広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

世界の電子処方市場―2022-2030年の予測期間中に26%のCAGRで拡大すると予測

Kenneth Research
Kenneth Researchは、世界の電子処方市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年10月 19日 に発刊しました。これは、世界の電子処方市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10059290


世界の電子処方市場は、2022年に31憶米ドルの市場価値から2030年末までに156憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に26%のCAGRで拡大すると予測されます。




ソース: CDC

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-e-prescribing-market/10059290

米国のような国でのオピオイドモニタリングの必要性、および怠慢と有害事象(ADR)を減らすための圧力は、市場成長の主要な要因です。さまざまなエラーの中で、処方エラーは世界中の医療専門家にとって最大の問題であり、病院や一般開業医によって報告されたエラーの70%以上を占めています。これらの間違いは致命的ではありませんが、患者の健康に深刻な悪影響を与える可能性があります。患者の健康に関連するリスク、エラーの特定は、専門家や医師に対する医学的および法的なエラーの申し立ての主な原因です。

さらに、患者の健康に関連するリスクである処方ミスも、医療従事者や医師に対する医療および法違反のクレームの一般的な原因です。2018年のGeneral Medical Council(GMC)のレポートによると、英国では、これらの処方ミスは患者の病院への投薬の約9%から15%で報告されています。電子処方システムを採用することにより、ほとんどのシナリオでこれらのエラーを約85%削減できます。処方時に、電子処方技術はアラートシステムを実装することでエラーの可能性をさらに減らし、同時に患者と医師に病歴の完全な背景を提供します。

規制薬物の電子処方箋(EPCS)は、さまざまな規制薬物を合法的に必要とする患者に比較的簡単に処方できるようにする透明で安全なシステムを提供すると同時に、乱用や詐欺の防止に役立ちます。米国でのオピオイド危機の拡大は、電子処方技術の成長を促進する主要な懸念事項です。

世界の電子処方市場におけるキープレイヤー

世界の電子処方市場における業界のリーダーは、eClinicalworks, Allscripts Healthcare Solution, Inc., Medical Information Technology, Inc., Cerner Corporation, RelayHealth, LLC, Henry Schein, Inc., HealthFusion, Inc., Practice Fusion, Inc., DrFirst Inc, Aprima Medical Software, Inc.などです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカの五つの主要な地域に分割されています。

現在、アジア太平洋地域の多くの医療機関は、ワークフロー全体の合理化と患者の安全の確保に重点を置いて、デジタル化に積極的に取り組んでいます。日本、オーストラリア、台湾、韓国、インド、中国は、この地域で電子処方ソリューションを積極的に採用している主要国です。

さらに、EMRソリューションの採用のための政府のイニシアチブ、大量のCOVID-19患者、老人人口の増加、慢性疾患の有病率の上昇、医療費の増加、消費者の購買力の高まりも、今後数年間でこの地域の成長に影響を与えています。

世界の電子処方市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

世界の電子処方市場のセグメンテーション

グローバルな電子処方市場は、製品タイプ、使用モード、コンポーネント、配信モード、エンドユーザー、地域に分割されています。製品タイプは、統合システムとスタンドアロンシステムに分類され、使用モードは(ハンドヘルドデバイスとPCベース)に区分されます。コンポーネントセグメントは、ハードウェア、ソフトウェア、およびサービスにサブセグメント化されています。配信モードは、オンプレミス/ライセンス、ウェブベース、クラウドベースに分割されています。さらに、エンドユーザーは病院およびオフィスベースの医師に分類されます。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10059290

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)