広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

髄腔内投与用ポンプの市場規模、2028年に5億1,324万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「髄腔内ポンプ:タイプ別(一定速度ポンプ、プログラム可能ポンプ)、アプリケーション別(慢性疼痛、痙性管理)、地域別の世界市場分析、市場規模予測(~2028年)、COVID19の影響」(The Insight Partners)の販売を10月25日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1028693-intrathecal-pumps-market-forecast-covid-impact.html




髄腔内投与用ポンプの市場規模は、2021年の3億5,738万米ドルからCAGR5.3%で成長し、2028年には5億1,324万米ドルに達すると予測されています。髄腔内投与用ポンプ市場は、タイプ、アプリケーション、地域別に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米にさらに分けられます。

慢性疾患の増加が髄腔内投与用ポンプ市場の成長を促進

慢性的な痛みは、身体障害の主な原因であり、経済および社会的大きな負担となります。米国国立がん研究所によると、10万人あたりの新規がん罹患者数の年間増加率は442.4人と報告されています。米国疾病予防管理センター(CDC)の推計によると、米国では、2025年までに、6,700万人の成人が医師に関節炎と診断される可能性があるとされています。髄腔内投与用ポンプは、脳脊髄液(CSF)に直接作用するため、薬剤がより早く、容易に消化され、経口処方よりも有効と言われています。がん、関節リウマチ、線維筋痛症、神経損傷などの慢性疾患は、免疫力を低下させ、持続的な痛みをもたらすため、人の健康に悪影響を及ぼします。成人から老年層にかけて、これらの障害の影響を受ける可能性が高まります。CDCの2019年10月のデータによると、米国では成人の10人に6人が少なくとも1つの慢性疾患を抱えて生活しています。さらに、10人に4人が2種類の慢性疾患を同時に患っています。

一方、慢性疾患は、若年層や成人層にも多く見られるようになっています。さらに、慢性的な痛みは、関節リウマチなどの一般的な疾患や、スポーツや職業上の怪我から生じる特定の筋骨格の疾患によっても顕著に引き起こされます。このような痛みは、日常生活を正常に維持するためには、痛みの管理が重要な課題となります。髄腔内投与用ポンプは、患者の健康状態を改善しながら、長時間にわたって痛みを緩和します。このように、がんやその他の慢性疾患の増加は、髄腔内投与用ポンプの需要を押し上げ、市場の成長を促進しています。

タイプ別の見通し

髄腔内投与用ポンプ市場は、タイプ別に、定速ポンプとプログラム可能なポンプに分けられます。2021年には定速ポンプが大きなシェアを占めると予想されています。その後は、プログラム可能なポンプが6.1%と最も高いCAGRを記録すると予想されています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1028693-intrathecal-pumps-market-forecast-covid-impact.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)