流通 美容・健康

CBDブランド GIRA BOND. 取締役COOに福島颯人 就任

株式会社Kick Back Japan
宿泊施設や飲食施設などとの連携を目的に経営陣の強化を図る

CBDブランドのGIRA BOND.を展開する株式会社Kick Back Japan(本社:東京都墨田区、代表取締役:大和田裕貴、松枝恭平、以下GIRA BOND.)は、この度2021年11月1日付で、取締役COOに福島颯人が就任したことをお知らせいたします。


当社は、これまでに”人生は旅である”をコンセプトとして、CBDのオイル、グミ、ベイプなどのプロダクトや、コーヒースタンドを展開してきました。
プロダクト製品に関しては、基本的にECでの販売を中心に少しづつシェアを広げて、今では提携する店舗などで、直接手にとっていただけるまでに成長しております。

今回の福島の取締役就任により、創業2期目のさらなる事業拡大・販路拡大を図るとともに、経営体制の強化を目指して参ります。



◼︎福島颯人のプロフィール
株式会社ANCR 代表取締役CEO クリエイティブディレクター
武蔵野美術大学在学時に、空間プロデュースを中心としたクリエイティブ事業を行う株式会社ANCRを創業し代表取締役に就任。これまでにラグジュアリーブランドMONTBLANCのジャパンプロモーションや三井不動産をはじめとした大手デベロッパーとの提携による遊休不動産の活用プロジェクトなどを牽引し多くの話題を集める。
新卒で株式会社リクルートにも正社員として入社し、ライフスタイル領域にて飲食事業を担当し、独立後はリクルートでの知見を生かして飲食店のプロデュースも複数店舗行う。
主な仕事の実績として、海上自衛隊潜水艦せいりゅう エンブレムデザイン、ポルシェ718ケイマン プロモーション、新千歳空港国際線コンコース 映像演出など。

◼︎就任の背景
当社はこれまでにオンラインでの販売実績を元に、ポップアップ形式での店頭販売などを行って参りました。CBDは、日本ではまだ医療用としてのイメージが強く、一般的なものとしての販売も多いわけではないため、市場としてまだ大きくありません。
その中で、当社ではより多くの方に認知してもらうことを目的とし、今後はオフラインでの販売環境を増やしていきたいと思っております。福島はこれまでに、多くの企画プロデュースを手がけ、世間での認知度が高いオフライン環境の場を生み出してきました。今回の就任では、これまでの実績を元にして、GIRA BOND.ブランドとしての認知拡大はもとより、CBD市場全体の認知拡大に寄与して参ります。

◼︎福島颯人 ご挨拶
この度、CBDブランドのGIRA BOND.をはじめとした事業を行う株式会社Kick Back Japanの取締役に就任させていただくことになりました。

これまでにCBD製品を目にすることや、手にすることはあれど、その市場の実態などを掴めておりませんでしたが、代表のお二人と会話をするにつれて、まだ成長途中にあるCBD市場を拡大させていきたいと思うようになりました。
今回の就任では、当社のオフライン環境での販路拡大はもちろんですが、宿泊施設や飲食施設などをはじめとして、より多くのカスタマーの手にとっていただける環境での体験を作っていけたらと思っております。睡眠の質を向上させる効果を持つCBDは、特に宿泊施設との相性が良く、まだ導入実績の少ない日本でのタイアップを実現させて、多くの実例を作っていくことを目指します。


【GIRA BOND.公式サイト】
GIRA BOND. 製品
http://shop.girabond.jp

Instagram
https://www.instagram.com/girabond/

◼︎GIRA BOND.概要


【statement】

”人生は旅である”

豊かにすべきは生活であり、人生そのもの。

Gira Bond. には、既存のルールに縛られず、

自由な発想で新しいルーティーンとして、

日常という”旅”のお供でありたいという意味が込められています。

朝の1杯のコーヒーから始まり、 仕事中も遊びに出掛ける先でも、夜眠る前にも。

1日を共に過ごし、どんな時間にも寄り添えることを願って。
Through the good times and bad times, I'll be always by your side.

I'm sure your daily efforts will make tomorrow a better day.

Take it easy now, baby.

【会社名】
株式会社Kick Back Japan
【所在地】
東京都墨田区錦糸1‐2‐1 アルカセントラル14F
【代表取締役】
大和田 裕貴 松枝 恭平
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)