素材・化学・エネルギー 医療・医薬・福祉

新規三次元培養基材「MatriMix (511)」の販売開始

株式会社ニッピ

マトリミックス
 株式会社ニッピは、コラーゲンとラミニン511E8断片 (iMatrix-511)、およびヒアルロン酸を成分とする新たな三次元培養基材「MatriMix (511)」を2021年10月から販売開始しました。近年、再生医療や創薬の分野において、細胞をより生体内に近い状態に誘導する三次元培養が着目されており、種々の細胞に適した細胞外環境の需要が高まっています。MatriMixシリーズは、コラーゲンやラミニンE8断片の種類・組み合わせを変えることで様々な細胞の組織形成を促すことを目指して開発されました。MatriMixシリーズの第一弾であるMatriMix (511) は、発生期細胞や株化がん細胞のみならず (図1、2)、患者由来がん組織のオルガノイド培養 (図3) に活用できる汎用性の高い培養基材です。今後ラインナップを拡充できるよう、製品開発に取り組んで参ります。


【MatriMixシリーズに関するお問い合わせ先】
 MatriMix@nippi-inc.co.jp (株式会社ニッピ バイオマトリックス研究所)

【関連製品】
・iMatrix-511
 https://www.nippi-inc.co.jp/product/chemistry/tabid/197/Default.aspx
 https://www.nippi-inc.co.jp/biomatrix/tabid/172/Default.aspx?itemid=237
・試薬用コラーゲン
 https://www.nippi-inc.co.jp/product/chemistry/tabid/114/Default.aspx


図1 MatriMix (511)を用いた臓器オルガノイド形成
図1 マウス発生期の各種臓器由来細胞を7日間、MatriMix (511) で三次元培養した。各臓器に関連するマーカーで染色された細胞集合体が観察された (図A-D) 。図A 腎臓オルガノイド 緑:ポドカリキシン (糸球体上皮細胞), 赤:PECAM-1 (CD31, 血管)、図B 腸オルガノイド 緑:CDX2 (成熟腸細胞), 赤:IV型コラーゲン、図C 肝血管 赤:PECAM-1 (血管)、図D 肝オルガノイド 緑:CK19 (胆管), 赤:アルブミン (肝実質)


図2 MatriMix (511) を用いた株化がん細胞の培養
図2 各ヒト株化がん細胞を7日間、各基材で三次元培養した。MatriMix (511) で培養した場合は、EMT/転移能マーカーと細胞間接着マーカーで共染色された細胞集団形成が観察された (図A, B)。加えて、基底膜成分であるIV型コラーゲンが細胞集合体の内部で、間質コラーゲンであるI型コラーゲンが細胞集合体の外部で、それぞれ染色された (図C)。一方で、マウス腫瘍抽出物で培養した場合は、細胞間接着マーカーのみ染色されて (図D, E)、基底膜形成が確認されなかった (図F)。図A, B, D, E 緑:ビメンチン(EMT/転移能マーカー), 赤:E-カドヘリン (細胞間接着マーカー)、図C, F 緑:I型コラーゲン、赤:IV型コラーゲン


図3 MatriMix (511) を用いたヒト患者由来大腸がんオルガノイド形成
図3 ヒト患者由来大腸がん幹細胞を8日間、各基材で三次元培養した。MatriMix (511) で培養した場合は、EMT/転移能マーカーと腫瘍マーカーで共染色された細胞集団形成が観察された (図A, B)。一方で、マウス腫瘍抽出物で培養した場合は、腫瘍マーカーのみ染色された (図C, D)。図A-D 緑:ビメンチン(EMT/転移能マーカー), 赤:CEA (腫瘍マーカー)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)