医療・医薬・福祉 素材・化学・エネルギー

【ファイナルレポート】ceramitec conference 2021 国際セラミックス・粉末冶金技術・原材料専門会議

株式会社メッセ・ミュンヘン・ジャパン
トップレベルの専門家が集うceramitec conference

航空宇宙、歯科、水素製造におけるセラミックス 約300名の参加者と31社の出展企業をつなぐ会議 2021年6月21日から24日にかけて開催されるceramitecへの橋渡し





ceramitec conference 2021
ファイナルレポート
国際セラミックス・粉末冶金技術・原材料専門会議
2021年 9月 15 日~16 日

トップレベルの専門家が集うceramitec conference





航空宇宙、歯科、水素製造におけるセラミックス
約300名の参加者と31社の出展企業をつなぐ会議
2021年6月21日から24日にかけて開催されるceramitecへの橋渡し

2021年9月17日
915日と16日の両日、ミュンヘン見本市会場では、セラミックス業界とその革新的材料を使用する産業界にとってのハイライトイベント「ceramitec conference」と、それに付随する展示会が開催された。

「ceramitec conferenceの開催によって、参加各社の皆さんは、やっとパートナーや専門家、顧客と直接顔を合わせて交流することができた」と、ceramitecエキシビジョン・ダイレクターのDr.ロバート・シェーンベルガーは述べた。そして、「2日間にわたり、トップレベルの専門家がセラミック業界の革新と応用について集中的に議論した。この集中的な会議は、2022年6月に開催される展示会への素晴らしい橋渡しとなった」と続けた。メッセ・ミュンヘンの予防・衛生コンセプトは、先日開催された国際自動車見本市IAA Mobilityで既に試されており、安全な集まりであることが保証されている。

世界18カ国から約300名の参加者が集まるなか、80名の専門家が、工業用セラミックス、積層造形、粉末治金、プロセス制御、機器調達、材料を主要テーマとした3つの会議ラインを同時進行させた。
このプログラムは、パートナーのAM Ceramics、Ceramic Applications network、Ceramic Injection Molding (CIM) expert group、Fraunhofer ISC、Institute of Applied Powder Metallurgy and Ceramics (IAPK)によって進められた。
展示会では、Cremer Thermoprocessing Equipment、ECT-Kema、Lithoz、Maschinenfabrik Gustav Eirich、Washington Millsなど31社が自社製品を紹介した。
Netzsch Gerätebau GmbHのマネージング・ダイレクターでceramitecアドバイザリー・ボードの会長のDr. Jürgen Blummは、「ceramitec conferenceに出展することによって、これまでのネットワークを維持しつつ新たなビジネス相手を得ることができた。2022年に開催される大規模な展示会を楽しみにしている」と語った。

航空宇宙、歯科、水素経済におけるセラミックス
セラミックスは、航空宇宙分野をはじめとする多くの要求の厳しい用途に適している。「NASAは、現在、ロボットによる宇宙探査ミッションをサポートするための重要なアプリケーションとして、金属、セラミックス、ポリマーの積層造形プロセスを開発している。NASAジェット推進研究所/カリフォルニア工科大学のSamad Firdosy氏は、「積層造形法は、従来の製造方法では困難とされている複雑な幾何学的形状を、機能的にも構造的にも優れた製品に成形することを可能にする」と説明した。

また、セラミックスは歯科分野でも重要な役割を果たしている。「ニケイ酸リチウム(LiSi2)は、その優れた光学特性、とりわけ透光性に、強度や破壊靭性などの優れた機械的特性を合わせ持つユニークな歯科用セラミックスである。そのため、特に前歯部の修復に適している」と、シャリテーベルリン医科大学のDr. Ing. Franziska Schmidtは説明する。
また、Fraunhofer IKTSの研究所所長のAlexander Michaelis教授は、カンファレンスで、「独自の材料特性を持つセラミック製品は、将来の水素経済を想定したシステムソリューションの開発に不可欠な役割を果たす。例えば、水素生成用セラミックベースの電気分解や、過酷な環境に対応するセンサー技術が挙げられる。セラミック材料を使用しなければ、水素を効率的に製造することはできない」と力説した。

「業界にとって注目度の高いこのような会議を、パートナー企業とともに進行できたことを大変光栄に思う。 来年6月に再びお会いできることを楽しみにしている」と、Dr.ロバート・シェーンベルガーは締めくくった。


次回のceramitecは、2022年6月21日から24日まで、ドイツ・ミュンヘンで開催される。

詳細情報並びに写真は、専用ホームページまで: www.ceramitec.de
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)