ビジネス・コンサルティング 美容・健康

花粉症の疾患啓発プログラムで、従業員一人当たりの生産性損失が約48,000円減少

株式会社empheal
「働く人の花粉症チャレンジ」に40社が参加

健康経営の支援プログラムを提供する株式会社empheal(エンフィール)(本社:東京都千代田区代表取締役社長:西口 孝広、株式会社NTTドコモとエムスリー株式会社の合弁会社)は、ノバルティス ファーマ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役レオ・リー)と協力し、企業の従業員向けの花粉症の疾患啓発プログラム「働く人の花粉症チャレンジ」を、2020年12月から2021年4月までの約4カ月間にわたって、40社(従業員合計約22万人以上)に対し、無料で提供しました。


その結果、本プログラム提供前に比べて、提供後の花粉症に悩む従業員一人当たりの生産性損失額が約48,000円※1減少し、77%の人が「花粉症対策における意識の変化があった」と回答するなど、改善傾向がみられました。当社は、「働く人の花粉症チャレンジ」の提供を通じて、参加者の生産性への影響を最小限にとどめることを目標に掲げ、今後も企業の健康経営をサポートしてまいります。



■「働く人の花粉症チャレンジ」提供の背景
アレルギー・感染症が、働く人の生産性に大きな影響を及ぼすことが分かっておりますが、昨今のSNS等の普及によって様々な情報が溢れ、不調改善の情報の入手が簡易になった半面、膨大な情報量の中から自分の症状に適した情報を探すことが難しくなっています。企業が花粉症対策の教育機会をつくることにより、企業は従業員の健康を見つめた生産性のある「健康経営」が実現できると考え、プログラムの提供をスタートしました。

■「働く人の花粉症チャレンジ」とは
「働く人の花粉症チャレンジ」は、花粉症の代表的な原因といわれるスギ花粉が飛散する前に、企業の人事・総務などの担当者を通じて、従業員に「花粉症」に関する正しい知識や学習機会を提供する、当社オリジナルの疾患啓発プログラムです。

企業が取り組む「働き方改革」や「労働生産性の向上」をはじめ、従業員の「健康増進」と「健康意識の向上」を支援する企業向けの無料プログラムとして、2020年12月から提供を開始。初回の参加企業は5社(約3,600名)でしたが、2回目となる今回は40社が参加し、合計10,175人 の従業員に向けて本プログラムを提供しました。

当社は、花粉症疾患啓発プログラム「働く人の花粉症チャレンジ」を開始するにあたり、事前に参加者に「昨シーズン」の就業中における症状の種類や強さ、症状がでた日数や時間などを調査するWEBアンケートを実施したところ、花粉症で悩む従業員一人あたりの生産性損失割合は4.87%、生産性損失額は150,737円でした。その後、メールマガジンやオンラインセミナーを通じて、花粉症のメカニズムや症状を和らげる方法などが入手できる本施策を施したことにより、花粉症対策に対しての意識の向上や行動変容が増え、4カ月後の生産性損失割合は3.32%、生産性損失額は102,746円で、施策前に比べて1.55ポイント(約47,991円※1と換算)減少するなど、参加企業と従業員にメリットがある結果となりました。

※1:事前と事後の生産性損失額

・算出対象は事前アンケートと事後アンケート両方にて花粉症であると選択された回答者。
・生産性損失額は「生産性損失割合(影響日数割合×営業がある日における低下率)×平均年収」で算出。
・平均年収は、参加企業のうち、有価証券報告書に年収の記載がある企業の平均年収を、40社の参加人数(約1万人)に加重平均して算出した929万円を使用。

【第2回「働く人の花粉症チャレンジ」の実施概要】
■プログラム内容




■事前と事後の調査概要



■事後アンケートの主な結果
意識の変化
77%の人が意識の変化があったと回答
Q.今回のプログラムを通して、花粉症対策における意識の変化はありましたか


企業へのロイヤリティ(プログラム導入評価)
86%の人が本プログラムを導入した所属企業を評価すると回答
Q.本プログラムのような「従業員の花粉症対策に役立つプログラム」を、あなたの所属企業が導入することを評価しますか

満足度(今後の参加希望)
92%が来シーズンも参加したいと回答
Q.今回のような花粉症の方を支援するプログラムが来シーズンもあれば参加したいですか

■会社概要
株式会社 empheal は、『健康に、光をあてる会社』です。
健康なうちは、健康であることは当たり前と思い、大事だとはわかっていても様々な選択肢の中で、
おのずと健康に対する優先順位は下がってしまいがちです。
これまで、本当の意味で脚光が当たっていなかった健康に、脚光をあてるお手伝いをするのが私たちです。
一人ひとりが主体的に活き活きと健康を手にすることに貢献し続けます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)