ネットサービス・アプリ 美容・健康

ヌーラボ、「テレワークうつ」予防を目的とし、従業員とその家族向けにメンタルヘルスセミナーを実施

(株)ヌーラボ
従業員が心身ともに健康な状態で業務に従事できるよう、テレワーク環境の構築とメンタルヘルスケアにセットで取り組む方針

コラボレーションを促進し、働くを楽しくするツール「Backlog」「Cacoo」「Typetalk」「Nulab Pass」を提供する株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)は、コロナ禍で増加しているとされる「テレワークうつ」予防を目的としたメンタルヘルスセミナーをオンラインで実施しました。





■メンタルヘルスセミナー実施の背景

2019年2月よりテレワークを導入したヌーラボは、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、2020年8月に出社を前提としないワークスタイルに変更することを発表しました。

国内3拠点・海外3拠点を持つヌーラボでは、長い間、場所やタイムゾーンの違いを乗り越えコラボレーションして仕事を進めてきました。その経験から、働き方がテレワーク主軸に変化しても、業務の継続遂行には問題が生じませんでした。

一方、テレワークが心身に及ぼす影響については、注意深く確認していく必要があると捉えています。チームメンバーと顔を合わせて仕事を進められないことで、気持ちが塞ぎ込むといった「テレワークうつ」に関する認知も拡大するなか、テレワークを選択できる環境を構築することと合わせて、テレワークならではのメンタルヘルスケアも実施することが必要だと考え、メンタルヘルスセミナーを実施しました。


■メンタルヘルスセミナーの詳細について

「しなやかな心で生きるヒント」と題されたメンタルヘルスセミナーは、テレワークで起こりがちな特に気をつけるべきストレスや、メンタルを健康に保つための生活習慣(睡眠・食事・運動)に関する内容、今すぐできるストレッチの実践も取り入れ、一時間で行われました。


また、テレワークでは基本的に自宅が仕事場となることから、家族の協力は不可欠であることや、ご家族も自宅に篭りがちになることでメンタルヘルスのケアが必要な状況下にあることが想定されます。そのため、セミナーは従業員だけでなく従業員の家族も参加できる形式にて実施し、実際に従業員の配偶者や子どもも参加しました。

ヌーラボは今後も、従業員が心身ともに健康な状態で業務に従事できるよう環境を整えていきたいと考えています。


■研修を担当した株式会社エリクシア 代表取締役 上村紀夫様よりコメント

新型コロナウイルス流行によりリモートワークが浸透するにつれ、企業から産業医へのメンタルヘルス関連の相談内容が変化してきました。特に多いのは、在宅勤務になりワークライフバランスを保つのが難しいこと、外出自粛や活動制限によりストレス解消が難しいといった相談です。

変化が多くストレスが発生しやすく従来のようなケアが難しい時代の中では、社員のメンタルヘルスケアを確実な方法で行うことが、心身の健康不良による生産性の低下(プレゼンティーズム)や休職・離職(アブセンティーズム)の予防において有効かつ必須の施策となります。そんな中、私たちはリモートワークの浸透という新しい時代に合わせた様々な研修や産業医活動を通じて「効果を実感できる」健康経営の実現をサポートしています。


■ヌーラボが提供するサービスについて



ヌーラボは、プロジェクト管理ツール「Backlog」、オンライン作図ツール「Cacoo」、ビジネスチャットツール「Typetalk」、組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高めるための「Nulab Pass」を開発・提供しています。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com
・オンライン作図ツール「Cacoo」:https://cacoo.com
・ビジネスチャットツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com
・組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高める「Nulab Pass」:https://nulab.com/ja/nulabpass


■株式会社ヌーラボについて




※本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)