美容・健康

ピップエレキバン(R)足裏バンドがDO-GENヘルスケア大賞 2021年度上半期≪コリケア部門 第1位≫を受賞!

ピップ株式会社
累計売上10万個突破!着けるだけでおうち時間が足裏ケアタイムに!

ピップ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松浦由治)は、磁気の力で血行を改善しコリをほぐす磁気治療器「ピップエレキバン足裏バンド」が、睡眠・休養メディア「DO-GEN」が選定した【DO-GENヘルスケア大賞 2021年度上半期コリケア部門第1位】を受賞したことをお知らせします。





DO-GENヘルスケア大賞 特設サイト:https://do-gen.jp/healthcare_award2021_1/


受賞の背景

睡眠・休養メディア「DO-GEN」は、忙しい毎日を過ごす現代人の睡眠や休養の質を上げ、元気に生活するための情報を発信するWEBメディアです。「睡眠の知識」「寝具・睡眠グッズ」に関する記事を中心に、休養やおうち時間の過ごし方、トレーニング法など、ライフスタイル全般の情報を扱っており、月間100本以上の記事を公開しています。ページビュー数は月間500万を突破、特に20代~40代の有職女性に支持されています。
“DO-GENヘルスケア大賞2021年度上半期”は、2021年4月~9月に公開された記事の中から、ページビュー数、ページ滞在時間などをもとにノミネート商品を選定。その後、編集部内で実際に商品を試して、各部門の順位を決定する企画です。

この度、「ピップエレキバン足裏バンド」は≪コリケア部門≫にノミネートされ、第1位に選出されました。コロナ禍での外出自粛によって運動不足に陥り、足裏のコリ・はりを感じる方が増えたことや、マッサージや整体に行くのを控えている方も多く、おうちで気軽に使えるケア用品に注目が集まっていることが受賞の一因と考えます。


おうち時間にピッと寄り添う磁気の力

就寝時やリラックスタイムが、着けるだけで足裏ケアタイムに!簡単ながらケアでコリを解消!
【製品特長】

●磁気の力
磁束密度130ミリテスラの磁気が、足裏の血行を改善し、コリをほぐします。
●ググッとクッション
磁石を3粒配置したググッとクッションが、歩くたびに気持ちよく足裏を刺激。
●抗菌防臭・速乾
足裏の気になるにおいを防ぐ抗菌防臭仕様。速乾性のある素材でムレを防ぎます。(足裏にあたる生地のみ。)
●寝ている間も、ぴったりフィット
●水洗い可能で繰り返し使用OK
【効果】
装着部位のこり及び血行の改善


開発者の声:ピップ株式会社 商品開発事業本部 伊賀遥香



この度は、DO-GENヘルスケア大賞2021年度上半期<コリケア部門第1位>に選出いただき、ありがとうございます。担当者一同感激しております。
「ピップエレキバン足裏バンド」を開発する際、20代~50代の女性400人を対象に調査したところ、約2人に1人が「足裏のコリ・はり」を感じていることが分かりました。その一方で、足裏のコリ・はりに特化したケアアイテムというのは意外と少なく、「ケア方法がわからない」「対処せず放置している」といったお声も多く聞こえてきました。
また、足裏のコリ・はりをケアしたいシーンとしては、「就寝時間」や「自宅でリラックスしている時」と答える方が多く、帰宅後の落ち着いた時間に、ゆっくりと足裏をケアしたいというニーズが高いことが分かりました。

このような背景から、女性のリラックスシーンにおける新提案として誕生したのが、ピップエレキバンシリーズ初の足裏ケアアイテム「ピップエレキバン足裏バンド」です。
ヒールの高い靴を履いて足裏がぴーんと張ってしまうとき、長時間立ちっぱなしで重ダルく感じるときなどに、着けるだけの簡単ケアとして「ピップエレキバン足裏バンド」を取り入れていただけると嬉しいです。

ピップエレキバンシリーズは、磁気の力で血行を改善しコリをほぐす磁気治療器を展開しています。気になるコリのポイントに貼ってお使いいただく「ピップエレキバン130」や、背中まで広がったしつこい肩コリにアプローチする「ピップエレキバンインナークリップ」もご用意しています。仕事・家事・育児…と日々忙しく過ごす皆様に、是非お使いいただき、お悩み解消の一助となれば幸いです。


製品概要 管理医療機器





※ピップエレキバンはピップ(株)の登録商標です。

【一般のお客様からのお問い合わせ先】
ピップ株式会社 お客様相談室 TEL:06-6945-4427
ピップ製品情報ホームページ https://www.pipjapan.co.jp/products/
ピップエレキバンブランドサイト https://www.elekiban.com/
Twitter公式アカウント https://twitter.com/pip_cp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)