美容・健康 医療・医薬・福祉

日本初ハンディタイプ抗体検査機発売 11月3日~22日東京銀座で抗体検査ステーション出店

株式会社アナライザー
今だからこそ身に着けてほしい新習慣 自宅で定期的な抗体検査

コロナウイルス抗原・抗体検査センターを展開する株式会社アナライザー(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:石川浩史)は、2021年12月に家庭用検査機器を発売いたします。それに先駆け、11月3日から11月22日までの期間限定で、東京 銀座4丁目交差点近くにて抗体検査ができる抗体検査ステーションを出店したします。




※中和抗体検査とは、ワクチン接種後に生成される中和抗体を測定する検査で現在の感染状況を調べるためのものではありません。
■定期的に検査して自分や家族を守
ろう!
2021年9月に厚生労働省が発表した資料によりますと、より確実な医療受診につなげるために検査キットを入手しやすくする目的で薬局での抗原抗体検査キットの販売ができるように準備を進めているとのことでした。(出典:https://www.mhlw.go.jp/content/000836277.pdf)しかし、市販されている多くの抗原抗体検査キットは+(ある)、-(なし)で結果がでるものばかりです。当社の抗原・抗体検査は抗原や抗体の量を測定するものなので、数字で結果がでてわかりやすいことが特徴です。また、約10分で結果が出るためお急ぎの方でも検査しやすくなっております。もっと気軽に検査を受けていただけるように、家庭用の小型抗体検査機器を販売することにいたしました。発売を記念して、期間限定で銀座に抗体検査ステーションを出店いたします。また、数量限定で小型抗体検査機器「analyzer mini」を販売いたします。この検査機器は12月より全国の抗原・抗体検査センターでご購入いただけるようになります。


銀座 中和抗体検査ステーション概要


●体験内容 12月に発売予定の小型検査機器を体験できる(中和抗体検査を受けることが出来る)
●検査費用 5,500円/人 ※見学だけは無料です。
●体験期間 2021年11月3日~11月23日11:00~20:00
●体験場所 東京都中央区銀座5-7-1ZeroBase Labs GINZA 4-chome1階
●アクセス 東京メトロ銀座線銀座駅A!出口よりすぐ
●応募方法 直接現地へお越しください。(予約不要)


家庭用小型測定器



商品名:analyzer mini(抗体チェッカー)
機能:中和抗体測定
サイズ: 168 mm× 70 mm× 44 mm
重さ:300 g
測定方法:Immunofluorescent Chromatography Assay
スクリーン:3.5”LCD
電源:内蔵バッテリー(110-240V、50/60Hz)
ストレージ:1000件  ※USBサポート、Wifiデータ転送可能
測定時間:8分
販売時期:2021年12月
販売場所:アナライザー抗原・抗体検査センター


アナライザー抗原・抗体検査の特長


結果が数値で出る

アナライザーで実施する検査は蛍光抗体検査法で、精度は約95%といわれています。数値で結果が出るので知識がなくても自己管理することが出来ます。


検査時間は 約10

 抗原検査は約10分、抗体検査は約15分かかりますが、その場で結果が印刷されるのですぐにご確認いただけます。


全国12店舗、98の移動型店舗があるため集団検査も可能

 アナライザーでは全国で同じように検査できる体制を作りたいと考えております。今後も全国的に店舗が増えていく予定です。


ヨーロッパで医療機器登録されている機械で測定

 世界的に使われているGuangzhou Labsim Biotech Co., Ltd 社製の機器とSichuan Xincheng Biological Co., Ltd 社製のキットで測定できるから安心!

【会社概要】



社名:株式会社アナライザー代表:石川浩史
本社: 東京都豊島区西池袋3-25-8 相馬屋ビル8階
ホームページ :https://www.a-analyzer.jp/
TEL:03-6907-1009
事業内容:抗原・抗体検査センターの運営 等
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)