出版・アート・カルチャー 食品・飲料

女性自身スペシャルMOOK『野菜自身』でコロナに克つ!「栄養丸かじり」ベジタブルが大集合! 簡単なのに美味い、今すぐ食べたくなるレシピが合計100点、11月2日(火)光文社より発売

株式会社光文社



『女性自身』本誌でも大好評企画の野菜を使ったレシピ。その中でも人気の高かった野菜10品目をピックアップして、各野菜ごとに10のレシピで再編集。このコロナ禍の時代において、食、そして健康への関心がますます高まってきているなか、おいしくお手軽に健康を手に入れることができるレシピを厳選しました。

1. 白菜
2.キャベツ
3.なす
4.かぼちゃ
5.大根
6.じゃがいも
7.玉ねぎ
8.レタス
9.トマト
10.ピーマン


登場する野菜は上記10品目。レシピに加えて、各野菜ごとに今回のメインテーマとなっている免疫力向上をはじめとする健康効果や栄養効果の紹介、そして保存方法や見分け方などのお役立ちコラムも入れて構成しています。


TOPIC1. 健康効果から保存方法まで「知ってる? 野菜の知っトクといいハナシ10.」

ワクチン接種の普及により、コロナ禍もひと段落。といっても油断は禁物。普段からできる自己防衛はしたいもの。そんなときにやっぱり大事なのが毎日の食事です。旬を迎える白菜はビタミンCが豊富、なすの紫入りの皮に含まれる成分ナスニンなどは、免疫力強化に食べたい野菜の代表です。そんな野菜たちの買う時の選び方や保存法など、知って損なしの情報はこれからのごはん作りにきっと大活躍してくれます。







TOPIC2. 安いときにまとめて買っても安心の丸ごとインパクトごはん

コロナが脅かすのは健康だけではありません。健康にもお財布にもやさしいのが野菜ごはん。家計がちょっと厳しいときは、安く販売されている野菜を大量購入して、いつもとは違う見た目が迫力のメニューを作るのもあり。といっても作るのはとっても簡単です。手間いらずでまるでお店みたいな写真映えもする逸品ができちゃいます。






TOPIC3. 野菜を切って"つけるだけ"の超クイックの美味アイデアも

野菜はやっぱりそのまま食べたい派の人には、つけるだけディップをはじめ、変わりドレッシングやマヨネーズまで、目からうろこの使える食べ方も。いつものドレッシングだけではマンネリ感を覚えている人にぴったりのものばかり。疲れて何も作りたくない日があっても、これさえ覚えておけば「美味間違いなし」です。






TOPIC4. 毎日野菜がぐんぐんすすむ「大満足のつくおき」レシピ

できれば毎日野菜を接種したほうがいいのはもちろんだけれども、毎食レシピを考えるのはやっぱり難しいという人も多いはず。そんな悩みを解決してくれるのが、まとめて作れる「つくおき」レシピ。白米のお供に、パンのお供に、小腹が空いたときにきっと重宝するものばかりを厳選しました。




【雑誌詳細】
書名:光文社女性ブックスvol.187
簡単なのに美味い!『野菜自身』免疫力あげる100レシピ
発売日:2021年11月2日  
価格:980円(税込み) 
判型:AB版
ページ数 108ページ(表1~4含む)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)