医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

アクシスルートホールディングスの社外取締役に勝間 和代氏が就任

アクシスルートホールディングス株式会社
アクシスルートホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:近藤 一馬)は、2021年10月29日に行われた臨時株主総会の決議をもって、本日、アクシスルートホールディングスの社外取締役に、勝間 和代氏が就任したことを発表いたします。


アクシスルートホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:近藤 一馬)は、2021年10月29日に行われた臨時株主総会の決議をもって、本日、アクシスルートホールディングスの社外取締役に、勝間 和代氏が就任したことを発表いたします。

勝間和代氏
【社外取締役就任の背景】
アクシスルートホールディングス株式会社は「健康寿命に貢献するサービスを創造する」を存在意義としており、傘下の株式会社アクシスでは、クラウド型電子薬歴『Medixs(メディクス)』などを始めとする、多様なサービスを開発・運用してまいりました。このたび、当社サービスをより発展し、また、新たな事業の展開を進めるにあたり、経営に関する幅広い知見を有し、経済評論家として活動する勝間和代氏に社外取締役に就任いただき、経営基盤をより強固にすることとしました。

【勝間 和代氏 略歴】
慶應義塾大学 商学部卒
早稲田大学大学院 ファイナンス研究科 専門職学位課程修了
アーサー・アンダーセン、チェース・マンハッタン銀行東京支店、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社、JPモルガン証券を経て、株式会社 監査と分析 取締役(共同パートナー)就任。現在に至る。
中央大学大学院 戦略経営研究科 客員教授

【勝間和代氏からのコメント】
国家の課題である医療費高騰に対して、国の方針として、医師やケアマネージャー、薬剤師など患者の健康に関わる地域医療の担い手が連携することにより解決を図ろうとしています。地域医療連携に欠かせない、医療サービスのクラウド化によって、新しい未来が広がっていく姿をこの目で確かめたいと思い、社外取締役に就任させていただきました。医療分野は命を預かる分野でもあり、エラーや誤認が許されない中で、どれだけ医療現場の問題解決に役立てるかが会社の役割であり、また、そこに利害相反や暴走がないよう、外部の目として見守っていきたいと思います。薬歴が相互につながる中で、どんな新しい展開があるのか、楽しみで仕方ありません。

□ アクシスルートホールディングス株式会社について
https://axisroot-holdings.co.jp/
社名: アクシスルートホールディングス株式会社
資本金: 53,845,000円
代表者名: 近藤一馬
事業内容: グループ会社の経営管理
グループ企業:
株式会社アクシス クラウド型電子薬歴「Medixs(メディクス)」の開発・運用等
株式会社アクシスイノベーション 企業のDX支援、医療システム開発等
株式会社アクシスメディコ グループ開発製品の販売等

* 『Medixs』『メディクス』『スマホよ薬』 は、アクシスルートホールディングス株式会社の登録商標です。
* 文中に記載された会社名および製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
* 記載された内容は発表日現在の情報です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)