広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

脳深部刺激療法(DBS)市場、2021年から2026年の間に約9%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「脳深部刺激療法の世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を10月25日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc1007162-deep-brain-stimulation-market-global-industry.html




市場の概要
脳深部刺激療法(DBS)市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。DBSは、パーキンソン病、てんかん、ジストニア、強迫性障害(OCD)などの様々な神経疾患や運動障害を治療するための外科手術です。パーキンソン病、てんかん、ジストニア、強迫性障害(OCD)などの様々な神経・運動障害を治療するために、脳の特定の部位に継続的な電気信号を送る神経刺激装置を設置します。この信号は、インパルスの原因となる神経学的機能障害をブロックし、脳がより効果的に機能するのを助けます。この治療法は、脳の活動を直接変化させますが、制御された方法で行われるため、運動ニューロン疾患の治療法として、薬の効果が得られない場合にのみ処方されます。今後、世界の脳深部刺激療法(DBS)市場は、2021年から2026年の間に約9%のCAGRで成長すると予想されています。

市場の成長要因
運動神経疾患が頻繁に発生していることに加え、低侵襲(MI)手術の受け入れが拡大していることが、市場成長の主な要因となっています。また、高齢者人口の増加に伴い、運動症状の改善が長期間持続することや副作用が少ないことなど、DBS手術のメリットに対する認識が高まっていることも、市場成長の要因となっています。さらに、肥満や高血圧によるうつ病などの生活習慣病も増加の一途をたどっています。DBSはこのような病気の治療に不可欠であると考えられており、そのため世界各地で急速に普及しています。さらに、ロボット支援による埋め込みやマルチターゲット刺激の導入などの技術的進歩や、完全に非侵襲的な処置を可能にするための研究開発(R&D)活動への関心の高まりも、市場の成長に拍車をかけています。

主要な市場区分
刺激タイプ別の市場構成
・視床下部DBS
・淡蒼球DBS
・視床下部DBS
・視床下部核DBS

製品別の市場構成
・シングルチャンネル脳深部刺激療法装置
・デュアルチャンネル脳深部刺激療法装置

アプリケーション別の市場構成
・パーキンソン病(PD)
・癲癇(てんかん)
・ジストニア
・強迫性障害(OCD)
・その他

エンドユーザー別の市場構成
・病院
・外来手術センター
・神経学的センター
・その他

地域別の市場構成
・北アメリカ
・ヨーロッパ
・アジア・パシフィック
・中近東・アフリカ
・ラテンアメリカ

市場の競合状況
脳深部刺激療法市場における主要な企業としては、ボストン・サイエンティフィック、メドトロニック、セント・ジュード・メディカル、アレバ・ニューロセラピューティクス、ペキン・ピンズ・メディカル、ニューロペース、ニューロ・シグマなどが挙げられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1007162-deep-brain-stimulation-market-global-industry.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)