医療・医薬・福祉

世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA顧問に山田邦雄氏の就任が決定!

世界がん撲滅サミット2021実行委員会

 この度、『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』顧問にロート製薬株式会社 代表取締役会長 山田邦雄氏の就任が決定した。


 ロート製薬は大阪を拠点に胃腸薬や目薬を中心に製造・販売を行ってきたが、最近は「治らないと諦めていた病気をも治せる可能性を持つ最先端の医療」として再生医療事業にも取り組むトップランナーの1社である。
同社会長の山田邦雄氏は「患者ファーストではなく患者ラストになっている今の日本で『世界がん撲滅サミット2021』が大阪で開催されるのは大変ありがたいこと」と顧問就任を快諾した。

 今後は再生医療、細胞医療、遺伝子医療などの先端医療ががん医療をリードする時代だが、こうした企業のトップが大所高所からがん撲滅に向けたアドバイスや支援をしていくことは患者ファーストの草の根運動の重要な推進力となるだろう。
 
大会長 原 丈人 氏

 皆さんも12月5日(日)午後1時より大阪国際会議場で開催される『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』に参加されてみてはいかがだろうか。
大阪国際会議場

 入場は無料だが、事前に大会HP(https://cancer-zero.com)よりエントリー登録が必要。1度に4名まで登録可能。

 なお、お問い合わせは大会公式HP(https://cancer-zero.com)の『お問い合わせコーナー』より、すべてメールにて受け付けており、電話でのお問い合わせは一切受け付けていない。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)