから移動量を把握します。
施設内の方々の行動量の平均値を出すことによって、入居者の方それぞれの行動量の変化などを察知できます。
日別



「Cognivida」機能概要


高齢者の方々の生活習慣データを収集し、認知症やMCIを早期検知するAIサービスです。
検知に用いるデータは「位置情報の履歴」、「睡眠サイクル」、「家電利用の状況」、「会話データ」等を用いており、これら複数のデータは独立して認知症/MCIを検知することができます。
約4年間、累計約400名の症例データ、および認知症テスト(MMSE※)の結果を活用し、認知症やMCIの方々の生活習慣をモデル化することで、非テスト者の認知状態を予測します。
認知症高齢者の検出精度で最大95%、MCI群の検出精度で最大81.8%の検出精度を持ったAIエンジンとなります。
(※最大精度は睡眠データ利用時のものであり、センサー毎で推定精度は異なります。)

なお、本AIサービスは、ケンブリッジ大学で開催された“ACII 2019“等、国際学会での発表、また日本経済新聞社主催”スタ★アト ピッチジャパン 2020”でグランプリを受賞するなど各方面から評価を得ています。
※MMSE: ミニマルステートメント検査。認知症の疑いをスクリーニングする検査であり、国際的に最も活用の広い検査手法。課題遂行や口頭質問により30点満点にて認知機能をスコアリングする。



認知症/MCIのスコアリング予測

1「メインページ」で認知状態の経年変化を確認する
認知症およびMCIの予測結果はMCIスコアとして算出されたスコアリングにて表示されます。
このスコアはMMSEスコア予測結果をもとに100点満点となるように独自の指標により算出した結果として表示されます。
利用開始から2週間~1か月で最初のスコアが算出され、その後は毎日算出されて更新されます。
スコアリングの精度は利用期間を経るごとに向上していきます。


2 行動履歴や行動量を他の高齢者の人と比較する
利用者の方の日常の行動の状況をモニタリングします。
特にMCIスコア算出に関与したパラメータを中心に、他の高齢者の方たちとの行動の違いを見えるようにすることで、改善を促すことを図っています。




GOOD DESIGN SHOW 2021概要

会期:10月20日(水)~11月21日(日)

<オフライン展示> ※展示観覧は事前予約制となります。
会場:東京ミッドタウン・デザインハブほか
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
時間:11:00-19:00 ※10月20日のみ16:00~19:00(最終入館時間 18:30) ※休館日なし
入場料:無料 要事前登録
お問い合わせ:公益財団法人日本デザイン振興会 info@help.g-mark.org

<オンライン展示>
特設ウェブサイト: http://promo.g-mark.org/


ジョージ・アンド・ショーン株式会社

「少しだけ優しい世界を創ろう。」をビジョンに掲げ、なくしもの防止&見守りタグ兼アプリの「biblle(ビブル)」の開発・販売や、biblleのコアとなるテクノロジーである、ビーコンテクノロジーや、AIを活用し、認知症/MCI 早期検知サービスの開発など様々な社会課題解決のための開発を行う。
社員の多くが兼業での活動をしており、新しいスタイルの起業を体現し、メディアへの露出も多い。海外への出展や、ピッチコンテストにも積極的に参加し、数々の賞を受賞。
この世界に暮らす人々が、少しだけ優しくなれるために、ジョージ・アンド・ショーンは事業を展開していきます。

主な事業展開
・biblle(ビブル)  なくしもの防止&見守りタグ兼サービス・アプリ
・施設360     高齢者向け集合住宅施設向け見守りシステム
・認知症/MCI早期検知AI ライフログを活用した認知症/MCI の早期検知AIサービス
・hulali(フラリ)  「地球の歩き方」と「ハワイ州観光局」公認のハワイトラベルアプリ
・KYOUDOKO   小田急電鉄株式会社との共同事業の地域コミュニティアプリ

代表     :井上憲
本社所在地  :〒150-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-28-3 ZOOM神宮前1201
電話番号(代表) :03-3405-7230
ウェブサイト :https://george-shaun.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)