美容・健康

30分で気軽にエクササイズ!多様化するライフスタイルに寄り添うサーキット型ストレッチピラティス専門店「WECLE」が24時間営業を開始

株式会社nobitel
目指すのは子どもの頃の柔軟性と可動域

ストレッチピラティス「WECLE」(株式会社nobitel、本社:東京都新宿区、代表取締役:黒川 将大)は、本日より24時間営業を開始することをお知らせいたします。




「カラダ柔軟、ココロ柔軟 Stretch Well」を掲げる株式会社nobitelでは、ストレッチを健康習慣として根付かせるべく、より一層ストレッチを身近に感じていただきたいという想いから2021年10月7日に「ストレッチウェルの日」を制定いたしました。

コロナ禍の運動不足や、不安が続くなかで緊張が取れないといった不調を抱える方も少なくありません。このようななかで「ストレッチ」は、現代人のウェルビーイング(心身ともに健康な状態)にとって欠かせないものであり、ココロもカラダも柔軟になるための手段であると考えます。

そこでストレッチピラティス専門店「WECLE」では、朝活に、お仕事の帰り道に、いつでもお好きなタイミングで通っていただき、カラダもココロも柔軟になっていただきたいという思いから、24時間営業を開始することとなりました。

昨今、多様化する皆様のライフスタイルに寄り添うことで、ストレッチを健康習慣として根付かせていきたいと願っています。

24時間対応店舗一覧

11月開始店舗:三軒茶屋店 / 武蔵小山店
スタッフ常駐時間:<平日>9:00~15:00/17:00~21:00<土日祝>7:30~18:00

12月開始店舗:相模大野店 / 神戸元町店
スタッフ常駐時間:<平日>10:00~15:00/16:30~20:00 <土日祝>10:00~18:00
※溝の口店/赤池店を除き、来年以降全店舗24時間に切り替わる予定です


ブランドムービー






特徴




1.乗るだけで効果が得られる独自の技術メソッド
ハードなマシントレーニングとは異なり、WECLEのストレッチは関節や筋肉に負担をかけず、身体各部の可動域を広げることが主目的。オリジナルマシーンと一緒に身体を動かして、全身に潤滑油を送ります。

2.日常の隙間時間30分だけ
一日30分だけ、ストレッチの時間をください。筋肉に強い負荷がかかったり、息切れをおこすような運動ではありません。WECLEのメソッドに従って、何台かのマシーンで柔軟ボディのためのストレッチを楽しみます。

3.運動習慣がなくても大丈夫
普段まったく運動しない人でも問題なし。特別な筋肉や運動神経は必要なく、サポートスタッフが個人の柔軟性に沿ったマシーンストレッチを提案します。定期的なストレッチで、同世代に差がつく柔軟ボディを目指します。

ストレッチは筋力トレーニングではなく、柔軟体操のようなもの。ただ、個人の運動では伸ばしにくい筋や関節の柔軟を、オリジナルマシーンが手助けしてくれます。

プログラムの流れ





■WECLEとは
https://wecle.jp/
・目指すのは子どもの頃の柔軟性と可動域
WECLE(ウィークル)は、ストレッチピラティス専門店です。年齢と共に感じる体の不具合を軽減し、アクティブライフを実現する為に生まれました。筋肉を伸ばす・関節の可動域を広げることに特化した「ストレッチピラティス」を行います。姿勢を正しく整え、不快の緩和・動きやすい体をつくります。

■株式会社nobitel について
代表者:代表取締役社長 黒川 将大
所在地:東京都新宿区大京町22−1 グランファースト新宿御苑2F
設立:1993年10月
資本金(資本準備金を含む):4億8千15万6595円
社員数:1308名(アルバイト含)
事業内容:フィジカルフィットネス(Dr.stretch/WECLE)/EC・スポーツメディア/トラベル・ホテル/トレーナー育成スクール/デジタルソリューション/マーケティング
公式サイトURL:https://corporate.nobitel.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)