医療・医薬・福祉 暮らし

Kids PublicとWiz、販売代理店契約を締結

株式会社Kids Public
遠隔医療相談サービス「産婦人科・小児科オンライン」、保育施設へのさらなる販路拡大を目指す

この度、株式会社Kids Public(代表:橋本直也、所在地:東京都千代田区)は、遠隔医療相談サービス「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」拡販のため、株式会社Wiz(代表:山崎俊、所在地:東京都豊島区)と販売代理店契約を締結しました。




■代理店契約締結の背景
日々変わる新型コロナウイルスの感染状況の中で、乳幼児の親たちが不安を強めています。長引く外出自粛、登園自粛などで子育てに関する不安や悩みを相談する機会が減っていることに加え、感染を恐れて医療機関の受診を控える人が少なくありません。
このような状況の中、幼稚園・保育園などの保育施設においてICTシステム導入の豊富な実績を持つ株式会社Wizに拡販いただくことにより、オンライン医療相談サービス「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」をより多くの企業、団体に提供できるものと考えます。
園を利用する保護者がご家庭のスマートフォンから産婦人科医・助産師・小児科医に気軽に相談できる環境を作ることで、安心して子育てができるよう支援するとともに、保育士への福利厚生として自身の子どもの健康、成長、発達などの相談を受け付け、子育ての安心のある職場の実現に繋がるよう取り組んで参ります。


■株式会社Wiz 教育DX事業部 ゼネラルマネージャー 阿部長生様 コメント


株式会社Wizでは、保育環境の課題改善と向き合い、保護者・先生方の悩みを解決したいという信念を持って、保育支援サービス等のご案内を積極的に行っています。この度、「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」のサービス内容をお聞きし提携の話をいただきました。子どもたちの病気に関わる不安を解消し、“安心”をお届けできる非常に魅力的なサービスと感じ、是非一緒に取り組みたいと思いました。間違いなくWizが長年続けている保育業界に対しての活動に厚みを持たせられると感じています。私たちは今後も保育環境、保護者の方たちの悩みを解消し全力でサポートしてまいります。


■Kids Public代表 小児科医 橋本直也 コメント


令和2年時点の厚生労働省発表によると、保育所等を利用する児童の数は274万人と、過去最高を記録しています。「子どもたちの日常」である保育園に小児科医が接点を持つことは、これからの時代の子どもたちの心身の健康を守るために必要です。共働き世帯が増える中、子どもの健康、成長、発達について日頃から気になっていることがあるけれど、小児科に行く時間を作れない、という保護者もいらっしゃいます。保育園に「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」が導入されることで、そうした不安、疑問解消に貢献します。今回、株式会社Wiz様と連携させていただいたことで、保育園への導入を加速させることができることを、大変ありがたく思います。


《参考資料》
■コロナ禍で注目が高まっているオンライン医療相談

新型コロナウイルス感染症流行の影響下において、オンラインを活用した医療相談は注目を集めています。
外出がままならず、家庭内で様々なストレスを抱えることの多い状況で、自宅からスマートフォンを通して妊娠・出産・子育てを支える専門家に繋がるセーフティネットを提供することは、ウィズ/ポストコロナ時代でより重要な役割を果たします。
「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」は、産婦人科・小児科領域のオンライン医療相談を行うに留まらず、下記の役割で貢献しております。

保護者に対面でのサポートが必要と判断した場合は自治体へ適切に情報連携し、オンラインだけでは閉じない、包括的な母子保健施策として貢献
新型コロナウイルス感染に関する医療相談
外出機会が減少する中で蓄積される育児ストレスへの相談対応
親子サロンの中止などにより減少した対面育児サポートの補完



■ スマホで相談「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」
産婦人科オンライン(https://obstetrics.jp)・小児科オンライン(https://syounika.jp)の提供するサービスは下記の通りです。様々なオンラインサービスを提供することで、多様なニーズを満たします。

24時間365日、利用者からいつでもメッセージを送ることができ、24時間以内に医療者から返信が送られてくる一問一答形式のサービス「いつでも相談」
平日の18時~22時の間、10分間の予約制で産婦人科医、小児科医、助産師に相談できる「夜間相談」
公式LINEアカウントやメールマガジンでの医療記事「産婦人科オンラインジャーナル」「小児科オンラインジャーナル」の定期配信
授乳、育児に関する動画ライブ配信 (YouTubeで気軽に閲覧可能)




相談サービス(いつでも相談、夜間医療相談)では、下記など保護者自身の心身の悩みから子どもの健康・子育ての悩みまで幅広い相談に専門の医師・助産師が対応します。

妊娠中の食事や服薬について教えて欲しい。
子どもの湿疹が続いている。家でできるケアは?
うまく授乳ができず、乳腺炎になってしまった。対応を相談したい。
離乳食が進まなくて悩んでいる。


その他、病院に行くほどではなくても、妊婦や子どもの保護者からしてみると心配の種となっているような些細な悩み・不安にも寄り添い、子どもと女性の健康を支えていきます。
※本サービスは遠隔健康医療相談サービスであり、医療行為ではありません。診断や薬の処方はできません。


■お問い合わせ先
株式会社Kids Public 広報室
(担当:川畑)
https://kids-public.co.jp/
所在地:東京都千代田区神田小川町1-8-14 神田新宮嶋ビル4階
TEL:03-4405-9862
E-Mail:contact@syounika.jp
設立日:2015年12月28日
代表者:代表取締役社長 橋本 直也(小児科医)
事業内容:「子育てにおいて誰も孤立しない社会の実現」を理念として、インターネットを通じて子どもの健康や子育てに寄り添う。
遠隔健康医療相談サービス「小児科オンライン」(https://syounika.jp/)「産婦人科オンライン」(https://obstetrics.jp)及び医療メディア「小児科オンラインジャーナル」(https://journal.syounika.jp/)「産婦人科オンラインジャーナル」(https://journal.obstetrics.jp/)を提供。
提供サービス:
【遠隔健康医療相談サービス】
「小児科オンライン」
https://syounika.jp/
「産婦人科オンライン」https://obstetrics.jp
【医療メディア】
「小児科オンラインジャーナル」
https://journal.syounika.jp/
「産婦人科オンラインジャーナル」https://journal.obstetrics.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)