医療・医薬・福祉 スポーツ・アウトドア

2021年11月22日(月) 第9回棒サッカー大阪大会 開催!(開催場所/大阪府豊中市:豊泉家千里体育館)

一般財団法人SF豊泉家
「挑戦が日本を、世界を元気にする」生涯ユニバーサルスポーツ『棒サッカー』

オリンピック・パラリンピックの次は…『棒サッカー』で日本を元気に! 100歳を超える選手も出場予定!!


豊泉家(ほうせんか)グループが後援しております、一般社団法人日本棒サッカー協会(以下当協会)主催の大会を今年も開催します!

■日本棒サッカー協会とは
「挑戦が日本を、世界を元気にする」というテーマのもと、「棒サッカーがウェルネスライフを創造する」をミッションとし、「100歳を超えても、要支援・要介護状態になってもハンディキャップを有しても続けられる生涯ユニバーサルスポーツ 棒サッカー」をビジョンとして掲げ、棒サッカー界を統括し、少子高齢化を社会背景とする日本において、生涯スポーツ振興・ユニバーサルスポーツ振興・健康増進・介護予防・世代間交流・地域活性化・生き甲斐づくり等を通じて社会に貢献することを活動の目的としています。

協会役員には、元サッカー日本代表 メキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏を理事を迎え、大会当日は選手を激励するなど毎回大変な盛り上がりを見せています。




もとは、高齢者施設のレクリエーションの一環として取り入れられていた競技ですが、ルールを明確化することで、車いすの方やハンディキャップを有する方も参加していただける競技にすることが可能となりました。


”勝負事”となると、心の中から湧き出る闘志をぶつけ合うその姿は、選手の年齢を忘れてしまうほど圧巻。
チーム競技のため、コミュニケーションも活発となり、関係性の向上にも一役買っている競技です!

<実際のお声>


お部屋やご自宅にこもりがちだった方がイキイキして、リーダーシップを発揮するようになった
認知症を有している方も活躍できた
「次はいつ練習するの?」とご利用者が愉しみにする『スポーツ』となった


大会に出場するとなると、チームで活動する時間も増え、戦略を立てながら全員参加で”勝ち”にこだわるその姿勢は年齢関係なく、”何事にも一生懸命”で”まだまだ現役”という気迫が感じられます。


そんな選手の姿、試合を見ると、きっと「私たちだって、負けていられない」と思うはずです。棒サッカーの主な活動実績は下記をご参照ください。

**過去のメディア実績**
2020年(直近)
・朝日放送 「キャスト-CAST-」
・テレビ大阪 「やさしいニュース」
・日本テレビ 「スッキリ」(番組コーナー内:キニナルジャーナル) 他

**イベント参加**
2019年
・アメリカ テキサス州オースティンで開催された『THS NEW JAPAN ISLANDS』にて
 日本発祥の生涯ユニバーサルスポーツとして世界に発信。
 ルールは単純明快なため、言葉が通じなくても愉しめ、様々な国の方々に共感いただきました。

・豊泉家グループ開催 『豊泉家スポーツフェスタ』にて毎年継続して競技として取り入れております。

その他
地域活性化・催事のイベント(庄内バル、ガンバ大阪ファン感謝デー・福祉フェスティバル 等)

詳しくは、一般社団法人日本棒サッカー協会のHPをご覧ください。
https://bo-s.or.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)