医療・医薬・福祉

日本初! 医療機器と連携可能な見守りモニター コロナ受入医療施設や高齢者の自宅に導入予定

DOORCOM株式会社
ナースコール機能付、血中酸素飽和度・人工呼吸器見守り機と接続

住宅設備機器を販売するDOORCOM株式会社では、医療機器メーカーなどの協力を得て医療や介護に利用できる見守りモニターを企画、2021年10月26日に発表します。パルスオキシメーターや人工呼吸器の見守り機など外部機器と連携して、【遠隔地からでも心拍数や血中酸素濃度を確認できる機能】や、【遠隔地にナースコールできる機能】を搭載しています。新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか医療施設での負担軽減や、一人暮らしの高齢者の安心な生活のために活用していただきたいと考えています。


【 コロナ患者や高齢者の健康状態を遠隔地から確認 】
 新型コロナウイルス感染症患者の増加に伴って、医療施設の病床が逼迫する状況が続いています。そのような負担を減らすため、医療機器メーカーなどの協力を得てパルスオキシメーターや人工呼吸器見守り機と連携することで、遠隔地から患者の見守り管理を行える室内モニターを日本で初めて販売します。
 コロナ患者の病棟や、ホテル療養施設などでお使いいただけます。感染予防のため、離れて暮らす高齢者のもとに自由に行くことができない方も、高齢のご家族の安否確認として利用できます。


 モニターはインターネットにつながっているため、世界中どこからでもさまざまな管理を行えるほか、WiFi式のスタンド型ですので設置も簡単で、手軽に導入いただけます。
 弊社はこれまでインターネット接続に対応した多機能の集合住宅用IPインターフォンを導入販売してきました。IPインターフォンには遠隔地から来客者の応答ができる機能や、マスク検知・体温検知機能を搭載しているモデルもあります。
 そのような技術や既存の室内モニター機器を生かして、医療機器とも連携した見守りモニターを企 画しました。インターフォンとも連携することで、より便利にお使いいただけます。

全てがつながる見守りモニター「IT83」






【一人暮らしのお年寄りの見守りに】
 一人暮らしの高齢者は年々増えていますが、コロナ禍において離れて暮らす家族に自由に会いに行くことが難しくなっています。そこで、高齢者の住宅にモニターを置き、遠隔地から連携することで、どこからでも高齢者家族の健康データの確認が可能です。
 また、電話のようにモニターを家族との通話に使うこともできます。スマートフォンを使えない高齢者でも簡単に操作できますし、強制的に通話を始められる機能もあり安心です。
 さらに高齢者の住宅に来訪者があった際は、その対応を遠隔地にいるご家族が行えるため、詐欺などの防犯対策にもなり、高齢者の安全にもつながります。

【今後について】
 コロナの感染拡大は終わりが見えず、さらに今後も高齢化社会により介護や孤独死などの問題がなくなることはないと予想されます。弊社では8年前から多機能なIPインターフォンの販売を進めてきましたが、そこで培ってきた技術を生かし、今後も様々な社会問題を解決していきたいと考えています。従来にはない価値を提供することで、世の中のスマート化に貢献し、快適で健康な生活をサポートしていきます。


【会社概要】
名称 : DOORCOM株式会社
所在地 : 東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー15F
代表取締役 : 松井伊織
事業内容 : IPインターフォン販売業 ITシステム開発業、ITインフラ開発業、 住宅設備機器販売業 建築設計・施工業 住宅設備メンテナンス業
URL : https://doorcom.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)