医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

介護ITインストラクターがあなたの介護事業所に1週間専属します。

合同会社AUTOCARE
国立大学教授と共に学んだ介護ITインストラクターが、あなたの介護事業所に1週間専属し介護記録AIスマホFonLogを無料提供

介護ITインストラクターが、あなたの介護事業所に1週間専属し、IT活用の相談に乗りながら介護記録AIスマホFonLogを無料でお使いいただけるキャンペーンを実施します。介護ITインストラクターが介護事業所に専属しますので、利用いただけるのは一時期に1事業所のみとなります。お気軽に、しかし予約が埋まる前にすばやくお申し込みください。


○背景

人材不足が叫ばれている介護業界は、IT化が遅れている業界の一つです。ITやAIの促進により、生産性を上げられる可能性が残っています。

私たちは、介護施設における介護記録システムの導入の費用対効果(コスト対ベネフィット)を試算してみたところ、介護記録のみの導入でコストの回収に14ヶ月かかりますが、多くの目的に活用することで3ヶ月で回収でき、その後は効果(ベネフィット)がコストを上回る、という試算をしました(以下の記事)。明らかに、ITを活用した方が、介護業界における生産性とサービスの質は向上できます。


なぜ私は介護記録AIスマホを無料で貸し出すのですか? ~介護施設編~
https://note.com/sozolab/n/n83d42af14c83

しかし、介護業界は福祉事業ということもあり、どうしてもコストに目が行きがちで、効果(ベネフィット)に目が向きません。


私たち国立大学発ベンチャー、合同会社AUTOCAREは、上記のように介護関係者が自ら、IT活用の効果(ベネフィット)を最大化できるよう、介護ITインストラクターの育成に取り組んできました。
「世界に10人しかいない、介護ITインストラクターたち。」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000057750.html

今回、この介護ITインストラクターが、あなたの介護事業所に1週間専属し、IT活用の相談に乗りながら介護記録AIスマホFonLogを無料でお使いいただけるキャンペーンを実施します。

介護記録AIアプリFonLogは、介護記録をAIが推測することで介護記録を高速化・ビッグデータ活用できる、科学的介護LIFEにも対応可能なスマホアプリです。

このキャンペーンにより、下図のように効果(ベネフィット)を先に体験して、ITを活用する介護事業所が増え、その結果日本社会の介護がもっともっと良くなることを、私たちは願っています。



専属介護ITインストラクターを予約し、介護記録AIスマホFonLogを無料で借りるにはこちらから:
https://forms.gle/tJLkjDxMRbadZuaK7


○介護ITインストラクター1週間専属キャンペーン
次のように、介護ITインストラクターが専属し、IT活用の相談に乗りながら介護記録AIスマホFonLogを気軽に試してみて、費用対効果を確かめられるキャンペーンです。

1. 末尾の申し込みフォームからお申し込みください。
2. 介護ITインストラクターが事業所の状況や帳票をオンラインでヒアリングします。
3. 試用いただく期間を決定します。
4. FonLogがインストールされたスマートフォンを1台準備し、無料でお貸し出しします。
5. 試用期間に、FonLogを1週間使って見てください。その間、質問やお問い合わせには介護ITインストラクターが専属してオンラインでサポートします。
6. 終了後、スマートフォンはご返送ください。使って見た感想や改善要望など、フィードバックをいただければ幸いです。

どんなにITが苦手な方でも、介護ITインストラクターが優しく,分かりやすく説明できます。お気軽に、しかし予約が埋まる前にすばやくお申し込みください。

※申し込みいただいた事業所に介護ITインストラクターが専属してサポートしますので、利用いただけるのは一時期に1事業所のみとなります。申し込み順が遅いと、長い期間お待ちいただく必要がありますので、了承ください。
※このキャンペーンは今後予告なく終了することがあります。

○介護自動記録AIアプリFonLogの特徴

☆AI自動記録
スマホ内のセンサを使って介護行動を認識し、介護記録内容を自動的に提示します。介護施設で一人一日約60分かかっていた手書き介護記録を、ITで約30分、AIで約20分に短縮できました*。

下の図のように、「AI」ボタンを押すことで、候補となる行動の種類と相手が推測されます。推測が間違っていなければ、もう一度タップするだけで介護記録が完成します。



☆使いやすすぎる画面
苦手な方でも使いやすい画面を追求しました。
使うのはたった2種類の画面だけ(特許出願中)。これで全ての情報を入力できます。初めての方には、介護ITインストラクターが優しく教えます。




