広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

医療用ITの市場規模、2026年に8,292億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「医療用ITの世界市場:製品/サービス別 (医療提供者向けソリューション、医療費支払者向けソリューション、HCITアウトソーシングサービス)・コンポーネント別 (サービス、ソフトウェア、ハードウェア)・エンドユーザー別・地域別の将来予測 (2026年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を10月19日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1025853-healthcare-it-market-by-products-services.html




医療用ITの市場規模は、2021年の3,192億米ドルから21.0%で成長し、2026年には8,292億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長の主な要因は、政府による医療用ITソリューションの義務化と支援、ヘルスケアにおけるビッグデータの利用の増加、医療用ITソリューションに関する高い投資収益率、高騰するヘルスケアコスト抑制の必要性、COVID-19による医療用ITソリューションの需要と利用の増加、mHealth、テレヘルス、遠隔患者モニタリング市場の成長などです。

COVID-19による医療用IT市場への影響

COVID-19の発生により、あらゆる規模の医療現場は巨大なプレッシャーにさらされており、医療施設は、日々訪れる大量の患者に圧倒されています。コロナウイルス感染症の流行拡大に伴い、世界各国では、正確な診断・治療機器の需要が高まっています。この点で、コネクテッドケア技術は、医療従事者が家庭用血圧計やパルスオキシメーターなどの、デジタル接続された非侵襲的な機器を使って患者をモニターできるため、非常に有用であることがわかっています。また、COVID-19の流行により、医師と患者の間にソーシャルディスタンスを確保する必要性が高まり、遠隔患者モニタリングや遠隔医療ソリューションなどの医療用ITソリューションの需要が増え、患者の健康記録を正確かつタイムリーに更新する必要性が高まっています。医療用ITは、高度なセキュリティを備えた電子健康情報の交換、共有、検索を提供する有効なツールです。

牽引要因:ビッグデータの利用拡大

ここ数年、ヘルスケア業界で作成される電子データの量は、主に管理情報、臨床情報、財務情報のデジタル化により、テラバイトやペタバイトにまで拡大しています。さらにこの数値は、毎年約2倍に増加しており、今後数年でエクサバイト、ゼタバイトにまで達すると予想されています。ボリュームの増加に加えて、医療におけるデータの多様性は、医療従事者にとって大きな課題となっています。データの長さとその異質性により、ヘルスケアのデータは他の産業と比較してより複雑になっています。このようなヘルスケア業界の課題に対処するため、サービスプロバイダーは、ヘルスケア分析およびデータ管理ソリューションの導入を進めています。

抑制要因:発展途上国におけるITインフラの制約

コストの問題は、医療用ITソリューションの導入を阻む要因の一つです。これらのシステムのメンテナンスやソフトウェアの更新費用は、ソフトウェアの価格以上に高額です。ユーザーの要求に応じたソフトウェアのアップグレードを含むサポートおよび保守サービスは、総所有コストの約30%に相当する経常的な支出となります。さらに、ヘルスケア業界ではITに関する専門知識が不足しているため、様々な医療用ITソリューションの効率を最大限に高めるため、エンドユーザーに対するトレーニングが必要となり、システムの所有コストを増加させています。新興国の医療システムでは、医療用ITソリューションの導入に必要なインフラの資金も必要となるため、導入コストはさらに高くなります。そのため、病院は関連部門への投資よりも、患者ケアに直結するコア技術への投資を好む傾向があります。特にAPAC(アジア太平洋)やラテンアメリカなどの新興市場では、中小の医療機関は、導入やメンテナンスにかかるコスト面を考え、医療用ITソリューションへの投資を控えています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1025853-healthcare-it-market-by-products-services.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)