美容・健康

【迫るコロナうつの危険性】94.6%がコロナ禍で「メンタルケア」の必要性を実感、カギは「リラクゼーションを日常に取り入れる」こと

株式会社 A B Y
~TOTAL BODY SALON「ABY」、「コロナ禍におけるリラクゼーションのあり方」に関するレポートを発表~

中目黒・池尻大橋・神泉近くに店舗を構える、株式会社ABY(本社:東京都目黒区 、代表取締役:茂澤航)が運営するエステ・パーソナルトレーニング・鍼灸整体のスペシャリストが集まるTOTAL BODY SALON「ABY」(以下 ABY)は、10月30日の「リラクゼーションの日」にちなみ、「コロナ禍におけるリラクゼーションのあり方」についてレポートを発表いたしました。



コロナ禍における「うつ病」の危険性



 昨今、テニスプレーヤーの大坂なおみ選手が「うつの症状」と闘っていることをSNSで公表し、一時ニュースでも話題になりました。また、米国トップモデルのケンダル・ジェンナー氏も「VOGUE」の動画シリーズにて、自らが「不安障害」に悩まされていることを告白するなど、著名人に限らず、うつ病やパニック障害などメンタル面での不調に対して声が挙がることが増えてきました。日本でも、「過労死」や「対人関係のストレス」などが数十年前から問題視されています。

 そんな中、2019年12月初旬に一人目の感染者が報告されてから、わずか数カ月ほどの間にパンデミックと言われる世界的な流行となった、新型コロナウイルスによるライフスタイルの大きな変化は「メンタル面での不調」を悪化させる要因となりました。しかし、専門家によると、コロナ禍におけるうつ病について「精神的にもっとも疲れる可能性がある時期」は「これから」だとも言われています。


「コロナ禍のメンタルケア」に関する意識調査

 そんな中ABYは、「コロナ禍でメンタルの不調を実感した」と回答した30歳~49歳の男女110名を対象に「コロナ禍のメンタルケア」に関する意識調査を実施しました。コロナ禍において、気分の落ち込みなどメンタル面での不調に留まらず、メンタルの不調を原因とする身体の不調を実感している人が多くいることが明らかになりました。



 まず「コロナ禍で感じたメンタル面での不調」について尋ねたところ、「気分の落ち込みや憂鬱感」と回答した人が62.7%、「新型コロナウイルス感染症への不安」が62.7%、「生活スタイルの変化による負担・疲労」が59.1%という結果となりました。その他にも、自由回答では「ぐっすり眠れず、夜中に何度も目が覚める」など緊張感がほぐれない方や、「漠然とした不安感、焦燥感」などメンタル面での不調を訴える方が多く見受けられました。
<コロナ禍を経て「気分の落ち込みや憂鬱感」などメンタル不調を訴える声>



 また、「メンタル面の不調による身体への不調を感じるか」と尋ねたところ、「肩こり」と「睡眠障害」の症状がそれぞれ約5割で最多の結果となり、94.6%が「メンタルケアの必要性」を実感していることがわかりました。
<メンタル面の不調による身体への不調「肩こり」「睡眠障害」がそれぞれ約5割>
<94.6%が「メンタルケアの必要性」を実感>

 そこで、メンタルケアの必要性を感じる理由について尋ねたところ「メンタル面の変化が少しずつ身体面にも影響が出てきている気がする」と既に不調を実感している方からの意見や、「もう今までの生活には戻れないから」と今後のケアのために必要という意見が挙がりました。


 更には、メンタルケアとして「リラクゼーションを日常に取り入れたい」と90.3%が回答しており、加えて88.3%が美容・健康などの観点から「あらゆるリラクゼーション手法を日常に取り入れたい」と考えていることが明らかになりました。あらゆるリラクゼーション手法を日常に取り入れたい理由としては、「心も健康でいたい」「良質な睡眠に繋がるから」などの意見が挙がり、メンタルケアの必要性に加え、あらゆる面からアプローチが可能なリラクゼーションを日常的に取り入れることに、ポジティブな意見が多く挙がりました。
<90.3%がメンタルケアとして「リラクゼーションを日常に取り入れたい」と回答>
<88.3%が美容・健康などの観点から「あらゆるリラクゼーション手法を日常に取り入れたい」と回答>




 今回の調査では、コロナ禍において、気分の落ち込みなどのメンタルの不調を原因とする身体の不調の改善方法として、ほとんどの回答者が「リラクゼーションを取り入れたい」と考えていることが判明しました。プロの力を借りてでも、心身ともに健康でありたいというニーズがあるようです。