☆自由な入力項目と帳票出力
入力項目は事業所ごとに自由に設定できますので、あらゆる業務記録をIT化できます(下図)。



そして出力も、クラウド上の表計算ソフトで自由に集計・帳票化できます(下図)。
※Googleスプレッドシート上に出力



この柔軟な入出力を利用して、例えば介護従事者の人間関係を向上するためのサンクスを送り合う機能も利用可能です。

介護従事者を大切にしない事業所はもう無くなっていい。これが介護記録AIスマホFonLogでのワークエンゲージメント向上。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000057750.html


☆オフライン利用
入力に必要なのはスマホ本体だけ。 ネットにつながらない状態(オフライン)でも入力できますので、施設ではデータ通信契約やWifiの全館敷設も不要です。
※閲覧用PCと施設で1カ所はWifiが必要です。

☆IoT・ビッグデータ活用
常時センサ処理しますので、位置情報や見守りセンサとの連携も容易です。
ビッグデータを用いたBI分析やDXコンサルティングも提供します。
※BI: ビジネスインテリジェンス、DX:デジタルトランスフォメーション

下図は、病院内ICUにおける看護師の行動と、位置情報センサによる位置の可視化を組み合わせた例です。



対応OS: Android OS 8.0以上、レンタル対応あり、補助金のご相談可。

○導入実績:
次のような様々な施設に導入の実績があります。
・国立大学病院(研究目的:3大学)
・介護施設(14施設)
・グループホーム
・訪問介護事業所
・障害福祉サービス事業所


○連携サービス
介護事業所においてかゆいところに手が届く、次のようなシステムも開発しています。FonLogに連携可能になります。

☆科学的介護LIFEワークシート
科学的介護データを手軽に作成できる、表計算形式のスプレッドシートです。
「科学的介護データを手軽に作成できる「LIFEワークシート」を無償提供開始」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000057750.html

☆訪問介護らくらく集計システム
直行直帰をするヘルパーさんの移動距離を、住所から自動計算・集計します。大手訪問介護事業者に導入しました。
「訪問介護事業所のための【移動距離らくらく集計システム】を開発、大手訪問介護事業者にて実証」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000057750.html

☆デイサービス送迎ルートシステム
ソフトウェアのインストール無しで、手軽に、シンプルに送迎最短ルートを検索できるシステムです。
「デイサービス送迎ルートシステムが、LIFE・カレンダー・複数車に対応しました。1ヶ月だけ無料でお試しください。」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000057750.html




○合同会社AUTOCAREについて



私たちは、国立大学法人 九州工業大学のテクノロジーを社会に役立てる大学発スタートアップ、合同会社AUTOCAREです。

私たちは、介護の分野に、AIとIoTを、学びとともに普及させることをミッションとしています。
・介護自動記録AIアプリFonLogのサービス
・介護ITインストラクター養成
・IoTとAIの専門知識を活用したDXコンサルティング
を提供します。

九州工業大学井上創造研究室では、これまで介護施設や大学病院に、多くのスマホを提供して、IoTおよび行動認識AIの実証実験を多数行ってきました。

井上創造研究室の研究によると、介護付き有料老人ホームにおいて、手書きで一人一日あたり約57.6分かかっていた介護記録が、IT導入によって約34.6分に減り、さらにスマホのセンサから行動を認識するAIによって約23.8分に減りました*(国際的に権威のあるIMWUT Journalで報告)。これは施設にとっては年676万円分の人件費に相当します。30分に一度、24時間記録を続けるグループホームなど、業態によってはその数倍の効果が見込まれます。人材不足が叫ばれている介護・福祉業界において、これは喫緊に変わらなければならない、デジタルトランスフォーメーションです。



また、FonLogを使った音声記録の研究でAPAMI国際会議でベストペーパー賞、FonLogを使ってオフィスワーカーの行動と心理状態を分析した論文でABC国際会議でベストペーパー賞を受賞しました。

*Sozo Inoue, Paula Lago, Tahera Hossain, Tittaya Mairittha, Nattaya Mairittha, "Integrating Activity Recognition and Nursing Care Records: The System, Deployment, and a Verification Study", Proceedings of the ACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies, Vol. 3, No. 86, 24 pages, 2019-09-09.

** Tittaya Mairittha, Nattaya Mairittha, Sozo Inoue, "(Best Paper Award) Enhancing Nursing Care Records with A Spoken Dialogue System based on Smartphones", The 40th Joint Conference on Asia-Pacific Association of Medical Informatics (APAMI), 8 pages, 2020/12/01.

*** Yusuke Nishimura, Tahera Hossain, Akane Sano, Shota Isomura, Yutaka Arakawa, Sozo Inoue
"(Best Paper Awward) Toward the Analysis of Office Worker’s Mental Indicators Based on Activity Data", Activity and Behavior Computing, Springer Nature, 2021/10/23.


専属介護ITインストラクターを予約し、介護自動記録AIスマホFonLogを無料で借りるにはこちらから:
https://forms.gle/tJLkjDxMRbadZuaK7

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)