美容・健康 インテリア・雑貨

『ウルミナプラス』から気になる部分を集中保湿する「生つや肌メルティスティック」を11月22日より新発売

コーセーコスメポート株式会社
~ひと塗りでうるおいとつやをたっぷり補給~

 コーセーコスメポート株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 孝雄)は、スキンケアブランド『ウルミナプラス』から、ひと塗りでうるおいとつやをたっぷり補給し、いつでもメイクしたての“生つや肌”に導く「生つや肌メルティスティック」(1品目1品種、ノープリントプライス)を2021年11月22日より全国の量販店・ドラッグストアを中心に発売します。 ◇ウルミナプラス公式サイト https://www.kosecosmeport.co.jp/brand/uruminaplus/





発売の背景

 近年、マスクを日常的につける新しい生活習慣が定着したことにより、目もと口もとなどの「部分的な乾燥やメイク崩れ」、マスク着用による「こすれや肌あれ」に悩む人が増加。今後もさらに、マスクの着用が続くことで、悩みが増えることが予測されます。(当社調べ)
 また、2020年11月にデビューした第一弾の「生つや肌ミスト」、第二弾の「生つやキープミスト」は”微細ミストでふんわりと肌につく使用感”と”瞬時にうるおいとつやを与えることができる点”が好評を博し、発売から9か月で販売数量38万個を突破。『ウルミナプラス』は若年層を中心としたトレンドアイテム好きの新規顧客を獲得しています。
 このような背景から、生活シーンや好みに合わせてお選び頂けるよう、メイクの上から部分的に集中保湿ケアができる「生つや肌メルティスティック」を追加発売します。じゅわっととろけるような生感覚で、メイクを崩さずにうるおいとつやをたっぷり補給し、いつでもメイクしたての“生つや肌”に導きます。日中どこでも使えるスティックタイプで、マスクによるこすれ・肌あれ対策や、つや足し・ハイライト効果※1、さらにはリップ下地やネイルケアなど様々な場面でご使用いただけます。
※1うるおいによる


商品特長

1. とろけるなめらかタッチ!メイクを崩さず「うるおい」&「つや」を補給
 浸透※2保湿成分のマイクロヒアルロン酸※3やマイクロコラーゲン※4が、するりと肌に溶け込み、角層深くまで素早く浸透し、みずみずしいうるおいを与えます。また、アルガンオイル※5やローズヒップオイル※6配合により、ふっくらキメをととのえ、メイクしたての生つや肌に導きます。
※2角層まで ※3加水分解ヒアルロン酸・GL(保湿) ※4加水分解コラーゲン・GL(保湿) ※5アルガニアスピノサ核油・GL(保湿)  ※6カニナバラ果実油・GL(保湿)、GLはグリセリンです

2. マスクによる肌あれ&こすれも気にならない!
 マスク着用前、気になる箇所に塗布することで、高精製ワセリン※7がうるおいベールをつくり、外的刺激※8から肌を守ります。また、ツボクサエキス※9配合。あれがちな肌も健やかに保ちます。
※7高精製ワセリン・GL(保湿)  ※8乾燥などによる ※9ツボクサ葉エキス・GL(保湿)、GLはグリセリンです

3. ふんわりと穏やかなフルーティーフローラルの香り
 天然香料を使用し、ミュゲやピオニーなどのフローラルベースにアップルやマスカットなどをアクセントにした「ふんわりと穏やかなフルーティーフローラル」の香りです。

4. コンパクトで持ち運びやすく、様々な使用シーンで使える
 メイク直し前に使うことで、ふっくらキメをととのえ、その後のファンデーションのノリを高めます。また、メイクの仕上げに、頬骨周辺などに塗布することで、立体感のある自然なつや感をあたえます。


『ウルミナプラス』について

 『ウルミナプラス』は、肌印象を変える鍵である「うるおい」と「つや」に着目。肌の調子が悪いと感じるときにも1本持っているだけで瞬時にキレイにみちびくような、 “お守りスキンケアブランド”として2020年11月に誕生しました。


商品概要

2021年11月22日発売 『ウルミナプラス』 新商品 (1品目1品種)


【商品名・特長・容量】
ウルミナプラス 生つや肌メルティスティック〈スティック状美容液〉
メイクの上からうるおい&つやを集中補給できるスティック状美容液。ひと塗りでメイクしたての生つや肌へととのえます。メイク直しの時や、マスク着用によるこすれ・肌あれが気になるときにも使えます。ふんわり穏やかなフルーティーフローラルの香り。7g


『コーセーコスメポート』について

 『コーセーコスメポート株式会社』は、株式会社コーセーが100%出資するグループ会社でお客さまが手に取って自由に選べるセルフ販売を中心に展開しています。既存の概念にとらわれることなく、新しいチャレンジと自由な発想でお客さまに喜んで頂ける商品をお届けすることを目指す事業体です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)