広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

介護の力を拡張・強化するドリームチームがキックオフ!KAiGO PRiDEプロジェクトに全国から8団体が新パートナーとして参加!

一般社団法人KAiGO PRiDE
 一般社団法人KAiGO PRiDE(所在地:東京都港区、代表理事:マンジョット・ベディ)は、2021年10月26日と28日の2回に分けて法人化後初となる自主企画オンラインイベント「KAiGO PRiDEパートナーズミーティング」を開催し、プロジェクトへの参画を検討する8つの団体が参加しました。



■イベント開催の背景と概要
2019年に厚労省のパイロット事業として熊本県からスタートし、2021年6月から一般社団法人化したKAiGO PRiDEプロジェクト。日本の課題である介護の問題を、全国のパートナーと手を組み、よりスピーディーに解決していくため、プロジェクトへの参画を検討する団体に対してプロジェクトのビジョンや実績を共有し活動をキックオフしました。
完全オンラインイベントとして実施され、二日間で全国から8団体が参加しました。イベントでは、マンジョット代表が「KAiGO X Creative、クリエイティブの重要性」、石本理事が「なぜこれからの介護にKAiGO PRiDEが必要なのか」と題して想いが語られた他、過去2年間の全国での取り組み事例などが紹介されました。イベント後半のフリーディスカッションでは、今後の具体的なアクションなどにも話が及び、プロジェクトの拡大を予感させるイベントになりました。

■役員コメント

代表理事 マンジョット・ベディ
代表理事 マンジョット・ベディ
パートナーズミーティングに多くの方の参加を頂き、貴重な時間を共有できたことを本当に嬉しく思っています。KAiGO PRiDEは各地域のパートナーとの連携を強化しており、それぞれの地域の課題・現状に合わせた解決策を共創しています。今後も様々なパートナーと連携し、“介護“が持つ力を拡張・強化することで、誰もが自分らしく安心して暮らせる社会を目指します。KAiGO X Creative!!


理事 石本淳也
理事 石本 淳也
オンラインでしたが、久しぶりに全国の仲間と顔を会わせ、改めてKAiGO PRiDEのマインドを伝えることが出来ました。コロナ禍で奮闘している皆さんと共に、このプロジェクトを広げたいと強く思いますし、参加いただいた皆さんのリアクションを目の当たりにして、心強く思いました。介護の仕事はカッコイイ。胸を張って伝えていきたいと思います。


■参加団体(順不同)
日本介護福祉士会、秋田県介護福祉士会、富山県介護福祉士会、静岡県介護福祉士会、
京都府介護福祉士会、愛媛県介護福祉士会、山口県介護福祉士会、熊本県介護福祉士会

■参加者のメッセージ
参加頂いた団体から頂いたKAiGO PRiDEへの期待やイベントの感想から一部抜粋してご紹介します。

日本介護福祉士会

人は、誰もが、支える立場から支えられる立場になります。支える方もプライドを持ち、支えられる方もプライドを持ち続けて、人生に幸福を感じ続けられる安心の社会作りにつながることをKAiGO PRiDEに期待します。オフィシャルパートナーとして協力し続けていきます。
●公益社団法人日本介護福祉士会ホームページ:https://www.jaccw.or.jp/

秋田県介護福祉士会

どうすれば介護は「憧れ、目標になる職業」になるか。様々な社会的な問題・課題があるのは事実ですが、純粋に子供達から見て「介護の仕事がしたい、介護福祉士になりたい」と心に刻む、夢・目標になるよう一緒にKAiGO PRiDEプロジェクトに取り組んでいきたいと思います。
●一般社団法人秋田県介護福祉士会ホームページ:https://akitakaigo.p-kit.com/

富山県介護福祉士会

個別の相談だけではなく、情報共有できるというのはとてもありがたいです。介護はこんなに素晴らしい仕事なんだと自信をもって伝えられれば、介護を目指す人が増えると思います。KAiGO PRiDEにはその発信のお手伝いをお願いしたいと思っています。
●一般社団法人富山県介護福祉士会ホームページ:https://www.jaccw.or.jp/

静岡県介護福祉士会

マンジョット氏は、“日本人以上に日本の心を持つ人”と感じました。本イベントに参加し色々悩み深い状況に対して期待や明るいイメージが持て、ワクワクしてきました。エッセンシャルワーカーが注目される状況にありますが、KAiGO PRiDEとコラボしてさらにPRしていけたら!と率直に感じました。
●一般社団法人静岡県介護福祉士会ホームページ:https://shizukai.jp/

京都介護福祉士会

本会の中だけで模索しながら活動を続けておりましたが、皆様方からの率直なご意見・ご感想またKAiGO PRiDEの活動理念等を拝聴させていただくことができ、本会といたしましても大変参考になる活動のきっかけが掴めたような気がしています。
●一般社団法人京都府介護福祉士会ホームページ:http://kaccw.jp/

愛媛県介護福祉士会

介護現場で働く人たちは、介護に対する魅力やプライドは持っているし、感じているはず。それをクリエイティブにかっこよく発信できるのが「KAiGO PRiDE」であり、一緒に関わってみたいと思いました。
●一般社団法人愛媛県介護福祉士会ホームページ:https://e-kaishikai.net/

山口県介護福祉士会

自分らしく安心して暮らせる社会をもとに、福祉関係者だけでなく、行政やいろいろな業種との連携、そしてアイディアのすばらしさが魅力です。山口県内の様々なイベントの実施、中高生などに向けた介護の魅力をKAiGO PRiDEと共に発信していきたいです。
●一般社団法人山口県介護福祉士会ホームページ:https://www.yamaguchi-kaigo.jp/

熊本県介護福祉士会

熊本から始まったKAiGO PRiDEが、全国に広がっていることをあらためて実感し、2019年の感動が蘇ってきました。その後も続いていることを、誇りに思いますし、全国の皆さんと感動を共有したいと思いました。
●一般社団法人熊本県介護福祉士会ホームページ:https://www.kumamoto-kaigo.jp/


■KAiGO PRiDEのこれから

困った時に誰かが助けてくれる社会を!
 人材不足に代表される介護・福祉の問題は、日本の課題であり、国をはじめ各地方自治体、各種団体等が様々な取り組みを行なっています。その中でKAiGO PRiDEは、クリエイティブの方法論によって”介護の真実のストーリー”を発信することで、社会の中で持たれがちなネガティブなイメージをポジティブなものに“マインドシフト”させていきます。そして、困った時に誰が助けてくれる社会に繋げていきます。そのためには、“介護“という言葉を施設や家庭、制度の枠で捉えるのではなく、広く業界内外からの視点で取り組み、社会全体に拡張することが重要です。これまで行ってきた介護職員のポートレート撮影は継続しつつ、各地域とも深く結びつき、地方創生などの課題にも同時にアプローチすることで“介護”そのものが課題解決のソリューションとなるよう取り組みを始めています。
 また、SNSによる発信も強化しています。現在、「#myKAiGOstory」プロジェクトとして、介護職員が語った介護の魅力についてのストーリーを画像として投稿する企画をFacebook/Instagram/Twitter/LinkedInの自社アカウントにて展開しています。また、より一層若年層に介護の魅力を発信するため、TikTok向けのショートムービー企画や大学生とのコラボレーションによるSNS発信プロジェクトも進行しており、2022年に向けて様々な新しいコンテンツを制作していきます。
 
■法人概要







企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)