食品・飲料 美容・健康

城北ヤクルト販売(株)が足立区と協定。北千住にて、「がん予防イベント」開催。ライブ配信も実施

城北ヤクルト販売株式会社
~ヤクルトレディと地域の繋がりを生かし、コロナ禍で下がるがん検診率の上昇に向けた活動を継続~

がん予防・がん検診の受診促進を目的とし、足立区と城北ヤクルト販売株式会社(東京都足立区)は、「がん対策に関する連携協定」を締結しました。 上記締結に伴い、当社では10月27日(水)に専門医を招き、北千住で200名規模の「おとなのがん講座」(無料)を開催します。 ※Zoomでのライブ配信も予定しています。




日本でもっとも亡くなる人が多い病気はがんで、それは40年間変わっていません。

平成28年~30年に亡くなられた方のうち、がんが占める割合は平均27.92%でした。この数字から、4人に1人ががんで亡くなったことになります。
(出典:厚生労働省及び東京都福祉保健局人口動態調査)

生活習慣の変化などにより、今では”男性の2人に1人、女性の3人に1人はがんになる”と、言われています。

がんはひと昔前までは、「不治の病」と言われていました。しかし今では、検査の仕組みと治療法が充実し、早期に発見すれば、95%が完治するようになりました。

つまり、発見が早ければ早いほど、これまでと同じ生活に戻っていける病気になったのです。

それにも関わらずがんで亡くなる方が多いのは、がんを早期発見する機会が持てないことが原因になっています。

がんの早期発見をする唯一の方法は、がん検診を定期的に受診すること。それ以外に確実な方法は、今の時点ではありません。

創業から、地域の皆さまの健康を守るヘルスケア企業であることを理念としている私たちは、足立区と連携しながら区で実施しているがん検診の受診率を増やすための活動をしています。
https://www.johoku-yakult.co.jp/category/katsudou


■社会活動をしながら、がんの闘病をしていく心構えを(大人のがん講座とは)

昔は多くの病気と同じように、がんに対して「高齢になると罹患率が上がる」イメージがありました。
しかしライフスタイルの変化に伴い、30代~40代の働き盛り世代でもがんに罹患する人が増えています。

ただ実際は、残念ながら働く世代のがん検診率は高くないのが実情です。

「仕事が忙しく、検診の時間が取れない」「もし、がんだと診察されたら、働けなくなってしまうのではないか」「家族を養いながら、治療を受けることは難しいのでは」

……こうした気持ちから、受診を控えてしまう方が多いようです。

こうした状況を受け、最近ではがんの治療を受けながら勤務を続けられる体制を整える企業も増えてきました。

弊社でもこれまでに数名、がんにかかっていることが判明し治療をしながら勤務を続けてきたスタッフやヤクルトレディがいます。

会社として従業員の闘病をサポートする経験も、地域に向けたがん予防の情報提供・がん検診の受診促進への活動を行うきっかけのひとつとなりました。


活動のひとつである、専門医による無料のがん講座ではこのような項目をお伝えしています。(過去の開催内容)

「おとなのがん講座」項目概要

<がんの原因は?>
・がんとはどんな病気?
・がんの基礎知識
・がんの種類とその経過
・がんにならない方法
・なぜ検診が重要なのか  ……など

<がん治療と患者のサポート>
・もしがんになったら、治療法は?
・がん治療をしながら、働くとは。本当に働ける?
・訪問先での、安否確認や健康状態に関する問いかけ
・がん治療の情報と意思決定
・がん治療に必要なサポートは? ……など


■10月27日実施イベントのご案内

子育て世代、働く世代からシニア世代まで、さまざまな年代の方に向けた、無料がん講座を開催いたします。

当日は Zoomを使用した、ライブ配信も実施予定です。遠方にお住まいの方やお子さまがいるなどご来場が難しい方は、こちらをご利用ください。

「おとなのがん講座」

講師:中川 恵一 特任教授
・東京大学医学部附属病院放射線科
 総合放射線腫瘍学講座 特任教授
・がん対策推進企業アクション議長

2021年10月27日(水)
10:30~12:10 /10:00開場
場所:東京芸術センター天空劇場
アクセス:北千住駅一番出口から徒歩約5分
費用:無料

Zoom配信情報
ID 441 834 4527 / パスコード 8960
https://us06web.zoom.us/j/4418244527?pwd=TmIxZFkrRDd5dXFJazFiWUdQdVJWZz09
※ご参加の際には、情報の二次利用は固くお断りしています
現地でのご参加希望の方は、下記までご連絡ください。今後も月1~2回の頻度で、がん講座の開催を予定しています

城北ヤクルト販売株式会社
03-3882-8960
Mail info@johoku-yakult.co.jp 担当:清水・青山

■ヤクルトが紡いできた歴史を生かして

ヤクルトの創業者である代田 稔は医師免許をもつ、腸内細菌についてのスペシャリストでした。

当時は衛生状態の悪さから、子どもたちが次々と感染症で命を落としていました。

まだ日本には抗生物質もなく、病院で診察を受けられる人も限られており、コレラや赤痢などの腸内感染症から免疫の弱い子どもを守る術がありませんでした。

代田はそうした助かるはずの命を救いたいと、感染症での子供の死を大きな社会課題と捉え、1935年に腸内の善玉菌を増やす飲料であるヤクルトを薬としてではなく、食品として開発し、誰もが手に入れられる価格で販売することにしたのです。

私たちはこうして予防医学に尽くしてきた創業当時の想いを、「代田イズム」として継承しています。

※弊社で行うがん検診率の上昇に向けた取り組みについて、詳しくはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000080382.html

城北ヤクルト販売株式会社
2019年より厚生労働省が行う、がん対策推進企業アクションに参加
2021年3月に、3,516社の中からパートナー賞(中小企業部門)を受賞
2021年9月、足立区と「がん対策に関する連携協定」を締結
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)