ネットサービス・アプリ

全国の公園が「楽天チェック」のポイ活スポットに!

楽天ペイメント株式会社
- いつもの公園でスタンプを集めると「楽天ポイント」が最大100ポイント当たる -

 楽天ペイメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 晃一、以下 楽天ペイメント)は、本日10月25日、運営するポイ活サービス「楽天チェック」において、公共の公園でチェックインできる機能を追加しました。順次、利用可能箇所を拡大し、2021年内には全国の公園約85,000か所でチェックインできるようになります。本機能を通じて、利用者における「お得さ」「使いやすさ」の向上を図ります。




 「楽天チェック」は、アプリ内に表示されている店舗や施設に来店・来館し、対象となる店内・施設内の指定エリアで「楽天チェック」アプリのチェックインボタンをタップすることで「楽天ポイント」を貯めたり、お得なクーポンを獲得することができる無料アプリです。
 本日以降、利用者は対象公園内の指定エリアで「楽天チェック」アプリを起動しチェックインすると、くじ形式でスタンプまたは「楽天ポイント」を獲得することができ(注1)、スタンプを20個集めると「楽天ポイント」が最大100ポイント当たるくじを引くことができます(注2)。

 このたび、店舗などの建物のみならず公園でのチェックインが追加されることで、散歩と「楽天チェック」を組み合わせるなど、地域を問わずより多くの方がポイ活を楽しみやすくなります。また、利用者にはチェックイン状況に合わせて、近隣店舗のキャンペーンなどが「楽天チェック」アプリで配信され、より一人ひとりに適したお得な情報が届くようになります。

 楽天ペイメントは、今後も「楽天チェック」を通じて、利便性の高いサービスや機能を提供し、より多くの利用者と加盟店のさらなる満足度向上を目指してまいります。

(注1)1つの公園につき1日1回チェックインいただけます。チェックイン時のくじ引きで獲得できる「楽天ポイント」は1ポイントの通常ポイントです。
(注2)スタンプを集めると引くことができるくじの当選に応じて付与する「楽天ポイント」は、通常ポイントです。

■機能追加概要
・開始日:2021年10月25日(月)00:00
・対象公園数:全国の公共の公園約5,000か所から順次増加し、2021年中に約85,000か所で利用いただけるようになります。
・概要:「楽天チェック」アプリに表示される対象の公園においてアプリ上でチェックインすると、1回のチェックインにつき1回くじを引くことができます。画面上に表示されるカードから1枚を選ぶと、スタンプまたは「楽天ポイント」を獲得することができます。このくじ引きで獲得できる「楽天ポイント」は1ポイントの通常ポイントです。
さらに、スタンプを20個集めると、「楽天ポイント」最大100ポイントが当たるくじを引くことができます。くじ引きで表示される結果は、はずれ・1ポイント・5ポイント・10ポイント・100ポイントのいずれかとなります。
※チェックインは1つの公園につき1日1回までです。
※くじの当選に応じて付与する「楽天ポイント」は、くじを引いてから通常ポイントとして付与します。
※対象公園は「楽天チェック」アプリ内で随時お知らせします。



【楽天チェックについて】https://check.rakuten.co.jp/
「楽天チェック」は、対象の店舗や施設へチェックイン(来店・来館)するだけで「楽天ポイント」を貯めたり、お得なクーポンを獲得することができるサービスです。アプリ内に表示されている店舗や施設内の指定エリアで「楽天チェックアプリ」のチェックインボタンをタップすることでサービスを利用できます。貯まった「楽天ポイント」は、「楽天ペイ(アプリ決済)」加盟店をはじめ、「楽天ポイントカード」加盟店、楽天グループの各サービスでも利用できます。

【楽天ペイメント株式会社について】https://payment.rakuten.co.jp/
楽天ペイメント株式会社は、楽天グループにおいて決済・マーケティング分野を中心としたサービスを展開する企業として2019年4月に設立されました。現在、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「楽天ペイ(実店舗決済)」、「楽天ポイントカード」、「楽天Edy」、「楽天チェック」といったサービスを運営しています。お客様には親しみやすく便利で安全な決済サービスを、加盟店様には業種・業態に合わせた幅広い決済サービスと、データを活用したマーケティングプログラムを通じたビジネス支援を提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)