医療・医薬・福祉

ノイルイミューン・バイオテック、第一三共と技術評価に関する提携

ノイルイミューン・バイオテック株式会社
PRIME技術の評価に関する提携について合意

固形がんに対するCAR-T細胞療法の研究開発を行うノイルイミューン・バイオテック株式会社(港区、代表:玉田 耕治)は、第一三共株式会社とPRIME技術の評価に関する提携について合意致しました。


ノイルイミューン・バイオテック株式会社(以下「当社」)は、このたび第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「第一三共」)と、PRIME(Proliferation inducing and migration enhancing)技術の評価に関する提携について合意しましたので、お知らせします。

PRIME 技術は、CAR-T 細胞等の遺伝子改変免疫細胞の機能を高めることに加えて、宿主自身の免疫細胞を活性化する技術であり1)、当社がその実施についての独占的権利を有しています。

本契約により、第一三共と当社は協力して評価に関する研究を実施し、当社は第一三共から技術アクセス料を受領します。さらなる契約の詳細については開示しておりません。


以上

1)Adachi K et al. Nat Biotechnol., 2018;36(4):346-351.
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)