医療・医薬・福祉

世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA中村祐輔氏が文化功労賞に!

世界がん撲滅サミット2021実行委員会

 この度、『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』顧問で、当日ノーベル賞級講演を行う中村祐輔氏(東京大学、シカゴ大学名誉教授)が文化功労賞に選出された。
東京大学・シカゴ大学名誉教授 中村祐輔氏
 これは長年にわたって世界の遺伝医学・ゲノム医学のリーダーとして活躍して来られた同氏の活動が認められたもので、大阪府出身ということもあって大阪府、大阪市民の皆さんも大変喜んでいる。

 がん患者の皆さんに希望の火を灯そう、希望の出口を示そうと日夜、身を粉にして研究している中村祐輔氏を日本はより強力に支援していかねばならないと思うのは筆者だけではないだろう。


 皆さんも12月5日(日)午後1時より大阪国際会議場で開催の『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』で行われる中村祐輔氏の熱い講演を体験してみてはいかがだろうか。勇気と活力を与えていただけることだろう。
大会長 原 丈人 氏

 只今、同サミット大会HP(https://cancer-zero.com)では入場エントリーを受け付けており、1度に4名まで登録可能。入場は無料。


大阪国際会議場

 なお、お問い合わせは大会公式HP(https://cancer-zero.com)の『お問い合わせコーナー』より、すべてメールにて受け付けており、電話でのお問い合わせは一切受け付けていない。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)