医療・医薬・福祉

日本におけるDCT(分散型臨床試験)を可能にし、患者登録を促進するためにScience 37(R)と3Hメディソリューションが提携

3Hグループ(旧クロエ)
アジャイル型臨床試験のオペレーティングシステムを先行するサイエンス37と、日本における臨床試験ソリューションのリーダーである3Hメディソリューションは、DCT(Decentralized Clinical Trial/分散型臨床試験)の実施を促進して医薬品開発を速めることを目的とした提携を本日発表しました。この提携を通じ、3HメディソリューションはScience 37の臨床試験オペレーティングシステム及び、eConsent(電子同意)、患者マネジメント、遠隔医療、訪問看護のためのエンドツーエンド技術プラットフォームを使用することになります。




従来の医薬品開発モデルでは、治験参加者が医療機関へ来院する必要があり、実施医療機関の地理的及び物理的な位置という制限のため、患者さんの参加が限られていました。デジタル技術の進展で可能となったDCTであればこのような問題が解消され、臨床試験がより効率的かつ低コストで実施できるようになります。また、命を救える治療薬を開発するための治験が、より患者さんに身近なものとなります。

「今回の連携により、日本における長年の課題であった臨床試験の分散化が進むことが期待されます。これにより患者さんの負担を減らし、臨床試験や治療参加の選択肢を広め、日本での医薬品の市場投入を早める事に大きく寄与すると考えられます。」と3Hの代表取締役 安藤 昌はコメントしています。また、「今回提携したScience 37のオペレーティングシステムを使用することにより、当社の臨床試験支援業務が強化され、患者さんの臨床試験参加への障壁が取り除かれます。この結果、DCTに対する最適な環境が整備される事で、患者中心モデルの開発が可能になるという両社の相乗効果が得られます。」とも述べています。

3Hメディソリューションは、今回の提携を通じてScience 37のCRO認定ネットワークの一員となります。このネットワークでは、CROが研究規模に合ったDCTを成功させるために必要なリソースへのアクセス、研修や実務的なサポートが得られるようになります。

Science 37のCEOであるデヴィッド・コーマン氏は、「3Hメディソリューションとの提携は、医薬品研究の促進、及び日本における主要なCROと患者さんや医療従事者をつなぎたいという我々の使命に基づくものです。当社のオペレーティングシステムにより、3Hメディソリューションの業務が強化されます。当社の患者コミュニティ、遠隔診療を行える治験担当医師、リモートコーディネーターやデバイス接続ネットワークへのアクセスが可能になるため、臨床試験の連携をスムーズに実施し完了することができます。」とコメントしています。

※DCT (Decentralized Clinical Trial/分散型臨床試験):オンラインや被験者宅への訪問などを活用し、医療機関に来院しない、もしくは来院回数を減らす臨床試験の取り組み。

●3Hメディソリューションについて
人(Human)の健康(Health)と幸せ(Happiness)をつなぐライフサイエンスカンパニーとして、医薬・医療分野において、被験者募集や患者調査、情報提供、アプリ・システム開発から、新規ビジネス開発の支援までワンストップで提供しています。サイエンスとPatient Centricityに基づいた創薬・育薬支援と最新のテクノロジーを活用したデジタルヘルストランスフォーメーションの実現により、患者さんや医療現場の課題を解決しています。詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。https://3h-ms.co.jp/

●Science 37について
Science 37社のミッションとして、臨床試験への普遍的なアクセスを可能にすることで、患者さんやプロバイダーがどこからでも参加しやすくなり、患者さんの生活に影響を与える治療法の開発を加速させることを支援しています。 分散型臨床試験のパイオニアとして、Science 37の臨床試験オペレーティングシステム (OS) は、フルスタック、エンドツーエンドテクノロジープラットフォーム、および患者コミュニティ、遠隔医療を実施する医師、モバイルナース、リモートコーディネーター、および接続されたデバイスなどの専門のネットワークにより、現代のよりアジャイル型の臨床試験デザインをサポートします。 あらゆる試験タイプを可能にするように構成可能な Science 37 OSは、業界をリードするワークフローのオーケストレーション、エビデンス創出、およびデータのハーモナイゼーションにより、最大で15倍早い患者登録、28%高いリテンション率、および3倍以上の被験者多様性を可能にします。 詳しくはhttps://www.science37.com/をご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)