美容・健康

1回たった20分の「新」運動習慣「e-skin EMStyle Personal」をMakuakeにて先行販売開始

株式会社Xenoma
オンラインのライブトレーニングでいつでも手軽に、楽しく続く

スマートアパレル「e-skin」を展開する株式会社Xenoma(本社:東京都大田区、代表取締役CEO:網盛 一郎)は、運動が苦手な人でも短時間でシェイプアップできるEMSスーツを使ったオンラインサービスe-skin EMStyle Personal(イースキン エムスタイル パーソナル)の公開に先立ち、2021年10月27日 (水)よりクラウドファンディングサービス「Makuake」にて先行販売を開始いたします。



「e-skin EMStyle Personal」はEMSスーツを着て運動するだけで全身をシェイプアップできる、スーツとアプリが一体になったサービスです。アプリからライブトレーニングを活用することで更に高い効果を得ることができ、長く続く在宅ワークによる運動不足解消に、また運動が苦手な方でも効果的にシェイプアップできるツールとして活躍します。

スーツを着用することで脂肪燃焼を目的とした運動を効率的にサポートすること、有酸素運動と筋力トレーニングを同時に実現できることなどが、スポーツ研究の第一人者であるメンマート教授とクラウゼ博士(ドイツスポーツ大学)による実証実験において確認されています。

※EMS(Electrical Muscle Stimulation)とは、筋肉に電流を流して筋肉を収縮させることで筋力を維持・向上させる介護・リハビリ領域で古くから活用されてきたメソッドです。重い器具を使わなくても安全に筋肉に負荷をかけることができるので、普段運動をしない方や高齢者、産後の女性にもお勧めできるトレーニングです。

■プロジェクトページ
【URL】https://www.makuake.com/project/emstyle/
掲載期間 2021年10月27日(水)~11月10日(水)

本サービスアプリ「e-skin EMStyle Personal」(Android/iOS対応、2021年12月リニューアル公開予定)は、EMS強度を8部位別・100段階でコントロールする機能に加え、オンラインでトレーナーを選んでライブトレーニングを予約、受講することができ、個別のニーズに合わせてプログラムをカスタマイズするパーソナルトレーニングを選択することもできます。加えて、世界初「リモートアシスト」機能によってトレーナーがスーツの負荷をリアルタイムにコントロールできるため、まるでトレーナーに対面で補助されているかのような感覚でトレーニングを受けることができます。





また、本サービスにトレーナーとして登録し研修を受講すると、本サービスを通じてトレーニングを提供し報酬を得ることができるようになります。本サービスはEMSによって短時間で高い効果をあげることができ、さらにオンラインで場所も選ばないため、スキマ時間を有効活用した新たな収益機会に繋げることができます。

■製品概要
製品代金 49,800円+月額プラン5,000円~
※効果を実感いただくためには継続が重要となるため、月額プランの最短契約期間を6ヵ月とさせていただいております

<Makuake限定特典>
1.月額プランなしで始められる
2.【超早割10%OFF】 44,820円~
3.1対1のライブトレーニング2回(8,000円相当)をプレゼント


【事業者向けサービス「e-skin EMStyle Professional」について】
本サービス「e-skin EMStyle Personal」は個人の方向けのサービスですが、フィットネスジムやエステ、整体などの事業者の方向けには導入費用を最小限に抑えた月額サービス「e-skin EMStyle Professional」をご提供しております。詳しくはお問合せください。

【株式会社Xenomaについて】
東京大学・染谷研究室/JST ERATO染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクトのスピンオフとして設立されました。スマートアパレル(衣服型デバイス)「e-skin」を通じて、日常生活における楽しみや利便性を向上し、さらに安心安全な社会の実現に貢献するための「予防医療」に繋がる製品やサービスを開発、提供しています。
https://xenoma.com/

■本件に関するお問合せ
株式会社Xenoma 広報担当 龍山
03-5735-4622
press@xenoma.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)