医療・医薬・福祉

遺伝性血管性浮腫診断コンソーシアムの医療データAI分析WGに参画

日本IBM
難病の早期診断および診断率の向上に向け、コンソーシアム活動を支援


日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は、一般社団法人遺伝性血管性浮腫診断コンソーシアム(埼玉県草加市、代表理事 秀道広・堀内孝彦)の医療データAI分析ワーキング・グループ(以下、WG)に参画し、遺伝性血管性浮腫(以下、HAE)の潜在患者を特定するための診断を支援するAIの開発とその活用の仕組みの検討をメンバーとともに推進していくと発表しました。

遺伝性血管性浮腫(HAE : Hereditary angioedema)は遺伝的な原因によって血管性浮腫(血管外に水分が浸み出すむくみ)が発症し、消化管や喉など、発作が起こる部位によっては、激しい腹痛や呼吸困難となる危険性のある疾患です。HAEは原発性免疫不全症候群に含まれる国の難病に指定されていますが、診断が難しいことに加え医師の認知度が低く、病名が特定されるまで数十年かかる場合もあります。

遺伝性血管性浮腫診断コンソーシアムは、HAEと診断されずに症状に苦しむ患者様を救うために、適切な早期診断および診断率の向上を目指し、医療従事者、患者団体、製薬企業を中心に2021年2月に発足しました。これまで、医療データAI分析、非専門医診断支援、未診断患者向け疾患啓発の3つのWGで活動計画を策定してきました。

今回日本IBMは、医療データAI分析WGに参画し、HAEの潜在患者を特定する診断を支援するためのAI開発とその活用の仕組みの検討をメンバーとともに推進していきます。AIの開発では、画像診断システムや医療データ利活用の経験を生かし、電子カルテやレセプトなどのデータを整備し、それらをもとにHAE診断予測モデルの構築を検討していきます。また、AIの活用については、各医療機関での運用やメンテナンス体制などについて計画していきます。

日本IBMでは、AIやIoTといった付加価値の高いソリューションやサービスの提供を通じ、医療業界の先進的なIT活用を推進し、お客様のデジタル・トランスフォーメーションを加速していきます。

以上

IBM、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。 現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)