広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

敗血症治療市場、2031年末までに16億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「敗血症治療の世界市場:業界分析、規模、シェア、成長、動向、および予測(2021年~2031年)」(Transparency Market Research)の販売を10月19日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tsm1008635-sepsis-treatment-market-global-industry-analysis.html




COVID-19肺炎は患者に重度の敗血症ショックをもたらす可能性がある
グローバル・セプシス・アライアンスは、新型コロナウイルスが、感染に対する身体の免疫システムの反応に影響を与えることで敗血症を引き起こし、臓器障害や死に至る可能性があるとしています。このような動きは、敗血症治療市場のステークホルダーに収益機会をもたらしています。COVID-19肺炎は、患者に敗血症を引き起こす主な要因の一つであり、これは新規の感染症に反応して起こる重度の肺炎によるものです。

細菌、真菌、ウイルスの感染は、コロナウイルス肺炎の原因となり、敗血症を引き起こす可能性があります。シアトルでは、重症新型コロナウイルス感染者が重度の敗血症性ショックを引き起こしたとの報告がなされており、心臓や血液の循環をサポートする薬剤の需要が高まっています。このため、敗血症治療市場における企業は、患者の生活の質を向上させるための治療法や医療用品を確保する必要に迫られています。

AKIの重症度、電解質異常の有無がCRRT後の転帰に影響する
持続的腎代替療法(Continuous Renal Replacement Therapy: CRRT)は、敗血症症候群に対するゴールドスタンダードと考えられています。しかし、CRRTには、出血、感染症、血栓症などの血管内ラインのリスクなどの合併症があるため、開始を検討する際には、患者や家族にその旨を伝える必要があります。敗血症治療薬市場のステークホルダーは、医療従事者と緊密に連携し、罹患率や死亡率を低下させるために、病気の重症度や処置の必要性などの要因を考慮して、CRRTの問題点を解決しています。

CRRTは、患者の電解質障害や低体温症と関連しています。そのため、臨床医は、医療結果を改善するために、急性腎障害(AKI)の重症度の判断や、電解質や酸塩基の障害の有無など、さまざまな要素を考慮しています。

ヘパリンを使用しないRRT抗凝固戦略が患者の出血リスクを減少させる
世界の敗血症治療市場は、2031年末までに16億米ドルに達すると予想されています。米国では敗血症患者の数が多いため、関係者に安定した収益源をもたらしています。集中治療室(ICU)での敗血症治療のほとんどはCRRTが占めていますが、間欠的血液透析(IHD)の需要も大きくなっています。

腎代替療法(RRT)では、体外回路の凝固を防ぐために抗凝固療法が必要です。一方、IHD時には系統的なヘパリン抗凝固療法が一般的に行われています。しかし、この処置は出血のリスクを高め、ICUでの死亡率が高いという問題があります。この問題を解決するために、敗血症治療市場における企業は、患者のためにヘパリンを使わないRRT抗凝固戦略を提供しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tsm1008635-sepsis-treatment-market-global-industry-analysis.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)