医療・医薬・福祉 美容・健康

わたし漢方が、冬の訪れとともに増加する季節特有の肌不調「枯れ肌」の養生法をアドバイス

わたし漢方株式会社
薬剤師とLINE上で相談して自分にあった漢方薬を配送してくれるオンライン漢方相談サービス『わたし漢方』

わたし漢方株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:丸山 優菜、以下わたし漢方)が運営する、薬剤師とLINE上で相談して自分にあった漢方薬を配送してくれるオンライン漢方相談サービス『わたし漢方』は、乾燥により起きるこれからの季節特有の肌不調「枯れ肌」に関する要因や養生法をホームページにて公開いたしました。同時に「枯れ肌」の予防・解消のためのオンライン漢方相談についても受付を開始いたしました。


■在宅勤務やおうち時間の増加でエアコン稼働が増加
 朝晩の冷え込みが少しずつ増してきて、冬がそこまで近づいていることを肌で感じるこの季節、身体の内側だけでなく、外側(例えば、肌荒れやかゆみなど)にも不調が現れる方が増えてきます。東洋医学の五行説では、11月は「燥」の季節にあたり、乾燥により障害を伴う「燥邪(そうじゃ)」の状態に陥りやすい条件が揃っています。加えて、コロナ禍による働き方の変化やおうち時間の増加により、エアコン稼働時間が増えるなど、今年の冬にかけてもますます乾燥しやすい状況が続くと考えられます。



■乾燥と肌不調の関係
 漢方医学的に、身体の中で最も乾燥を苦手とするのは「肺」と「大腸」です。これらが乾燥すると、美容面への影響も大きく、潤いを失うことで肌が「枯れて」ゆき、見た目の若さが失われたように感じる方も。まず、「肺」は「皮毛」や「大腸」との繋がりが大きく、乾燥することで、肌が荒れたり痒みが起こりやすくなります。また、潤いが低下することで便秘などの症状も起こりやすくなると考えられており、便秘でさらに肌が荒れてしまうとバッドスパイラルに陥ってしまうケースもあります。




■肌不調トレンドは、「ゆらぎ肌」から「枯れ肌」へ


 健康な肌は、角質層が肌の水分蒸発を防ぎ、潤いを保っています。これまではこのバリア機能がゆらぐことで起こる肌不調は「ゆらぎ肌」等と呼ばれていましたが、昨今の自粛生活の影響で、エアコンに触れている時間が長くなったり、汗をかく機会が減ってしまったことで、今までと違う肌環境に進化していると言えます。こういった外的要因に、ひとりひとりの生活習慣(例えば、体を洗う時などの刺激、栄養不足、加齢による皮脂分泌の低下、睡眠不足、ストレス、暴飲暴食による内臓の疲れ、解毒力の低下等)が加わり、肌や身体が枯れてしまう「枯れ肌」状態になっている方が目立ちます。

■「枯れ肌」には、症状や体質別の養生が必要


顔色がくすむ、クマが消えない…「血不足枯れ肌」さん

 特に女性の場合、生理で慢性的に血不足になりやすいため、最も多いアプローチは血流の改善になります。寒くなると、空気の乾燥だけでなく、冷えによる血流の悪化も加わり、お肌の負担が増えます。肌に養分をしっかりまわし潤いを取り戻すために、「血」を補う生薬が配合された漢方薬を活用し、血の質を上げて、血流を良くしていくアプローチをメインにします。


にきびや吹き出物がなかなか治らない…「腸内アンバランス枯れ肌」さん

 「腸と肌はつながっている」や「肌は内臓の鏡」という言葉は耳にしたことがあるかもしれません。「大腸」の乾燥により腸内環境が乱れたり免疫力が低下すると、にきびの化膿や炎症が起こりやすくなったり、治りにくい状態が続いたりします。この場合は、にきびそのものではなく、まずお通じや腸内バランスの改善を目指した漢方を処方します。また、生活習慣の改善もしっかりお考えいただき、大腸の潤いを取り戻すことに注力していきます。


