美容・健康

CBD100mg配合の、KYOGOKU CBDオイルが発売!!

株式会社Kyogoku
今話題のMCTオイルを使用した、CBDオイルの発売が開始されます。

株式会社kyogoku(https://kyogokupro.com/)が展開するCBDブランド「KYOGOKU CBD」(https://kyogokupro.com/cbd)より、最も要望の多かったCBDオイルが10月29日に発売されます。




KYOGOKU CBDオイルhttps://kyogokupro.com/products/detail/249
※発売前まではSOLD OUT表示となっております。

本製品に使用されているCBDは、厚生労働省が定める基準をすべてクリアし、その上でGMP認証やオーガニック認定、遺伝子組み換え作物の不使用など、成分の安全に配慮されたものを使用しています。


また、本製品で使用されているオイルはMTCオイルです。
大事な植物成分を壊さないように抽出するため、超臨界二酸化炭素抽出法を採用しています。
この方法により、純度の高い高品質のオイルを完成させました。

【製造ポイント】
低温下での抽出
→熱に弱い成分や栄養価、方向成分を壊すことなく植物由来の成分をクリアに抽出。

・溶媒が残留しない
→抽出過程で原材料と二酸化炭素しか使わないため、食品やベビーケア製品にも使用されています。

・酸化による劣化や成分の変性が起こりにくい
→圧力をかけても温度が上がらないため、熱による酸化が起こりにくい。


この製法で余分なものは一切加えず、最高のCBDオイルが完成いたしました。

CBDの濃度も10mlに対して100mg配合。
一般的な物よりも高濃度となっているため、CBDを実感しやすい処方となっているのが特徴です。


CBDとは?

CBDとは、麻(ヘンプ)に含まれているカンナビノイドの一種です。
近年では欧米諸国で自然療法としても使われている成分で、子供からお年寄りまで幅広い年齢層から注目が高まっています。
麻(ヘンプ)と聞くと、「薬物」や「違法植物」など不安を抱かれる方も多いと思います。
使用に関する不安を払拭してご使用いただけますよう、詳しくお伝えさせていただきます。
最初に、CBDは麻から作られていますが、違法成分ではありません。

2017年9月に世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が安全性を認め、CBDを除外成分として認定しています。

CBD自体に精神的作用を与えることはありません。
日本で厳しく規制されているのはTHCです。
このTHCという成分は、日本では違法成分に分類されており、日本で販売、輸入することはできません。
※THC・・・テトラヒドロカンナビノールという麻(大麻)に含まれる成分で、精神作用が高く、気分を高揚させる作用があります。

CBDとTHCは同じ朝でも採取する部分が異なります。
・CBD(茎・種子)

・THC(葉・花穂・枝・根など)
種子と茎にはTHCは含まれません。

【本件に関する報道関係者、製品のお取引きのお問合せ先】

株式会社kyogoku 担当:難波
メールアドレス:shopmaster@kyogokupro.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)