美容・健康

自宅でもサロンレベルのスペシャルケアを。安定した水素をより多く発生させることを実現した「SPセルース」が1月14日新発売!

ドクターリセラ株式会社
クレンジングやヘアソープに混ぜて使用することで、自宅でもサロンレベルのスペシャルケアを。

ファンデーションのいらない肌づくりをコンセプトに全国3,080店舗のエステティックサロンにコスメを供給。 約8万人をノーファンデーションの素肌に導いた「ドクターリセラ」より、サロン施術で人気の「抗酸化パウダーセルース」がさらに微粒子にリニューアルし、サロン専売品として登場!




ドクターリセラでは、創業当初からの代表の想いである“安全で結果が出る、そして人と地球環境にやさしい製品を”という願いを込めて『美と健康と地球環境に貢献する』製品作りを続けています。
このたび、エステティシャンがサロン施術で使用している人気の水素パウダー「抗酸化パウダーセルース」がリニュアルした「SPセルース」を2022年1月14日より、ドクターリセラ取扱いサロンで販売開始いたします。


■発売日
2022年1月14日

販売店
ドクターリセラ取り扱いサロン
https://www.dr-recella.com/salon-top/
※サロン専売品

■容量
50g(50回分)

■価格
12,100円(税込)

お問い合わせ電話番号
0120-410-248
(月~金:午前10時~午後5時)






SPセルース(スーパーセルース)とは

良質な水素パウダーを数滴の水で溶き、クレンジング、ヘアソープ等に混ぜることで、安定した量の水素が濃度を保ったまま皮膚の細部に届き、毛穴の汚れを取り除き、肌へのエイジングケア※を効率よく行うことができます。
使用後は、「毛穴が引き締まりハリがアップ」「透明感が出て、肌がすごく柔らかくなる」とエステティシャンから支持されているアイテムです。
洗顔や洗髪のスペシャルケアとして、サロンレベルのお手入れを日常に。
※年齢に応じたケアのこと



期待できる作用

・角質軟化作用
・還元力エイジングケア※若々しいツヤ肌(※年齢に応じたケアのこと)
・水素化Mgの配合量を増やし、水素をより多くの発生と発生量の安定にも繋がる



製品の特長

・水素パウダーの粒径を小さくすることで、水素の発生スピードが速くなり、より水素が効率よく肌に作用します。
・水素パウダーを特殊加工することより、肌への摩擦負担を出来るだけ減らし、水素の作用を直接全身に浸透※させることが可能となりました。(※角質層まで)
・死海の岩塩から採った水素化Mgを特殊製法を加えることにより、肌負担を減らします。
・サロンのフェイシャル施術やホームケアで使用する1回の洗顔やクレンジング時間の数分間にこれまでより多くの水素を発生させ、肌へのエイジングケア※を効率よく行うことが可能となりました。(※年齢に応じたケアのこと)



使用方法

クレンジングに混ぜて使用する場合
付属スプーン1杯分のSPセルースを手にとり、数滴の水で溶きます。
通常より少し多めのクレンジングとよく混ぜて、顔に塗布します。
摩擦に気をつけて、通常通りクレンジングし洗い流します。

シャンプーに混ぜて使用する場合
付属スプーン1杯分のSPセルースを手にとり、数滴の水で溶きます。
通常より少し多めのヘアソープとよく混ぜて、通常通りシャンプーします。





ドクターリセラとは



公式HP:https://www.dr-recella.com/

『ノーファンデーションの肌づくり』をコンセプトに、肌が本来持っている力を最大限に引き出す無添加(※1)スキンケア製品の開発をしております。
全国3,080店舗(※2)のエステティックサロンで取引いただき、症例数はは81,007件(※3)に及びます。
「ADS」は、美容経済新聞社調べの「コスメティック総選挙」において2012~2014年の全年(3年連続)第一位を獲得。
また、BEST BEAUTY ITEM フェイシャル部門では、「Recella Diva」が2年連続受賞、「ADS」「アクアヴィーナス」が3年連続受賞で殿堂入りしました。
美のプロフェッショナルであるエステティシャンに選ばれ続けるスキンケアブランドです。
エステティックサロン専売製品だけではなく、ホームケアブランドとして幅広い年代にご愛用いただいている「アクアヴィーナス」、 日用品を揃えたブランド「cocochia」、無添加のメイクブランド「VI PLANTE(ヴィ プランツ)」などを一般販売しております。

(※1) 石油系合成界面活性剤・防腐剤(パラベン)・合成香料・鉱物油・合成着色料の5つを不使用。
(※2) (※3) 2021年8月末時点


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)