シミ、しわ、たるみが気になる…「ストレス枯れ肌」さん

 毎日しっかり保湿ケアをして、食べる物にも気を使っているのに、肌不調なかなか治らないという場合は、ストレスによる肌不調を起こしているケースが多いです。ストレスによって、お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーが乱れ、お肌のバリア機能が低下して「枯れ肌」を招いているかもしれません。この場合は、自律神経を整える漢方アプローチを一緒に考えていきます。

■生活習慣も見直して「潤い肌」を取り戻そう


 「枯れ肌」改善には、生活面でのアプローチも重要です。季節に合わせてスキンケアも変える、水分と油分両方のバランスを考えて自分に合ったケア方法を選ぶのがポイントです。顔や体を洗う際も、優しく摩擦を避けるように心掛けましょう。エアコン環境下に長時間いる場合は、湿度管理に加え、暖房の風が直接当たらないように工夫したり、体を冷やさず締め付けない服装や優しい天然素材を使った肌着などを着用するのもおすすめです。


  食事では、薬膳で血を汚すと考えられている食べ物(甘いもの、味の濃いもの、辛いものなどの刺激物、加工品、アルコール、もち米、アクの強い山菜やタケノコ、エビ、カニ、魚卵等)を避けて、お肌の栄養になる食材(黒豆、黒米、山芋、玄米、きくらげ、松の実、白ごま、旬の野菜、海藻等)を意識して取り入れていきましょう。漢方では、心と身体全体をひとつと捉え、バランスを整えながら「枯れ肌」に潤いを取り戻すお手伝いをしてまいります。

■『わたし漢方』概要


 『わたし漢方』は、LINEで身体の悩みを薬剤師に相談すると、自分にあった漢方薬を自宅に配送してくれるオンライン漢方相談サービスです。カウンセリングはすべてLINE上で行い、最初の問診は24時間相談可能。漢方の専門家が直接お悩みにお答えいたします。初回の問診はすべて無料。体質改善の相談と漢方薬の服用を希望する場合は有料プランとなります。漢方は貴重な天然資源からできているため、漢方薬局で購入すると2~6万/月ほどかかってしまうことがありますが、LINEでの相談に特化したことでどの処方も1万円台の月々定額制でより継続しやすくしました。また購入後も、体質の変化に合わせて随時LINEで薬剤師に相談ができ、漢方薬の変更も無料です。なんでもすぐに手に入る時代ですが、健やかなおからだだけは簡単に手に入りません。『わたし漢方』では、現代の女性が美しく健やかなからだを手に入れ、もっと自由に生きるためのお手伝いをしてまいります。



『わたし漢方』創業者・薬剤師
水沼 未雅(みずぬま みか)


<プロフィール>
京都大学薬学部卒業後、東京大学大学院薬学系研究科で博士号(薬学)を取得。アストラゼネカで新薬の開発にかかわった後、マッキンゼー・アンド・カンパニーでヘルスケア関連事業を担当。漢方で自身の不調が改善した経験から、2017年に『わたし漢方』創業。

 『わたし漢方』を創業したきっかけは、私自身が漢方と出会ったことで、15年以上悩まされてきた持病が解消されたことです。学生のころから疲れやストレスがたまると咳がとまらず、様々な治療を受けましたが完治することはありませんでした。友人に薦めてもらった漢方薬局を訪問し、カウンセリングを受け、処方された漢方薬をのむと、2-3か月で改善しました。この体験から、症状の根本にアプローチする漢方薬の力で、不調とともに生きる女性の毎日を快適にし、やりたいことに全力投球できる手助けがしたいと考えております。

(参考)『わたし漢方』公式ページ https://www.watashikampo.com/
(参考)『わたし漢方』instagram https://www.instagram.com/watashikampo/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)