広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

白血球アフェレーシスの市場規模、2028年に1億3,390万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「白血球アフェレーシス:製品タイプ別、アプリケーション別、エンドユーザー別の世界市場分析、市場規模予測(~2028年)、COVID19の影響」(The Insight Partners)の販売を10月25日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1028694-leukapheresis-market-forecast-covid-impact-global.html




白血球アフェレーシスの市場規模は、2021年の7,448万米ドルからCAGR8.7%で成長し、2028年には1億3,390万米ドルに達すると予測されています。白血球アフェレーシスは、身体の免疫反応に関与する白血球を血液サンプルから分離させる手順です。また、赤血球や血小板などの血液の一部を採取し、残りの血液を循環に戻すアフェレーシスの一種です。白血球療法は、慢性リンパ性白血病(CLL)などの慢性血液がんのように、非常に高い白血球(WBC)数を減少させるために使用され、同時に、がん化学療法による白血球数の急激な減少に対応するため、後に移植する白血球を得る目的にも採用されます。さらに、白血病や前立腺がんなどのがんと闘うために、CAR(キメラ抗原受容体)T細胞療法と呼ばれる新しい免疫療法の一部としても使用されます。白血球造血は、治療を受ける人に対して行うもの(自家アフェレーシス)と、後に移植するためのドナーに対して行うもの(同種アフェレーシス)があります。現在、白血球アフェレーシスは様々な疾患の治療に一般的に使用されており、循環腫瘍細胞の収量を増やすことができるため、診断目的でも使用されています。自発的な献血者数の増加、血液疾患の発生率の上昇、高齢者人口の急増などの要因が、白血球アフェレーシス市場の成長を促しています。一方、白血球アフェレーシスの高コストが、市場の成長をある程度妨げています。

輸血は、各国の医療インフラや政策に不可欠な要素です。医療業界の進歩により、重篤な病気や怪我の治療方法が改善されたことで、患者の生存のために輸血の必要性が高まっています。輸血の重要性や医療機関での血液供給に関する意識の高まりにより、医療目的での献血を希望する人の数が増加しています。世界保健機関(WHO)のデータによると、2018年には全世界で1億1740万件の献血が報告されています。献血者は通常、自発的な無報酬、有償、家族・代替に分類され、自発的・無報酬の献血者が血液供給の主要な源となっています。2019年のWHOのデータによると、世界139カ国で2008年から2015年にかけて、自発的な無報酬のドナーによる献血が1,160万人増加しています。また、低・中所得国においても、献血の動向は大きく注目されています。自発的な献血者の数が最も急増したのは、東南アジア諸国(83%)とアメリカ大陸(70%)でした。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1028694-leukapheresis-market-forecast-covid-impact-global.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)