食品・飲料 その他

~キリンホールディングスとして初の受賞~「令和3年度関東地方発明表彰」で「発明奨励賞」を受賞

キリンホールディングス株式会社
~「プラズマ乳酸菌」に高い評価~

 キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典)と小岩井乳業株式会社(社長 村松道男)における独自素材「プラズマ乳酸菌」の免疫機能に関する発明と、一般消費者の体調管理・免疫ケアに対する取り組みが高く評価され、公益社団法人 発明協会(会長 野間口有)が実施する「関東地方発明表彰」において「発明奨励賞」を受賞しました。


 「関東地方発明表彰」を含む「地方発明表彰」は、優秀な発明などを完成し、その実施効果が高く、地域産業の向上に寄与していると認められる発明者などを対象として、公益社団法人 発明協会が「特別賞」「発明奨励賞」などを表彰するものです。
 今回の受賞では、免疫の司令塔であるpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかける「プラズマ乳酸菌」を当社が世界で初めて※1発見したこと、2020年11月に日本初※2となる免疫機能の機能性表示食品「iMUSE(イミューズ)」ブランドを発売したこと、サプリメントや飲料、ヨーグルトなど手に取りやすい形態で「プラズマ乳酸菌」含有配合の商品を展開することでお客様の日常的な免疫ケア習慣に貢献していること、日本のインフラを支える業務に従事されているみなさまへの「iMUSE」ブランド商品を寄贈したことなど、「プラズマ乳酸菌」に関する一連の取り組みを高く評価いただきました。
 ※1 ヒトでpDCに働きかけることが世界で初めて論文報告された乳酸菌(PubMed及び医学中央雑誌WEBの掲載情報に基づく)
 ※2 免疫機能の機能性表示食品として届出公表された日本初のブランド

 当社は、長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」を策定し、「食から医にわたる領域で価値を創造し、世界のCSV※3先進企業となる」ことを目指しています。その実現に向けて、人々の健康に貢献していく「ヘルスサイエンス事業」の育成を進めています。同事業の一つとして、キリングループの35年の研究から生まれた「プラズマ乳酸菌」を使用した商品をグループ横断で展開し、健康維持に貢献してきました。
 お客様からも高く評価いただき、「iMUSE」ブランドを中心とした「プラズマ乳酸菌」を使用した商品の2021年1月から9月の累月販売金額は前年比約6割増と好調に推移し、2021年のプラズマ乳酸菌商品の売り上げ目標も110億円から、135億円に上方修正しました。
 ※3 Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造。


●公益社団法人 発明協会について
明治37 年5 月に発明協会の前身である工業所有権保護協会を創立以来、発明の奨励、次代を担う人材の育成、知的財産権制度の普及啓発を通じ、科学技術の振興と知的財産権制度の普及・啓発を図る公益社団法人です。
●地方発明表彰について
各地方における発明の奨励育成を図り、科学技術の向上と地域産業の振興に寄与することを目的として大正10年に開始されました。全国を8地方に分け、北海道地方・東北地方・関東地方・中部地方・近畿地方・中国地方・四国地方・九州地方で発明表彰を実施し、各地方において優秀な発明、考案、または意匠を完成された方々、発明などの実施に尽力された方々、発明などの指導、育成、奨励に貢献された方々の功績をたたえ顕彰するものです。
●発明の名称/特許番号
乳酸菌を含むインターフェロン産生誘導剤/特許第6598824号
●受賞者
キリンホールディングス株式会社 ヘルスサイエンス事業部部長 兼 R&D本部キリン中央研究所 リサーチフェロー 藤原大介
小岩井乳業株式会社 マーケティング部 兼 研究開発部(現 キリン中央研究所)城内健太
キリンホールディングス株式会社 R&D本部飲料未来研究所 杉村哲

 キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)