ホテル・レジャー 美容・健康

【2021年11月】神在月3泊4日ワーケーション@島根県松江市~美肌の湯 玉造温泉から神々が宿る美保関まで~/ワークアット株式会社

ワークアット株式会社(work@)
個人参加者様向け 特別プランのご案内(第1回:11月14日(日)~17日(水) / 第2回:11月24日(水)~27日(土))

神在月に島根県松江市へようこそ! 神話と文化に出会い、ご縁をつなぐ松江出雲のリアル旅・・・神在月ワーケーションツアー募集が始まりました! 昨年11月にも開催し大好評だった地域滞在パッケージです。 ・通常通りのお仕事をしながら・・ ・お友達や家族と一緒に観光も楽しみながら・・ ・地域の人々と交流したり、歴史文化に触れたり・・ ・自分と向き合うマインドフルネスな旅を・・ さまざまなご要望にお応えできるパッケージとなっております。 参加者様同士での交流を深めながら、有意義な時間を過ごしましょう!


〇神在月ツアーパッケージ紹介ページ
https://www.workat.co.jp/work-matsue202111


【Aプラン】美肌の湯 玉造温泉と城下町松江を楽しむ(11月14日(日)~17日(水))
https://www.workat.co.jp/work-matsue202111a




【Bプラン】神々が宿る港町 美保関の歴史文化に触れる(11月24日(水)~27日(土))
https://www.workat.co.jp/work-matsue202111b






※神在月(かみありづき)とは※
出雲エリアでは旧暦の10月(いまの11月~12月初旬)を、「神在月」と呼びます。全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲の国に集まると言われているため、国内の他の場所では、神様が留守になるので「神無月(かんなづき)」といいますが、島根県では神在月と呼びます。


〇開催概要
■日時:
【Aプラン】11月14日(日)~17日(水)『美肌の湯 玉造温泉と城下町松江を楽しむ』
【Bプラン】11月24日(水)~27日(土)『神々が宿る港町 美保関の歴史文化に触れる』

■募集枠:
ABプランそれぞれ10名程度(先着順)

■申込方法:
以下のパッケージ紹介ページ下部に申し込みページへのリンクがございます。
【Aプラン】https://www.workat.co.jp/work-matsue202111a
【Bプラン】https://www.workat.co.jp/work-matsue202111b


〇松江式ワーケーションとは?
一般的に、ワーケーションとはwork(仕事)+vacation(余暇)で語られることが多いですが、松江式のワーケーションはwork(仕事)+commnication(会話・交流)と定義をしています。マインドフルネスの実践による“自身の内面とのコミュニケーション”と、個人・組織として未来につながる“地域とのコミュニケーション”に重きを置いたプログラムを提供しています。



※松江式ワーケーション詳細ページ
https://www.workat.co.jp/service


〇ワーキング ヘルスケア プログラムMATSUEコンソーシアム(本パッケージの主催)について
島根県松江市にて2020年5月に設立。松江市が主体となり、市内外の民間企業、島根大学、及び島根県とともに、松江市でのテレワークを通じ、『都市部と地方』『地方と地方』の新たな人の流れを生み出すための松江滞在型テレワークプログラムの開発と受入れを行う取り組みをおこなっています。

2019年度は、当コンソーシアムの前身の組織としてコンソーシアム設立準備委員会を組織し、『働きながら環境の違いや運動の有無による健康状態を知り、健康改善のためのアクションや自分自身の仕事スタイルを発見する健康改善プログラム』を検証・開発する活動をおこないました。首都圏のIT企業を対象に、都市部での通常勤務時や松江でのテレワーク・リモートワーク時のバイタルデータや主観データを計測・分析を行い、その変化について検証をおこないました。国立大学法人の島根大学の研究のもと、都市部滞在中と比べ、松江滞在時には科学的見地よりストレス反応の改善がみられました。


〇本パッケージの主催
ワーキング ヘルスケア プログラムMATSUEコンソーシアム
https://www.telework-matsue.jp/
※ワークアット株式会社はコンソーシアム事務局として本イベントを運営します

〇ワークアット株式会社(work@)webページ
https://www.workat.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)