<調査概要>
調査概要:「コロナ禍のメンタルケア」に関する意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年10月8日~同年10月10日
有効回答:「コロナ禍でメンタルの不調を実感した」と回答した30歳~49歳男女110名


「コロナうつ」予防としての「リラクゼーション」への期待

 本調査でも明らかになったように、コロナ禍を経て、気分的に落ち込んだり不安になったりすることが増えたという方は多いと思います。そんな中、ジムのの利用者からはからは「体を動かすようになってから落ち込んだりすることがなくなった」という声もきこえてきます。うつになる時は、緊張した状態や不安な状態が長く続くことで神経が乱れていきます。トレーニングなど活動的な動きによって一旦交感神経を優位にし、そこから副交感神経に切り替えるという感じに、二つのバランスを上手く取ることで、メンタルが平常に保たれるというわけです。これは睡眠の質の向上にも繋がります。しかし、トレーニングだけですとやはり「ケア」の面で不足する部分が出てきてしまいます。そういった面からも、整体やエステなど、より「ケア」に特化したサービスを同時に提供できる「ABY」として利用していただきたいですね。(江藤りょうすけ / えとう りょうすけ BEAUGOAL パーソナルトレーナー)

 私もコロナ禍になってから、エステの現場ではよく「肩こり」や「ぐっすり眠れない」「疲れが取れない」といった悩みの声を多く耳にするようになりました。そんな中、マッサージをすることで血行が良くなり「家に帰った時に眠りが深くなった」であったり、60分~90分のマッサージ中にぐっすり眠っていただくと「それだけでもだいぶスッキリした」という声をいただいています。また「viz.A」では、リラクゼーションのマッサージを行う際、香りを選ぶことができ、好みはもちろん、その時の体調に合わせた香りでしっかり全身をほぐすことができるので、リラクゼーションから皆様のメンタルケアを手助けできればと思います。(吉田 彩乃 / よしだ あやの viz.A total care salon エステティシャン)

 最近では、リラックスしている副交感神経が優位になるのではなく、コロナ禍でのデスクワークによる目の負担やストレス状態の継続によって交感神経が優位になってしまっている、もしくはその切り替えができなくなってしまっている方が多いように感じます。また、人のメンタリティにも大きく関係しています。例えば、オリンピック選手やトップアスリートなど、試合の直前に興奮で眠れなくなるということがありますが、これは交感神経が高まっているため、睡眠に入りにくい状態に入っていると言えるのです。アスリートは眠れないと体の回復が出来ないので、次の試合に向けたコンディショニングが出来ません。これは一般の方にも同じようなことが言えて、眠りに入りにくい、もしくはストレスで落ち着かなくなってしまっているという自律神経の切り替えに対して「リラクゼーション」はかなり優位的だと考えます。ABYでは、体のメカニズムに特化した治療、そしてリラックス空間を提供できるエステ、交感神経と副交感神経の切り替えを作るためのトレーニング、というように「リラクゼーション」という視点から心身ともに美しい身体を目指せます。(茂澤航 / もざわ わたる 結 はりきゅう整骨院 柔道整復師)


心身ともに美しい身体を目指せる「ABY TOTAL BODY SALON」とは

 ABYは、エステ、パーソナルトレーニング、鍼灸整体の各専門分野のスペシャリストが集まったTOTAL BODY SALONです。エステティックサロン「viz.A」の“A”、パーソナルトレーニングジム「Beaugoal」の“B”、鍼灸整体「結はりきゅう整体院」の “Y”のアルファベットを掛け合わせて「ABY」が誕生しました。単独店での利用ももちろん効果的ですが、各分野がクロスオーバーすることにより生まれるシナジー(=相乗効果)により、効果の高い施術をご提供します。お客様一人一人の身体に真摯に向き合い、ご要望、ライフスタイル、コンディションに合ったメニューのご提案をし、心身ともに健康で美しい身体を創り上げ、今よりさらに人生に豊かさを加える為の選択肢をご用意いたします。

店舗名    :ABY TOTAL BODY SALON
所在地    :〒153-0044 東京都目黒区大橋1-3-9フェイスビル
        *整体・エステ インターフォン501
        *パーソナルトレーニング インターフォン601
ホームページ :http://aby-tokyo.jp/
インスタグラム:https://www.instagram.com/aby_ikejiri/
<5F 整体・エステ 施術室>
<6F パーソナルトレーニングジム



会社概要

会社名 :株式会社 ABY
所在地 :〒153-0044 東京都目黒区大橋1-3-9フェイスビル
代表者 :代表取締役 茂澤航
資本金 :1,000,000円
設立年月:令和3年3月
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)