医療・医薬・福祉 美容・健康

令和3年度JST「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」採択が決定

株式会社グレースイメージング
サイエンスナレッジデータ基盤を活用し医療・介護・ヘルスケア共生社会の実現へ

 この度、慶應義塾大学医学部発のベンチャー企業である株式会社グレースイメージング(本社:東京都新宿区、以下 グレースイメージング)が参画機関として参加する、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)による産学連携プログラム「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」(代表機関:慶應義塾大学)の採択が決定いたしました。当社は数年にわたる大規模プロジェクトの参画機関として、医療・介護・ヘルスケアのデータ収集ならびにデータ基盤の構築へ向けた取り組みを開始してまいります。


◆JST「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」について
 大学などを中心として、企業や地方自治体・市民などの多様なステークホルダーを巻き込んだ産学官共創により、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に基づく未来のありたい社会像を拠点ビジョンとして掲げ、その実現のため具体的かつ到達可能な駆動目標(ターゲット)を設定し、この達成に向けた研究開発と産学官共創システムの構築の推進を目的として、令和2年度より公募が開始されたプログラムです。本プログラムにより、知識集約型社会をけん引する大学などの強みを活かし、ウィズ/ポストコロナ時代の未来のありたい社会像実現を目指す、自立的・持続的な産学官共創拠点を形成します。
 令和3年度は「共創分野」「地域共創分野」の2分野について「本格型」「育成型」の2つの実施タイプで募集を行い、計17件のプロジェクトが採択されました。
(JSTプレスリリース資料より一部引用、抜粋)
プログラムHP:https://www.jst.go.jp/pf/platform/index.html

◆採択対象プロジェクトについて



【参考】令和3年度採択プロジェクト一覧 https://www.jst.go.jp/pf/platform/site.html
図:プロジェクト概要イメージ(JST発表資料より引用)

◆参画機関としての取り組みについて
 本プロジェクトにおける研究開発課題「心不全になっても日々生き生き「寄り添う」研究」にて、質の高い永続的な心不全治療が可能なシステムの構築を目指します。
 高齢化に伴い心不全患者が世界的に増加する中、発症・重症化に対する予防、リスク管理方法が開発されていますが、今日まで社会実装には至っていません。本課題ではウェアラブルデバイスから取得した生体情報、患者の状態を把握する質問票(PRO)、AIを用いた動画解析等の膨大なデータを集積、分析するための基盤の構築を目標としています。
 当社では開発中の汗乳酸センサを心臓リハビリテーションの運動検査に活用し、かつ他の様々なデータと組み合わせることで、心不全患者に対して適切な治療を提示、管理するためのアプリケーション開発を行います。
図:汗乳酸センサ使用イメージ (※本デバイスは開発中であり、未承認の製品です)

◆会社概要







◆社歴・賞歴
2019年 3月  IBM BlueHub 第5期 最優秀賞受賞
2019年 6月  ソニーグループ株式会社支援の下、汗乳酸センサの開発を開始
2019年 9月  JSR株式会社、ソニーグループ株式会社に第3者割当増資を実施
2019年 10月  東京都「先端医療機器アクセラレーションプロジェクト」(AMDAP)採択
2019年 12月  第4回健康医療ベンチャー大賞 社会人部門優勝
2020年 7月  MedTech Innovator Asia Pacific Accelerator 選出
2020年 11月  総務省「異能vationプログラム」 異能ジェネレーションアワード分野賞受賞
2021年 3月 東京都「先端医療機器アクセラレーションプロジェクト」補助事業対象者に選定
2021年 10月 JST「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」採択 ※参画機関として
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)