医療・医薬・福祉 美容・健康

一時的な不眠による眠りの浅さ・寝つきの悪さを緩和 睡眠改善薬「カイミール錠」新発売!

株式会社富士薬品
医薬品の研究開発から製造・販売までを行う複合型医薬品企業の株式会社富士薬品(本社:埼玉県さいたま市 代表取締役社長 高柳 昌幸、以下「富士薬品」)は、2021年11月2日(火)、睡眠改善薬「カイミール(R)錠」(指定第2類医薬品)を新発売します。 「カイミール錠」は、眠りの浅さや寝つきの悪さといった一時的な不眠※1の症状を緩和する睡眠改善薬です。脳の覚醒・興奮を抑える効きめ成分が、自然に近い入眠を促します。 ※1 慢性的ではなく、専門的な治療の必要はないものの、睡眠に悩みを抱えている状態のこと。



この医薬品は、薬剤師、登録販売者に相談のうえ、「使用上の注意」をよく読んでお使いください。

【カイミール錠 商品概要】
心配事や不安などのストレス、体内時計や生活リズムの乱れなどは、健やかな眠りを妨げかねません。「カイミール錠」は、こうした一時的な不眠による『眠りが浅い』や『寝つきが悪い』といった症状を緩和する睡眠改善薬です。効きめ成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩が脳の覚醒・興奮を抑え、スムーズな入眠を促します。

■「カイミール錠」の効きめ成分 ~ スムーズな入眠をサポートするジフェンヒドラミン塩酸塩~
効きめ成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩は、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの作用を抑える成分として、かぜ薬や鼻炎薬などのOTC医薬品※2に広く使用されています。ヒスタミンには、脳内のヒスタミン受容体と結合することで、脳を覚醒・興奮させる作用がありますが、ジフェンヒドラミン塩酸塩は、ヒスタミンと受容体の結合を阻害し、脳の鎮静を促して眠気を誘発します。「カイミール錠」はこの作用を応用した睡眠改善薬で、自然に近い入眠へと導きます。
※2 薬局・薬店・ドラッグストアなどで処方せん無しに購入できる医薬品のこと。

【商品情報】




【富士薬品について】
富士薬品は、1930年富山県富山市における配置薬販売業の創業からスタートし、現在では配置薬販売事業に加えて、ドラッグストア・調剤薬局事業、医薬品製造事業、医薬品研究開発事業、医療用医薬品販売事業を展開する複合型医薬品企業です。富士薬品グループ全体で日本全国に1,360店(2021年3月末時点)を展開する「セイムス」ブランドを中心としたドラッグストアと、全国に広がるラストワンマイルを埋める配置薬販売ネットワーク、そして医療用医薬品の研究開発力を生かし、誰もが豊かな人生を送れる社会の実現に向けて、人々の暮らしのあらゆる場面で寄り添い、元気な生活を支え続けてまいります。

【株式会社富士薬品 会社概要】URL:https://www.fujiyakuhin.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)